Mon journal 甘くて優しい日々のこと

ひよこ豆のペースト フムス?ハモス?


今回は珍しく夜に撮った写真。難しいですね。

昔はあまり好きではなかったお豆を最近しみじみと
おいしいと思うようになりました。
いよいよ年をとってきたなあという感じ。(^^;)


レシピブログのランキングに参加中。クリックしてもらえるとランクが
あがります。よろしくお願いいたします〜。
↓ ↓ ↓


続きを読む >>
| アフリカ 中近東の料理 | 18:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
鶏肉とレモンのタジーン
レモンを塩漬けにしてそろそろ1ヶ月。
念願のタジーンを作ってみました。


まずはお肉を焼いて…


スパイスと玉ねぎではさむ…と。スパイスはカレー粉だけでもいいと思います。


北アフリカのお料理ですね。通常はタジーン鍋という、ハクション大魔王が住んでそうな鍋を使いますが、(最近けっこうオサレ雑貨屋さんで見かけますが…買う人いるんかな。)
つまりは蒸し煮なので、土鍋でいいようです。
私はヴィジュアルを考えて、ルクルーゼにしました。





レモンの塩漬けの、レモン果汁は塩入レモン汁という感じ。
(そのまんまですね^^;)
なので、サラダにも使えるし、お魚カルパッチョなんかにもいいかも。
今回のように鶏肉をマリネするときにも便利だと思います。マリネした鶏肉ソテーだけでも十分おいしいです♪

レモンの皮のほうは、ちょっと煮るだけでやわらかくなり、鶏肉の脂を吸ってほろ苦くおいしい。また鶏もレモン皮によって、さっぱりいただけます。
スバラシイ相性です。レモンの皮の塩漬けは、まったく甘くないマーマレードをイメージしてもらえばいいでしょうか。酸味もありますが、なによりその苦味がおいしい。一番似ている味といえば…梅干?かな、苦くないけど。そしてまたグリーンオリーブともよくあいます。
こちらはぜひ種入りのものを。(オリーブって種なしだと味が格段に落ちる気がします…)

タジーンはフランスでしか食べたことがないのですが、プルーンなどドライフルーツを使ったものばかりだったせいか、甘く油っこい料理というイメージで、長いことどうでもいいメニューだと思っていました。悔やまれます。

塩レモンはまだあるんですが、もうちょっと作っておいてもよかったかな なんて思ってます。また無農薬レモンを見かけたら仕込むつもりです。

いやー世の中にはまだまだ知らない美味しいものがあるんですね。
北アフリカ行きたいです。

レシピは以下でどうぞ。
(レシピ&写真の転写はご遠慮ください☆)
続きを読む >>
| アフリカ 中近東の料理 | 13:04 | comments(14) | trackbacks(0) |
自家製アリサ(ハリサ)


クスクスに添える真っ赤なペースト、アリサ(フランス語だとHを発音しないんですが、北アフリカ、マグレブ地方での発音はハリサなのでしょうか…?)
見た目は豆板醤ですが、味はちょっと違う。
フランスではスーパーでチューブタイプのものをよく見かけましたし、成城石井などでも今では手に入ります。

が。

おいしいクスクスやさんのアリサは、アリサだけでもおいしいんですよね。
ということで、いろいろな本を見てチャレンジ。

あんまり辛いのは苦手なので、唐辛子の半分量を韓国産の粉唐辛子にしました。これで辛さが少しまろやかに。レシピ一応書いていますが目分量です。味を見つつお好みで。

これ、おいしいです。
カレーに入れてもいいし、ちょっとぼやけた味のものに入れるとなんでもきりっと味がひきしまり、大変重宝です!

実はうちで一番受けたのはサラダせんべいにつける食べ方。下卑ていますがおいしい。
止まりませんっ!
目分量ですが、レシピは以下
続きを読む >>
| アフリカ 中近東の料理 | 21:42 | comments(8) | trackbacks(0) |
ラムの中近東風肉団子とメキシコ風アボカドとトマトのサルサ



ムシムシとするので、今日はスパイシーなものにしよう。そう思ってラムの中近東風肉団子&きゅうりのサラダ&アボカドスライス&トマトのサラダの献立を作っていてふと、
「この献立のときの、炭水化物はなんだったっけ?」

