Mon journal 甘くて優しい日々のこと

いちごのお菓子

いちごのお菓子が明日発売となります。

レモンのお菓子の妹です。(ちなみにりんごは私以外全てメンバーが違うので、、はとこくらいでしょうか)

もうね、いちごは本当に可愛いし、そのまま食べても美味しいしで、どうにもレシピだしが(どう選んでいいのか。。)難しかったです。

 

今回は、酸っぱくて硬いいちごを加熱した時の美味しさもお伝えしたいなーと思ってところどころにそんな要素も入れています。

 

表紙のタルトは、中では比較的地味なルックスなのですが、昨夏イラストレーターのイザベルさんがパリのご自宅で私のために焼いてくれたタルトからインスパイアされたもの。

いちごのお菓子がもうすでに決まっている話をしたら、おばあちゃんのレシピというタルトをご馳走したいと言ってくださって。。

汗ばむ季節にいただいたいちご水(タルトの副産物♡)と一緒にいただいたキュンっと甘すっぱいタルト。とーっても美味しかったです。

日本のいちごでもなんとかならないかなあ、、と思って帰国してから色々やってみたレシピ。タルトに水分は大敵なので、硬くて小さな外国物か、もう少ししたら出てくる露地物がいいと思います。時間が経つと水分が出てきちゃうからこれはもう早いうちに。本当に家庭のお菓子なんですね。

 

艶艶のいちごタルト↓と表紙を争いましたが、今回はこちらで。

 

レモンの時もすごく楽しくてみんなでレモンのお菓子をもぐもぐ食べながら進んだ撮影でしたが、

いちごは、けれんみのない、どストレートな可愛さにうっとり。(いやーかわいい。これもかわいい、こうしてもかわいい。などなど。。)

 

私の定番はまたもやパウンドケーキや、簡単なところではフライパンでできるオムレットやミルキーなアイスクリーム、いちごワイン。など。

 

 

 

 

お菓子作り目線で言うと、いちごはカットしてからも何も手を加えなくとも褪色しない数少ない果物です。

酸味が強いからだと思うのだけれど、それなのに乳製品にあう。酸味がまろやかなんですよね。

しかも食欲をそそる鮮やかで艶めいた美しい赤色。本当にお菓子のためにあるフルーツと言ってもいいくらい。

なんかこのお菓子、可愛くないなと思ったら、いちごをのせたらいいのです。(笑)

それくらい、いちごのビジュアルには力があります。

 

 

そんなお姫様のようないちご、これからしばらく買いやすい季節が続きます。

皆さんも是非今のうちに、いろいろ楽しんでみてくださいね。

写真/馬場わかな スタイリング/伊東朋惠 ライティング/北條芽衣 イラスト/Isabelle Boinot 

デザイン&アートディレクション/福間優子

 

| - | 10:23 | - | - |
ガトーインビジブル

 

17日にオレンジページからムックが発売となります。

すでにオレンジページ本誌のバレンタイン特集でご紹介し、これが思いの外反響が大きく、現在アマゾンでは在庫切れ、予約ができない状況です。(発売してないのに、、、、くすん)ご興味がある方は是非17日以降に書店に足を運んでいただけたらと思います。

 

「ガトーインビジブル」

(フランス語での発音はアンビジブルが近いと思いますが、インビジブルの方がわかりやすいという判断だそうです。

まあ、そもそもカタカナにフランス語の音を当てはめること自体に無理があると思うので、私は音はどちらでもいいんではないかと。

ただアンにしてもインにしても、わかりにくさは変わらない気はしますけども笑。)

 

このお菓子、渡仏の際に私が見つけたんです!といえたらよかったんですが。

6月にパリの本屋さんで、同じタイトルが4、5冊並んでいるのを見るのは何回か見た。

確かに。今はこれが流行っているのかね。と思ったけども、

配合を見たらクラフティに近いし、ふーんと興味なくスルーしてしまっていました。。。

これをやりたい!と言い出したのはオレンジページの編集さん(実は大学の後輩)で、

たまたま同じ時期、6月にパリに短期留学に来ていました。

その時これはいい!と思って帰国して作ってみたんだそう。

パリで一緒にご飯も食べたりしたのに、呑気な私とはアンテナが違う。

 

美味しいんですよ!という彼の熱意に負けて、実際に作ってみたところ、

クラフティみたいなんだけど、クラフティじゃない。メインは果物、もしくは野菜。

しかも塊でなく、薄い薄いスライス。これがいいのかもと思いました。

 

