Mon journal 甘くて優しい日々のこと

ストウブでご飯をたく

 

新刊のご紹介が遅くなってしまいました。10月に2冊発売されております。

1つはストウブごはんココットレシピ。

 

私はこの仕事をしている割に、鍋はあまり数を持っていなくて、ストウブは16センチを2つ。

フランスのセールで買ってえっちらおっちら持って帰り、ほぼ毎日愛用しておりまして、それでごはんも炊いています。

 

この仕事をするようになって、スタイリストさんに、「若山さんのそれストウブ16??なんか違う。かっこいい。」

と言われることがたまにあり、 はて。(セールだったからなんかおかしいのかな。。)と思ってたら

今回ようやく謎が解けました。

 

私のは旧型で高さが今のものより、かなり高いみたいなのです。

なのでごはんも2合くらいまでいけるのだけど、今の16センチだと結構ギリギリ、、厳しそう。

 

 

昨年発売されたごはんココットというお鍋は、ストウブらしくない甘めのデザインで、

正直私は自分が持っているものの方が愛着があるせいか好きなのだけど、

底の丸みはごはんを炊く時に対流しやすい、そしてこげつきにくい

など利点があり、高さもあるのに少し薄いからか、従来のものより軽く感じます。

 

そして2合サイズはかなり深いので、私の持っている16センチですら、入らない具沢山煮物系もたっぷり入ります。

なのでメーカーさんからの希望もあり、これだけで満足!な具沢山のスープ系というストウブの得意分野も最後にご紹介しています。

 

 

そう、今回の目標は「1品で胃も心も満足できる」こと。

私は、満足感というと、どうしても炭水化物が欲しい。それもやっぱりお米が一番。

 

今回は、美しく味わい深い季節折々の和風な炊き込み御飯は諦め(すでに沢山素晴らしい本がありますしね)

お肉も野菜も入れて、その旨味もごはんに染み込ませるもの。

野菜が入れば米の量も減りますし、栄養バランスも悪くない、罪悪感を感じない(笑)

そんなごはんをメインに考えました。

お鍋ごと食卓に出して、湯気がわーっとたてば。

あとは何かお味噌汁や買ってきたお漬物や野菜か果物でもあれば、十分。

 

頑張りすぎないで作れる1品で満足なごはん。

見てもらえると嬉しいです。

 

*ごはんココット、新宿伊勢丹イベント予定。うっかり告知を忘れていて、、満席となっていますがキャンセル待ちもできるそうです。

https://isetan. isetan.jp/…/main_…/kitchenstudio/index2.html 

 

 

*今月のお仕事*

・ミセス12月号でクリスマスのケーキを2品紹介しています。簡単だけどミセスに合わせて華やかなものにしてみました。なんとラッピングはいつも素敵な福田里香さんが。感激でした。

ミセスらしい、なんとも豪華なメンバーでのクリスマス特集。そんな中に私も入れてもらえて嬉しかったです。

こちらもぜひ。

・サルース12月号、MOM12月号でクリスマスディナーのレシピを担当しています。後者はイオングループのカードを持っている方しか見れないみたいですがサルースは東急沿線の駅に無料で配布されていますのでぜひごらんください。高架下がリニューアルされた中目特集です♪

 

 

 

 

 

 

| ヨーロッパの料理 | 10:46 | - | - |
秋を瓶に詰める

いきなり秋が来た感じがしますが、気がつけばもう10月も中旬を過ぎているわけで、寒くなってきても当たり前なのですね。

最近全然頭の回転が日にちについて行っていなくて、ぼーっとしているとすぐに1週間経ってしまうので実は私だけ1日10時間くらいしかないのでは。。なんて思ってしまいます。こんなことでは年度末までもあっという間。(ぞぞ。。)

 

そんな毎日ですが、昨日「りんごのお菓子」増刷のご連絡をいただきました。

 

桃やネクタリンが消えて悲しいのもつかの間、(つかの間でもないんでしょうけれど、私にはつかの間)果物コーナーにはいろんな種類のリンゴが並びだしています。気軽にいろんなレシピを作ってもらえると思うので、今の季節に増刷がかかって、とても嬉しいです。