おーちゃん「ひらべったいパンみたいなやつ、タコスっていうんだっけ?」

そ、そうだっけ?
そうか、じゃあ、パンの買い置きはないので、平べったいパンを作るか。。と作って食べる段階で。

「それは、牛肉をソテーしたときに食べるメキシカンっぽい、メニューでさ、 ラムのときはクスクスだった気がするんだけど。。」

「あ、そうだった。」

どうやらサイドメニューとして出す野菜がアボカドとトマトだったので混同したようです。今回はメキシカンと中近東が混ざった食事になりました。
本当は 

ラムハンバーグ、きゅうりのヨーグルトサラダ、トマトのサラダ、アボカドスライス、クスクスを蒸したもの で、中近東風

牛肉のソテー、アボカドディップ、トマトのサルサ、平パンでメキシカン

という献立のはずだったんですが。

メキシコにもモロッコにも行ったことがなく、作ってうちに変化していっていてどこまで現地風か、わからないんだし、まあいいか。

私の中でクミンとコリアンダーパウダー、アリサが入ると、中近東。
タバスコとライムが入るとメキシカンという構図になっています。オリーブオイルとフレッシュコリアンダーは共通です。これ、正しいのかなあ??



ということでこんな夕ご飯に。
全粒粉を入れて作った平べったいパンは翌日葱もち風にもなり、こちらもおいしかったので、次ページにレシピアップするとして、今回は、炭水化物以外のレシピです。
続きを読む >>
| アフリカ 中近東の料理 | 14:39 | comments(4) | trackbacks(0) |
中東風豆ご飯 春キャベツのアボカドドレッシング添え


図書館に予約の本が来ていたので、閉館5分前にぎりぎりかけこむ。
ついでに、見てない料理本をピックアップして借りる

有元葉子 うちのおかず12か月
有元葉子 うちのおかず12か月
有元 葉子


お料理教室にようこそ―季節をお皿に盛りこみました。 (Gakken HIT Mook)
お料理教室にようこそ―季節をお皿に盛りこみました。 (Gakken HIT Mook)
河村 みち子

川村みちこさんのお料理は、いつも綺麗にしている若奥さんのイメージ。
(どんなだ^^;)
へえーというちょっとしたひと手間はおいしさの追求から…いうより、おしゃれな食卓を作るためという感じ。おもてなしに利用したいアイデアがちらほら。

有元さんのごはんは地味だけど確実においしいと思うものがあります。もう自分が好きな味がわかっているので、これ、作ろう!最初にと思ったのが、中東豆ごはん。クミンとレモンとニンニクの組み合わせはもう絶対私の好きな味。そこに春キャベツをアボカドであえたものをのっけて食べるとおいしいと書いてあって、気になる〜 早速作ることに。

結果…
続きを読む >>
| アフリカ 中近東の料理 | 23:07 | comments(0) | - |
大好きなカリフラワーで。インド風 ヴェジタリアン ザブジ


カリフラワー好きなんです。最近あんまり見なかったのですが春になって、近くの八百屋で立派なカリフラワーがよく売られていて、ついちょくちょく買ってしまいます。

ブロッコリーも好きですが、カリフラワーにはカリフラワーのおいしさがある!(うちの母は、ブロッコリーが嫌いでカリフラワーが好きな、たぶん少数派)


よく作るのは、やっぱりクリーム系、カリフラワーのスープがすごく好きなんです。続いては、山本麗子さんのレシピで見た「たことカリフラワーのサラダ」をアレンジしたもの。たこはあったりなかったりしますが、鰹だしと醤油とお酢で和風ピクルスのような味わいです。

こちらのレシピはこの本に↓
101の幸福なレシピ
101の幸福なレシピ
山本 麗子

山本さんのレシピには油もしっかり入りますが、私はほとんど入れません。入れても大匙1杯くらいかな。千鳥酢を使うと酸っぱさがまろやかなのでお砂糖も省略することが多いです。このドレッシングにカリフラワーが熱いうちに漬けて冷やすと味がしみておいしいのです。こってりした和食系のおもてなしに(すき焼きとか、鍋とか)ピクルスみたいな感じで、口直しにもなるし、頻繁に登場します。事前に作って冷やしておけるのもいいです。


そして、写真は、以前からちょっと気になっていたインド料理のザブジ。これは森枝卓士さんの本に載っていたような… すみません裏覚えです。
野菜を炒めて蒸したようなもの 適当に作ってみましたがおいしかったです。こちらのレシピは以下

続きを読む >>
| アフリカ 中近東の料理 | 20:44 | comments(4) | - |
鶏肉のタジーン というか、鶏じゃが
二子玉川に買い物にいきました。帰りに「ジャンズ」でベトナム料理を食べようとうろうろしていたのですが、道に迷って、マグレブ料理屋さんの前を通りました。かねてから気になっていたので、チャレンジしたのですが…

クスクスがクスクスではなくて、なんとか麦っていう押し麦みたいなのだったのです。 これはこれでいかにも体によさそうでいいんですが、 上にかかってきたクスクスにほとんどスープがない。しかもロワイヤルっていうのを頼んだのに、お肉は子羊の串焼き一本のみ。二人でとりわけられますって書いてあったのに、なんじゃこりゃ。
あとはかぶと人参…これで2500円くらいってどういうこと??

