Mon journal 甘くて優しい日々のこと

おっきなチーズケーキ


どのうちにもあるフライパン(26センチ)で、どーんとおっきなチーズケーキができたらいいよねという話になり、なかなかおいしいのができたのですが。
いやいくらなんでも大きいだろう…ということでお蔵入りになったレシピ。
使い切りなので計りも入らないし、レアチーズとNYチーズの間のような、焼いてるのかどうかわからないようなクリーミィさも気に入ってたので、ここで簡単にご紹介。
レシピはレシピブログの連載にて、もうちょっとちゃんとお出しできると思いますが。
tweetしたのでそれをココに書いておきます。


クリームチーズは私がお仕事をはじめた頃は1パック250gでした。
それをいうなら、板チョコは65g。(68gだったかも)。
5、6年前だと思うのですが、今はそれぞれものすっごい小さくなっています。
ぱっと見わからないのですけれど、使い切りでお願いします、のオーダーで作るレシピが本当に変わります。
クリームチーズ2パックは今となっては400g。
1パックがなかなかのお値段なので2パックか…!とやや勇気がいると思うのだけれど
26センチのフライパン…10人分はあると思うのでパーティとかにはいいかもしれないです。

あと、ヨーグルトが大量に入ってて意外と軽いので、お子さんがいるおうちだとすんなり食べれる気がします。
保存はきちんと表面にラップを知れば冷蔵庫で3、4日かな。
海外で食べるケーキは基本コレくらいのサイズなので、できあがったときはなんだか
気分があがりました。おっきいケーキって見るだけで豊かな気分になれます。(笑)

表面は蒸し焼きなので白いままです。それも綺麗なのだけれど、
今回はブルーベリーをびっしりのせてみました。そして軽く飴で止めています。
飴は50gくらいのお砂糖に大さじ,らいの水を入れて火にかけ水飴のようになった状態のもの(キャラメル色になる手前)をスプーンやフォークでわーっと細くかけただけですが、ぱりっとしてナカナカ美味しく、綺麗でもあるのでおすすめ。

あ、あと140文字にあふれてしまい、レシピには書いていませんが、
生クリームにレモン汁を小さじ1いれてもったりさせ、レモンの皮のすりおろしを入れるとさらにおいしいです。


レシピツイートはこちらです。↓

【計り入らず(だが巨大)フライパンチーズケーキ】クリームチーズ2p水切りヨーグルト1p分(450gを200gくらいまで水切り)生クリーム1p砂糖1カップ〜1カップ半(120〜180g)卵3個。オーブンシートを敷いた26cmのフライパンで蓋して極弱火で20分蒸し焼き。そのまま冷ます



 
| フライパンのお菓子 | 12:17 | - | - |
マロンパンケーキ


本日放送の3分クッキングで作ったマロンパンケーキ。
大きくどーんと作ってケーキみたいにカットしても楽しいです。
写真は「はかりいらずのふんわりパンケーキ」 の撮影で大きく作ったもの。
他にもいろんなパンケーキをのせております〜。(宣伝です^^;)

マロンペーストって、お菓子を作らない人はあまり買ったことがないものだと思いますが
漉し餡のようなかんじ。かなあり甘い。

そのまま食べておいしいって思える方は相当な甘党です(笑)

でも生クリームに混ぜるだけで(ねっとりしているから簡単に混ざります。)
おいしいマロン味のクリームができて便利。

さらにお菓子の生地に加えると、しっとり効果をもたらします。

なので、このパンケーキは、フライパンで焼いているのに
冷めてからいただいても、しっとりとおいしい。
さらにクリームを挟んで、半日くらい冷やしてからいただくと、
クリームもなじんで、本当に普通のスポンジケーキみたいになります。
生地を作るのも焼くのもあっという間なので、
ぜひぜひおうちで作ってほしいレシピです。

栗の美味しい季節になってきました。
のちほどマロンペーストを使ったケークレシピもアップします♪
| フライパンのお菓子 | 12:09 | - | trackbacks(0) |
パンペルデュ



パンペルデュ、フレンチトーストのことですね。フランスではパンペルデュといいます。
perdu というのは失われた、という意味。
なかなか詩的なフランス語であります。が、まあ要するに、固くなったパンでも美味しく食べられるよーということ。

ホテルオー◎ラ風にふっくら仕上げるのは、日本のふっくらした食パンを厚切りで。
あと幾つかコツがありますが、オーブンかオーブントースターで仕上げるのが最大のコツかな。
写真ではオーブンに直接入れられるルクルーゼのフライパンを使っています。
タタンもできてこれから大活躍する予定。




「すてきな奥さん」10月号では、こんな素敵なスタイリング(シダテルミさん)でご紹介。
アレンジもいろいろやっております。

家にある残り物でできてしまう、とても素敵なおやつなので、皆さんもぜひ☆




| フライパンのお菓子 | 11:30 | comments(8) | trackbacks(0) |
チーズスフレパンケーキ@三分クッキング


えっと実は先週土曜日キユーピー三分クッキングに出演しておりました。
事後報告なのは故意なのかうっかりなのか、ご想像にお任せします。(笑)