 

りんごはせっせと生でも頂きますが、加熱した美味しさもまた素晴らしい果物。

ちょこちょこいろんな種類のものを作って、その美しい茜色も楽しみます。

 

ところで、研究家を名乗っているのであまり大きな声では言えませんが、私は細かい作業、時間がかかる単純作業がこの上なく苦手。

なので渋皮煮などはいただくのは好きでも、過去2、3回しか作ったことがありません。

 

時間はかかるけど、手間はかからない梅仕事、

意外にも短時間でささっとでき、しかも煮ている間にもどんどん状態が変わっていくさまを見るのも楽しいコンフィチュール作り。

この二つは食べるのと同じくらい作るのも大好き。

 

 

りんごのお菓子では幾つかりんごの瓶レシピをお出していますが

定番を楽しんだ後、ぜひ2つ目に作っていただきたいのはチャツネ。

ハムや豚肉料理に添えたり、、カレーに入れたり、いろいろ楽しめるし、

意外な美味しさがプレゼントにもいいかなと思います。

 

前にも雑誌で書いたのですが、コンフィチュール、作るのは好きですが、毎年最小単位、

1瓶づつくらいしか作りません。それくらいだと思い立ったときに小鍋でささっとできちゃう。

保つのだから、もっと作ればよかったと思うこともあるのですが、

その果物の旬に作り、シーズンの終わりが来て、しばらくして我が家のコンフィチュールもなくなる。

ああ、また来年か。と名残惜しいくらいが、ごちそうに思うのです。

(写真 福尾美雪さん 天然生活ブックス りんごのお菓子より)

 

| コンフィチュール | 15:38 | - | - |
タルトタタン

 

「りんごのお菓子」、アマゾンの欠品がようやく補充されました。

そして長らく品薄だった「アーユルヴェーダ治療院のデトックスレシピ」もこの夏増刷がかかり

「焼きっぱなしオーブンレシピ」も先月7刷のご連絡をいただいています。

 

確かにオーブンがそろそろ使ってもいいかなあ、なんて思ったりする季節です。

スーパーにも紅玉が出回ってきました。

 

りんごのお菓子の中で私が最もよく作っているのは何と言ってもタルトタタンです。

 

パリにいた頃は、サントノレ通りのJPエヴァンでタルトタタンを食べるのが大好きでした。

ショコラティエですからチョコレートもモチロンとびきり美味しくて、

どうしてもタタンもチョコレートも食べたいという時は

ドロッドロのホットチョコレートを一緒に頼んで、半分くらいまでは本当にシアワセで、、

でも最後には胸が苦しくなり、帰り道は後悔したものです。

 

エヴァンさんのタルトタタンはりんごの部分の高さがあって、

ほとんどりんごを食べているような感じ。

ただ私はパイの部分も大好物なので、もう少しパイが多いといいなと思っていたので

自分で作る時はエヴァンさんのよりは平べったいタタン。

 

りんごの部分にはあまりバターを入れません。

パイを一緒に口に頬張りたい私としてはりんごにはバターはそんなにいらないんです。

その分、砂糖の甘味をダイレクトに感じやすいので、カラメルはかなり濃いめにします。

ここが明るいきれいなキャラメル色だと甘ったるいだけのお菓子になってしまう。

 

最後にグラニュー糖を振ってコテでキャラメリゼすると艶々と美しいべっ甲のようになりますが、飴の部分が多く舌に残るのがあまり好きじゃないので割愛。

 

単純なだけに、とにかくキャラメリゼの具合がこのお菓子のポイントです。

プリンのキャラメルもですが、薄いキャラメルだとバランスが悪いんですよね。

キャラメルは分量では伝えきれないお菓子だなあと思います。

 

またこればかりは酸味の強いりんごが合うと思います。

酸味が弱いりんごだと砂糖とバターの量に負けてしまう。

 

酸味と苦味と甘み、が混じった大人のお菓子。

私の最もすきなお菓子の一つ、です。

 