ロワイヤルっていうのは鶏と羊とメルゲーズがのったミックスじゃないの?
しかもアリサ頼まないとくれないし。
サービスも…。最近新しいお店にチャレンジして失敗が多い。
ここで初めてクスクス食べていたら、クスクスっていまいちって思ってたと思う。悲しいことですなー。

でもここでいろんなものをちょこちょこ売っていて、チキンタジーン用のミックススパイスを売っていたので、後日作ってみようと袋に書いてあった原材料と作り方をメモ。(せこい…)
続きを読む >>
| アフリカ 中近東の料理 | 21:53 | comments(2) | - |
メルゲーズに挑戦!その◆\型というか腸詰
羊腸ですが、塩漬けなので、2、3時前に水に戻しておく。

さて、これから腸詰です。
と思ったら、腸がぐるぐるからまっている!!!

これをほどくのにすごい時間がかかりました。泣きそう。
むきーッとなった私にかわり、おーちゃんが作業する。

そして、最初の腸の入り口を口金にとりつけるのが結構むずかしい。
その後は、腸に水を入れながら(膨らましながら)口金に腸をたぐりよせていきます。
  
これが、また、難しい。爪があたったりすると破れちゃったりするんです。
ここはもう、爪の短いおーちゃんの作業に。

そして、腸詰。いくら機械でレバーで押すだけとはいえ、これが重い!
でまたここはおーちゃんの作業に。
私はスムーズに肉が入るように、腸をもちあげたり、空気をだしたりしました
(空気が入るとまずくなるらしいです。)
空気をだすために、腸の先端は、結ばないで作業するので、もれないように
そこをきゅっと持ってるのが私の仕事であります。(簡単)

でも、力具合によって細くなったり、たくさん入りすぎて破けたり、
む、むずかしいーー!!私、餅つきの間に手をいれてる人のイメージです。
おーちゃんは餅をついてる人の役です。
(だんだん、彼の目に疲労の色が浮かんできております)
これは最初の最初。かなり失敗ぎみ。
 
空気が入ってるのを抜くと間があいてしまう。長さバラバラのメルゲーズ

しかし、できたものは、苦労を忘れるおいしさ!苦労してたのは主におーちゃんですが。
続きを読む >>
| アフリカ 中近東の料理 | 22:35 | comments(2) | - |
メルゲーズ(merguez) に挑戦!その 〔I佞
今回パリから直輸入したメルゲーズ。久々に食べるとこのしょっぱさと辛さがくせになります。残りわずか。
どうも思ったようなものは日本では買えない。
でついに作ることにいたしました。
いろいろネットで検索したり、働いているお店で以前ソーセージ作ってたので教えてもらったり、情報を集める。ついでに、ラムを半額になる深夜に買い冷凍しておく。

土曜日ハンズで羊腸(10m500円)とソーセージ作る機械3000円ちょっとを購入。ごっついミンサーも4000円くらいで買えたのですが、大きくて重いので作るのに気合が必要な感じでやめる
(後に、いずれにしても作るには気合がいるということがわかるんですけど。。)
搾り出し袋と、口金だけでもできるみたいで、その場合は、1700円。
でもかなーり絞るのに力が必要らしいです(ハンズの店員さんいわく)
で、ひよって、機械を購入。機械といっても、小さなもの。




さてさて、ソーセージの作り方は大体わかったもののメルゲーズのレシピはわからず。クミンと唐辛子が味付けのメインであることは間違いないですが、あとは、直輸入モノプリのメルゲーズを生で味見しつつ、やるしかない。

続きを読む >>
| アフリカ 中近東の料理 | 22:07 | comments(0) | - |
ミントティとタブレ
雨ばっかり。。うちはマンションの1階なので、これからの季節はたまりません。こういうときは、梅とか酢っぱいもの、あとハーブ使ったものがおいしいですよね。
ハーブはなんでも好き。
苦手だったけど、フランスで暮らして好きになったのがミントです。
(でも実は今でもミントとチョコの組み合わせは苦手)

まずミントティー、これでミント好きに。あっまーくして熱いのを飲みます。中途半端な甘さではだめですよー。
フレッシュミント適量(大匙2杯くらい?)緑茶、小さじ3分の1から半分。でお砂糖たくさん。これで50ccくらいしか入らないミントティグラス2、3杯かしら。
今回はお砂糖二人で大匙山盛り1杯入れたのに、「甘さ控えめだなあ」とおーちゃんからお叱りをうけました。

うちのミントティグラス。小さくてかわいいのです。

それからタブレ 

ちょっと野菜が大きすぎた…反省。
続きを読む >>
| アフリカ 中近東の料理 | 03:31 | comments(2) | - |