薄く切ったものをたくさん、ひとくちで頬張るのって単純に舌に心地よいんですよね。

綺麗に並べても、適当にしても口に入れたら同じでは?などと雑な私は思いましたが

これが何だか違う。綺麗に並べられた層を口に含んだ方が美味しいです。不思議にも。

 

表紙はパウンド型で焼いていますが、

中は柔らかく、食感はくんにゃりとカヌレに近いと思います。

しっかり冷やしてから型抜きをしてくださいね。

 

この食感、苦手な方も結構いるかもとも思います。

私自身もういろう系が大好物というわけでもないので、

側面を少し香ばしくさせたいなと思ったり、あとは型抜きしやすくしたいなとか

日本の果物や野菜の水分量に合わせて生地の微調整などなど、

(ただ硬いだけだと本当にういろう感が!)実験のようで面白かったです。

 

これは残念ながらボツになったもの。綺麗ですけどね!

 

ところで、この本の編集さん、ご本人は覚えていないかもですが、一昨年の冬頃かな。

みんなで食事をした帰り道に、フランス語を勉強し始めたこと、

会社の合間に学校にも行きたいこと、

フランス語を仕事に活かせるようになりたい、本も作りたい。

など歩きながらポツリと語っておられました。

ま、真面目‥!!と別の惑星の生物のように彼を見ていた私ですが

その後、6月にパリで勉強しに来ている彼と会い、

秋にこの企画を会社で通したとご連絡が来た時、

有言実行だー!と密かに感動しました。

 

なんだか私、刊行ラッシュで、年末どれだけ撮影をしているのだ。

というスケジュールになってしまったけれど、無理やり引き受けてしまったけれど。

ご一緒できてよかったです。

 

ちなみにオレペ編集部で人気なのはキャロットケーキ風と、長芋蓮根居酒屋風、

編集さんが好きなのは洋ナシチョコレート。

編集さんがすべてのレシピを繰り返し試作されていたので、おそらく編集部員の方々は

全員全種類召し上がったんではないかと思います。

 

私が好きなのはサレ全般とシンプルなりんごのを洋なしとハーフハーフにして

バニラビーンズをプラスしたもの。(全く同じものは載っていませんが 笑)

 

下の写真はブルーチーズクランブル。

実はちょっとしたアクシデントがあり、、

アシスタントさんが甘いクランブルを間違って乗せちゃって、取り除いてから、

上から塩クランブルをのせたんですが、やはり全部は取りきれなかったのか、

試しに焼いてみたらほんのり甘い気も、、

でもこれおいしいね。ということで配合が急遽変わったレシピです。

 

 

こちらは、豪華にいろんな野菜が入っています。とはいえ、切るだけなんですけど。

でもサーモンとほうれん草、ハーブに紫タマネギなんて絶対おいしい組み合わせ!

野菜の色は何もしなくても綺麗ですよね。

こんな風に甘さや濃厚さ、味付けなどなど、好きなものにアレンジしやすいのでお好きなものを入れて、

試してみてもらえたらと思います。

 

 

写真/福尾美雪さん スタイリング/阿部まゆこさん デザイン/塙美奈さん 編集/小松正和さん

 

 

 

続きを読む >>
| - | 15:22 | - | - |
バターで作る/オイルで作る。。。

 

あけましておめでとうございます。(遅)

 

のんびりしていたら、年末、年始のご挨拶もしないまま、2月になっていました。。

今年は、今年こそは!月に2回はブログを書こうと思います。

よろしくお願い致します。

 

昨年は、気がつけば、かなり本を出させていただいていました。

どれだけ仕事してるのかとよく聞かれましたが、企画自体は一昨年からだったりして、

そこまで仕事にまみれた感じはなかったんですよね。。

 

一つ一つのテーマがとても楽しそうで、そんな本があったらいいな!なんて思うと

ついつい引き受けてしまい、お菓子の単発クラスをずーっとお休みしていて、帳尻を合わせていたところはあるなあ。

すみません。

今年こそはお教室ももう少し増やしたい!です。(もう2月だけど)

 

さて。今年1冊目は「バターで作る/オイルで作る クッキーと型なしタルトの本」です。

気がつけばこのシリーズは3作目。

 

1作目は私がスコーンが好きだから、スコーンの本を作りたかった。

 

スコーン大好きだけど、外で食べるスコーンを高い‥と思ったり、好みのものに出会えなかったり。

 

家で作るの簡単だし、焼きたての方が絶対美味しいんだけどなあ。どうやったら伝えることができるだろうか。というところからスタートしました。

 