ずいぶん前にエヴァンさんのタタンはメニューからなくなってしまったけれど、

もしかしてこの冬は再開していないかしらと思ったり。

冬のパリでまた食べることを夢見ながら、自分で作っています。

きっともうでも、ホットチョコレートと一緒に完食はできないだろうなあ。。。

 

 

| - | 21:43 | - | - |
りんごのお菓子

 

 

ご報告が遅くなりました。天然生活ブックスより「りんごのお菓子」が発売となっています。

 

これは昨年の夏に天然生活本誌の企画として伺っていたもの、

いつの間にか単行本になり、まだ寒い季節に撮影を終わらせ、

再びりんごの季節が巡ってくるのを待っての発売となりました。

 

ここまで発売まで長いと、1冊を手に取った時、わー懐かしい、、と新しい本なのに

古い友人にあったような不思議な気持ちになります。

 

そしてゆっくりじっくり久しぶりに本作りに向き合えた気がします。

 

私はどちらかというと生のりんごより火を通したりんごの方が好きなので、日常に生をいただくことはそんなに多くはないのですが、りんごが冷蔵庫にあるとホッとする!というカメラマン福尾さんの話などを聞いて

プラスαでいただく生のりんごの食べ方提案のページを入れたり

パイ生地を一つに絞れなくて3種類ご紹介したりと、ややてんこ盛り感のある(笑)

バラエティあふれるりんごの本になりました。

 

 

私の一番よく作るりんごのお菓子は何と言ってもタタンとアップルパイ各種ですが

サワークリーム入りのケーキとタルトノルマンディも大好き。

タタンみたいな味が好きでキャラメルもよく作りますが、これは作っただけ一人で食べてしまうので、、

人にあげる予定がある時限定にしています。

 

これからのりんごの季節が楽しみです。

 

写真 福尾美雪さん スタイリング 池水陽子さん

デザインは塙美奈さん ライティング 若名佳世さんです。

 

 

 

 

 

 

| - | 01:56 | - | - |
アイスクリームとアイスケーキ

アイスクリームとアイスケーキの本が発売となりました。

 

我が家には、実は…アイスクリームマシーンはありません。

大昔には持っていたのだけど、ずいぶんと冷凍庫で場所をとるタイプだったため(しかも手動)人にあげてしまいました。

ちゃんとしたのが欲しいなあと思いつつ、、フードプロセッサーでなんとなかったりしてたので結局今もないままです。

 

でもアイスクリームやグラニテは好きで、しょっちゅう作っては食べています。作る、というレベルではないさっぱりしたタイプが多いです。食後によくお出しするのですが、季節に関係なく喜ばれる気がします。(鍋の後とか)

写真はスイカのグラニテ。これからの季節はスイカを買ってくることが多いのですが、食べきれない分はカットして冷凍庫に。そのままグラニテにするもよし、冷凍しておいてパパイヤミルクのかわりにスイカミルクをつくるのもいい。

 

このあたりのレシピは前半に載っていますが、私の本にしては珍しく文字数が少なく、ページの空間があきすぎてしまうという事態に陥りました。(いつも足りないのに)

それくらい簡単、ということかも。

 

アイスクリームマシーンを使わなくてもカチカチにならない方法というのはいろいろあって、、

(とはいえ、一週間入れっぱなしの後、出したてすぐに食べやすい状態にする、というのは無理ですが。)

クルフィというインドのアイスをアレンジしたこちらは練乳が入っていること、生地にとろみをつけることで柔らかい仕上がりにしています。

本来はミルクを煮詰めて作るこちらは、都内のインド料理店で、みかん入りをいただいてからうちでは必ずみかんを入れることになりました。カルダモンとみかんはとってもあうんです。

カルダモンを常備している人はあまりいないと思うけれど、ぜひこの夏はホールを砕いて入れてもらいたいなあ。シナモンとは違う清涼感のある上品な甘い香りがプラスされます。

 

暑い夏は知らないうちに、冷蔵庫の中ですらあっさりいろんなものが腐りがち。

冷凍しておけば安心。いつでも冷凍庫を開ければ手作りアイスがある、というのはなかなか嬉しいものです。

 

 

 

| - | 19:57 | - | - |