いざ生地を焼かんという段階で、ボッっと音を立てて突然火が消えるというハプニングがあり、
(気づいたのは私だけだったらしい)
頭が真っ白に!
なぜ火が消えました!と言わず、かたくなに続けたか、自分でもまったく謎。

放映をドキドキしながら見たのですが…とりあえずカタチになっていてよかった(><)

火力が強いと勢いよく、もっともっとふわんっとふくらみます。
熱々でも美味しいけれど、冷めてもメレンゲの泡がしゅわっとしていて
美味しいパンケーキです。


て言われても…の皆様、実は、3分クッキングHPにて【レシピ】
のっております。
(そして期間限定だそうですが、動画再生ボタンもあるという…ぎゃー)。
卵白一個たてるのはそれほど時間もかからないし、カッテージチーズはカロリーも控えめ。
メープルシロップもいいけれどマーマレードの爽やかさがあうパンケーキです♪
週末の朝ごはんに、おやつにぜひ作ってみてくださいね〜。
| フライパンのお菓子 | 10:20 | comments(5) | trackbacks(1) |
マカデミアナッツソースのパンケーキ


リクエストのあったマカデミアナッツソースのパンケーキの、ナッツソース、
レシピブログの連載にアップします。
キモズで召し上がった人がなんていうかなーって不安ではあるけれど
結構近いと思うのですよ。

それだけではなんなのでハワイに到着後朝ごはんを食べたニューオータニのハウツリーラナイ。
ワイキキのはしっこ(?)にあるこじんまりとしたホテルです。
大きな木の下で、ビーチを見ながらのんびり。

タロイモのパンケーキ。



これは普通かなあ。おいしかったけど、さほどお芋の味はしませんでした。



有名なのはエッグベネディクト。いろんな種類があります。おいしかった!
こういう家では作らない卵料理って贅沢な気分になりますね。


風がそよそよと気持よかったです♪






| フライパンのお菓子 | 18:33 | comments(5) | trackbacks(0) |
キャラメルりんごのダッチパンケーキ


はかりいらずのふんわりパンケーキ」から落ちてしまったこのお菓子。
なぜってオーブンを使うから。なのです。

でもこちらも混ぜるだけで「えええええ?」て言うくらい膨らんで楽しいのです。
なんとベーキングパウダーもソーダも入っていないのです。
ホント不思議。

クレープみたいな生地です。ぐるぐるっと混ぜるだけ。
これをカップケーキみたいな型に入れるとさらに膨らんで
いわゆる「ポップオーバー」になります。膨らんだところがカリカリと、中はむっちり
クレープ風。粉チーズを入れたり、ざらめを入れたりいろいろアレンジもできそうです。



ちょっとぼけてるけど、何ものせないとこんな感じ。

パンケーキのレシピはレシピブログさんの連載にアップしますね。

さてキャピトル東急のオリガミのドイツ風パンケーキは中に林檎のスライスをのせていますが
私は後からキャラメル林檎をのせてみました。
これもう本当に大好きなのです。「天板ひとつで作るたくさんの焼き菓子」では、ロールケーキに巻き込んでご紹介しています。

キャラメル林檎自体はひもちするので大量に作っておいて瓶詰めして
後日ロールに挑戦するといいかもしれません。
中からとろーりとキャラメルが出てきて、本当においしいのです。

林檎はぜひぜひ紅玉で!
| フライパンのお菓子 | 11:31 | comments(9) | trackbacks(0) |
クラッシックパンケーキ


「はかりいらずのふんわりパンケーキ」の話をもう少し。

6月頃一番頭を悩ませていたのが、ごくごくシンプルなパンケーキ。
卵と粉と牛乳とお砂糖だけのパンケーキです。
今回は4種類あります。

上のパンケーキはウエストのパンケーキを意識したもの。
大きく焼くのでじっくり火を通します。
こくがあって甘さは控えめながら、そのままでもカステラのような味わいが楽しめます。

このパンケーキといわゆるシンプルな、まあるいパンケーキ(表紙のもの)
との差をレシピでしっかりつけたいなあと頭を悩ませました。
大きい分ちょっと焼き時間がかかるので
生地がパサつかないようにということも考えて。
撮影でもやっぱり人気が高くあっという間になくなりました。
ちょっと高級な、パンケーキという感じかな?
おうちで作ったら、今日のパンケーキは一味違うって思っていただけるのではないなあ。
(と勝手に期待。)


その他に…。

粉がほんのちょっとで卵の味の強いふわふわっとしたパンケーキ
実はこれが私は一番好きかもしれない。なぜか自分とってイギリスの味なのです。
(イギリスに留学していた友達が作ってくれたからっていうだけですが)
本では小さく焼いてみましたが、もちろん大きく焼いても。