簡単に作れることを、簡単だよと見せることは本当に難しい。

詳しく書けば書くほど面倒に見えたりする。

親切心はアダになりやすく

自分の味の好みを伝えるのも、時として押し付けがましく、難しく思われたりしてしまう。

何作か本を出した上で気づいたこと、でした。

 

そうして、スコーンの本は昨年末6刷になりました。

家で作るスコーンはおいしい。そう本を買ってくださった方たちに伝えられてたのかなと思うと、本当に本当に本当に(しつこい)嬉しいです。

 

レシピの良さもちょっとはあるかもと自信を持ちたいところですが、売れるか売れないかはやっぱり本作りを熟知した編集さんの編集力だと思います。

 

そして迎えた、私の中で、「作るの簡単」を伝えるシリーズ、3作目のクッキー。

一般的にクッキーはすでに「簡単なお菓子」だと思います。

でもちょっとした作り方や材料の違いがわかりやすく出るお菓子でもあるので

私にとって実はスコーンよりマフィンより難しいお菓子。

依頼が来てちょっと悩みました。

自分の中のクッキーの好みのブームが激しく、おいしいが一定じゃない。

でもそれもいいのかなと思いました。いろいろ美味しい。を伝えられたらと。

 

今はほろっとしたクッキーが好き。

でもちょっと前はバターがじゅわっと感じられる濃いのが好きでした。ガレットブレトンヌのような。

それから、ポワラーヌのような焼ききったサブレがものすごく好きになったこともある。

今回はココナツやチョコレートのクッキーはオイルで作るのがいいなと思い、しばらくはまっていました。

ココナツのは中のマンゴーが濃いペーストのようになって程よい水分が好み。

ココナツがストレートに感じられ、つい手に取ってしまいます。

チョコのオイルクッキーはバターを使わない分、チョコを溶かしてたくさん入れられて、ビターな感じがいいかなと。

あと自分でも意外ですが、我が家では、甘くないオイルクッキーが一番登場が多いかもしれません。

 

そして今、寒い季節に一番食べたいのは、最初の丸いクッキー。

とにかくすぐ食べたいから、型で抜いて冷やして、と待つのが嫌なんです。(笑)

だからすぐ焼けるレシピ。バターの風味がして、でも重くない。

周りはサクッとしていますが、中はほろほろと優しい食感。

 

今回も全体的にレシピはシンプルにそぎ落としています。

でも粉砂糖を使うとか、そんな変なところにこだわりを残しちゃっていますが、

その辺りはへーっと思ってもらえたらいいなと。

人それぞれ好みのクッキーも違うと思うから、どんどんここからアレンジしてもらえればと思います。

 

 

クッキーは、すぐ焼ける、にプラスして時間が経ってもあまり味が変わらないのがいいなと思います。

私は缶やビンに入れてさらに冷蔵庫に入れてるんですが、よくそのまま存在を忘れてしまいます。

で、あ!あったっ!と見つけた時の嬉しさといったら!

ちょっといい紅茶をゆっくり蒸らして入れよう。うふふ、とか思う。

そんな楽しみをみなさんにも。

(というか普通作ったものを忘れないですかね。。)

| - | 19:24 | - | - |
ストウブでご飯をたく

 

新刊のご紹介が遅くなってしまいました。10月に2冊発売されております。

1つはストウブごはんココットレシピ。

 

私はこの仕事をしている割に、鍋はあまり数を持っていなくて、ストウブは16センチを2つ。

フランスのセールで買ってえっちらおっちら持って帰り、ほぼ毎日愛用しておりまして、それでごはんも炊いています。

 

この仕事をするようになって、スタイリストさんに、「若山さんのそれストウブ16??なんか違う。かっこいい。」

と言われることがたまにあり、 はて。(セールだったからなんかおかしいのかな。。)と思ってたら

今回ようやく謎が解けました。

 

私のは旧型で高さが今のものより、かなり高いみたいなのです。

なのでごはんも2合くらいまでいけるのだけど、今の16センチだと結構ギリギリ、、厳しそう。

 

 

昨年発売されたごはんココットというお鍋は、ストウブらしくない甘めのデザインで、

正直私は自分が持っているものの方が愛着があるせいか好きなのだけど、

底の丸みはごはんを炊く時に対流しやすい、そしてこげつきにくい

など利点があり、高さもあるのに少し薄いからか、従来のものより軽く感じます。

 

