Mon journal 甘くて優しい日々のこと

ぼっちゃんパンプキンプリン


田舎から小さなカボチャが届きました。
オーブンでホイル焼きにして、中をくりぬいて生クリームとチーズ入れてもう一回
焼いて、黒胡椒とナツメグガリガリしていただくがうちの定番。(写真はこちら

が、今回はたまたま翌日が持ち寄りパーティだったので
カボチャプリンにしてみました。
もう一つ、紅玉のシーズンなので天板ひとつ…から鉄板人気のキャラメル林檎ロールを作りました。

どちらも、持ち運びが楽です。ラッピング苦手な私でも大丈夫↓





蒸してから、上をちょっとカットして、カボチャを丁寧に(ここ、大切!穴あけないように!)
くりぬく。このくりぬいたカボチャの分量をまずは計って、あとの材料を計算します。

で、プリン生地を流し込んで焼くんですが、座りが悪いので
ココット皿などがあるといいですね。ココットの上にカボチャをちょこっとのせて
(ココットやボウルはカボチャがすっぽり収まるほど大きくない方がいいと思います。
火の通りが弱くなると思うので)
湯せんしてオーブンで焼きます。


レシピは今週中にレシピブログさんにアップしますね。
さて、その秋のパーティ。なんとなくイモクリカボチャがテーマでしたでしょうか。

続きを読む >>
| パーティ | 10:15 | comments(4) | trackbacks(0) |
木の芽の乗った新じゃがの肉じゃが
tottoさんの 肉じゃががおいしそうだったので、木の芽を見つけて挑戦。とってもおいしかったです。これ、外国人にも喜ばれるんじゃないかな。パーティとかに出せたらいいな。

買った新じゃががとても小さかったこともあって、少しとっておいて翌日こんな風にしてみました。

ちょっと木の芽がうなだれてて、写真はいまいちかな。
一つだと写真では大きさがわからないかなと思い、家にあるもので、あと2品作ってみました。しいたけに冷凍しておいたバジルペースト(なければ、オリーブオイル、塩コショウ、上にバジルをのせるとなおよし)鶉卵をのせて、グリル。 

もう一つはブリーチーズに胡桃、本当は洋ナシを添えたかったけど、ないので、コワンという洋ナシに似たコンフィチュールを添えて。

かわいーーと、自画自賛した後、お昼に一人で食べました。(^^;)
人が来るときって、とっさに思いつかないのに、誰もいないときにはけっこうひらめくもんですね。
| パーティ | 01:45 | comments(2) | - |
ベジタリアンな豆腐のアイオリソースとなんちゃってブランタード
ベジタリアンなソース。 卵黄が豆腐になってるだけって噂もありますが、おいしいです。
かなり油を使っていたのでよりヘルシーにアレンジしました。お好みで油増やしてたりいろいろ変えてもいいと思います。ニンニクもきついですし。

で思い出したんだけど、南仏ではブランタードという干しだらの料理があります。けっこう好きで旧市街で買っていたのだけれど、干しだらって日本じゃ見つからないし、塩だらってのも違うだろと思っていたら、パトリスさんの本に、「ツナ缶」を使った作り方がでていて、おいしかったのです。

で家でパーティしたときに、ディップとして出したら、南仏ニーム出身の友達のツボにはハマッタらしく、なつかしー!おいしい〜!とたいそうよろこばれました。
後にレシピを教えてほしいとその子の彼女からメールで問い合わせがきたのでほんと気に入ってくれたようです。さすがはパトリスさんです。フランス人のハートをぐっと掴むのがうまいです。

どちらもお野菜をつけたりするディップとして活躍しますね☆
簡単にスティック野菜につけてもいいし、人参、キャベツ サトイモなどを蒸したものにつけるとおいしいです。
続きを読む >>
| パーティ | 17:29 | comments(0) | - |
スイカでびっくりアペリティフ
ジェイミーの本をひさしぶりに見ていて、スイカの頭に穴を開けて、じょうごでどんどんウォッカを入れていくというジェイミーレシピを思い出しました。


これ、かなり酔っ払うと思います。スイカ丸ごと一個ホールで、ウォッカを入れるというのはさすがに作ったことないんですが、スイカを角切りにして、カンパリにつけておいても、スイカが超カンパリ味になって驚いたことがあります。
スイカってスポンジみたいなんですね。

カンパリは色も似てるしまったくただのスイカに見えて… 食べたらびっくり仰天。

これから夏のパーティのアペリティフにいいかもしれません。
ただし飲める人限定です。
| パーティ | 15:12 | comments(0) | - |