それから、アメリカンな軽いパンケーキ。
こちらも粉が少なく軽いのですが、水分がたっぷり。
ふかっとしているので大きさの割にはペロッと食べられるダイナー風のもの。
これは味がシンプルな分、ベーコン添えてもいいし、生クリームをてんこ盛りにするのもまたおいしい。
ハワイを思い出して、たまにものすごーく食べたくなる味。
今回自分で配合を納得して作れたので
これからはいつでもビシっと同じ味を作れてうれしい。

同じ材料なのに、配合や作り方で全然違うものになるんですよね。
皆さんはどれが好きかなあ。。
レシピブログさんの連載でも一つレシピをご紹介するつもりなのですが
どれがいいかなあ。。と悩み中です。

しかしほんとに材料はごくごくシンプルなのに…
パンケーキって奥深いです。
一気に作って食べ比べ会なんてのもおもしろいかも?


***************************

レシピブログさんの連載では「巨峰のタルト風」をご紹介しています。
混ぜるだけの簡単レシピ。火が通った巨峰の味、今はまってるのです。
気になる方は下のタグをクリックして連載ページをご覧くださいね☆
| フライパンのお菓子 | 11:25 | comments(12) | trackbacks(0) |
パンケーキいろいろ。


9月発売の「はかりいらずのふんわりパンケーキ」より。
イースト発酵のパンケーキ。

今回のスタイリングは鈴木亜希子さん。
いつもながら、どのスタイリングもキュート。
このスタイリングもすごく好きでした。
お皿もかわいいのだけど、主役はパンケーキで、目に飛び込んでくる感じ。
そしてお皿の上もパンケーキもほかほかあたたかい感じ。
いいですねえ。食べたくなる。
そうそう、このバターも、表紙のソースかけも今回はあっこさんに甘えて
おまかせしてしまいました♡本当に芸術的なソースのかけっぷり。
技術と度胸がなくては美しいソースがけはできませぬ…。
あっこさんありがとうございました。

前回のブログでちょこっと書いたオール女子チームで一番人気だったのはこちら2点。


スイートポテトパンケーキ。コロコロのさつまいもも入りつつ、生地にもたっぷり入れて。
ちょ…でかすぎた!?と思ったアイスクリームも(ええ、私がのせました…。)
「いや!これくらいあってよし!」と強力な後押し(全員の)でこのまま撮影。(笑)



こちらは、マロンパンケーキ。冷めてから生クリームと重ねると
本当にケーキのようにしっとり。見た目もうふふっというボリュームですよね。
これおいしかったなあ。写真のようにラフにしてもかわいいのだけれど
同じくらいの大きさに焼いて、ちゃんと重ねたらショートケーキみたいになります。
マロンショートケーキ。フライパンで作ったとは思えないハズ。


さつまいもも栗も生地に混ぜ込むだけだと意外にもさほど主張しないので
際立たせるために少量アクセントを加えています☆
ちょこっとでも入れるのと入れないのでは大違い。
レシピ作りはこんなところが面白いです。

パンケーキはしかし、ほんと5分あれば焼けてしまいます。
涼しくなってきたとはいえ、オーブンの余熱を入れるには
まだまだ暑いこの季節にぴったりかもしれません。


| フライパンのお菓子 | 01:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
別冊男子食堂


男子食堂という雑誌ご存知ですか?
男性のための料理雑誌です。今回は別冊「フライパン一つで作る男子レシピ」
こうやってポラを見てもほら、いつもの私のお菓子と全然違う〜。
ソリッドな感じがしますよね。さすが男子!(?)



一冊すべてフライパン!私は定番スイーツを。
有名な人(私以外)のおいしいレシピがいっぱい出ていますので
チェックしてみてくださいね〜。
| フライパンのお菓子 | 01:18 | comments(8) | trackbacks(0) |
イースト発酵のパンケーキ


ちょっと変わり種のパンケーキ。BPやBSで膨らませることの多い
パンケーキですが、イーストを使うと、イースト特有のふわんとよい香りのするパンケーキになります。
食感は、ヨーグルトやバターミルクを入れて作ったものと似ているかな。
もちっとしてほわっとして、日本のクラッシックな喫茶店のホットケーキとはまた違う。

朝ごはんにちょうどいい味です。(パンの香りですしね。)
上はクランベリー&ラズベリーバター。
甘酸っぱくて色もきれいでお気に入りです。

ハムとかベーコンとかもあうかな。

冷めてもおいしい。これもイースト菌のおかげかしら。
とかく、面倒なことが嫌いな私はあまりパンが得意ではないのですが…
これはざっと混ぜてほっておくだけでできる生地なので、ちょくちょく作ると思います。
適当に作ったのでレシピは製作中です〜。




| フライパンのお菓子 | 13:49 | comments(4) | trackbacks(0) |