そして2合サイズはかなり深いので、私の持っている16センチですら、入らない具沢山煮物系もたっぷり入ります。

なのでメーカーさんからの希望もあり、これだけで満足!な具沢山のスープ系というストウブの得意分野も最後にご紹介しています。

 

 

そう、今回の目標は「1品で胃も心も満足できる」こと。

私は、満足感というと、どうしても炭水化物が欲しい。それもやっぱりお米が一番。

 

今回は、美しく味わい深い季節折々の和風な炊き込み御飯は諦め(すでに沢山素晴らしい本がありますしね)

お肉も野菜も入れて、その旨味もごはんに染み込ませるもの。

野菜が入れば米の量も減りますし、栄養バランスも悪くない、罪悪感を感じない(笑)

そんなごはんをメインに考えました。

お鍋ごと食卓に出して、湯気がわーっとたてば。

あとは何かお味噌汁や買ってきたお漬物や野菜か果物でもあれば、十分。

 

頑張りすぎないで作れる1品で満足なごはん。

見てもらえると嬉しいです。

 

*ごはんココット、新宿伊勢丹イベント予定。うっかり告知を忘れていて、、満席となっていますがキャンセル待ちもできるそうです。

https://isetan. isetan.jp/…/main_…/kitchenstudio/index2.html 

 

 

*今月のお仕事*

・ミセス12月号でクリスマスのケーキを2品紹介しています。簡単だけどミセスに合わせて華やかなものにしてみました。なんとラッピングはいつも素敵な福田里香さんが。感激でした。

ミセスらしい、なんとも豪華なメンバーでのクリスマス特集。そんな中に私も入れてもらえて嬉しかったです。

こちらもぜひ。

・サルース12月号、MOM12月号でクリスマスディナーのレシピを担当しています。後者はイオングループのカードを持っている方しか見れないみたいですがサルースは東急沿線の駅に無料で配布されていますのでぜひごらんください。高架下がリニューアルされた中目特集です♪

 

 

 

 

 

 

| ヨーロッパの料理 | 10:46 | - | - |
秋を瓶に詰める

いきなり秋が来た感じがしますが、気がつけばもう10月も中旬を過ぎているわけで、寒くなってきても当たり前なのですね。

最近全然頭の回転が日にちについて行っていなくて、ぼーっとしているとすぐに1週間経ってしまうので実は私だけ1日10時間くらいしかないのでは。。なんて思ってしまいます。こんなことでは年度末までもあっという間。(ぞぞ。。)

 

そんな毎日ですが、昨日「りんごのお菓子」増刷のご連絡をいただきました。

 

桃やネクタリンが消えて悲しいのもつかの間、(つかの間でもないんでしょうけれど、私にはつかの間)果物コーナーにはいろんな種類のリンゴが並びだしています。気軽にいろんなレシピを作ってもらえると思うので、今の季節に増刷がかかって、とても嬉しいです。

 

りんごはせっせと生でも頂きますが、加熱した美味しさもまた素晴らしい果物。

ちょこちょこいろんな種類のものを作って、その美しい茜色も楽しみます。

 

ところで、研究家を名乗っているのであまり大きな声では言えませんが、私は細かい作業、時間がかかる単純作業がこの上なく苦手。

なので渋皮煮などはいただくのは好きでも、過去2、3回しか作ったことがありません。

 

時間はかかるけど、手間はかからない梅仕事、

意外にも短時間でささっとでき、しかも煮ている間にもどんどん状態が変わっていくさまを見るのも楽しいコンフィチュール作り。

この二つは食べるのと同じくらい作るのも大好き。

 

 

りんごのお菓子では幾つかりんごの瓶レシピをお出していますが

定番を楽しんだ後、ぜひ2つ目に作っていただきたいのはチャツネ。

ハムや豚肉料理に添えたり、、カレーに入れたり、いろいろ楽しめるし、

意外な美味しさがプレゼントにもいいかなと思います。

 

前にも雑誌で書いたのですが、コンフィチュール、作るのは好きですが、毎年最小単位、

1瓶づつくらいしか作りません。それくらいだと思い立ったときに小鍋でささっとできちゃう。

保つのだから、もっと作ればよかったと思うこともあるのですが、

その果物の旬に作り、シーズンの終わりが来て、しばらくして我が家のコンフィチュールもなくなる。

ああ、また来年か。と名残惜しいくらいが、ごちそうに思うのです。

(写真 福尾美雪さん 天然生活ブックス りんごのお菓子より)

 

| コンフィチュール | 15:38 | - | - |