Mon journal 甘くて優しい日々のこと

赤いビーツのスープ



スリランカで習ったお料理、どれも鍋一つで簡単にできるのでちょくちょく作っていますが
このスープはお気に入りの一つ。しみじみおいしいのです。

ビーツ、最近は八百屋さんの片隅で売られたりしています。里芋の親分みたいな顔のやつです。
フランスでは千切りにしてサラダにしてましたが…千切りが面倒。

しかしこのスープは適当にカットして煮てミキサーでがーっとするだけなのです。
ビーつの他にほとんど何も入っていないのにこんなに赤いスープ。
そして甘い!!!
甘いのにサツマイモなんかよりずーとずっとカロリーは低いんですよね。
だって(砂糖)大根ですから。(あ、でも大根とは種類が違うらしい。)


上の白の模様はヨーグルトを適当に落として竹串で線を描いただけ。
撮影の時に思いつきでやってみたら、少しオシャレっぽくなったので嬉しかったです。

スリランカの野菜は基本的に日本の野菜より鮮やかなのに、ビーツだけはもう少し優しい
ピンクがかった赤色でした。
なぜか長野のビーツで作ったスープはなんだかクリスマスにもあいそうな、真っ赤。

てことでこの季節にご紹介。

こちらのレシピはレシピブログの連載に載せますね。

あ、おもいだした、レシピブログさんでキッチンの取材を受けています。
掃除も整理整頓もする時間がなく受けちゃったので…あまり宣伝したくないのですが…前編が公開されているもよう。

体に優しいスリランカの野菜料理色々はこちら「アーユルヴェーダ治療院のデトックスレシピ」をご覧ください。


| ゆるりとアーユルヴェータ | 12:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
風邪に薬膳カレー


なんだか熱っぽい…というおーちゃんに
大根スープと薬膳カレーとどっちがいい?
と聞いたところ

「薬膳カレー」
という返答。

別に薬膳って厳密なわけではないけれど、スパイスにはいろんな効能があるし、自分が食べたかったのでおーちゃんの気をひくような名前をつけたのでした。

このカレーはインドカレーをすごく軽くしたもので、チリは少な目。風邪に効きそうなスパイスと玉ねぎとフレッシュトマトとヨーグルトが大量に入れます。味はすこし「エチオピア」のカレーに似ているかな?なぜか私は風邪引き始めにこれが食べたくなるのです。もともとのレシピは森枝卓士さん。だいぶ変わってしまいましたが。

フレッシュトマトだけだと、スパイスの苦味も気になるので今回は少しトマトペーストも加えました。

「魔法の台所」のtottoさんのカレーはカシューナッツが入るので少し今回は入れてみました。しかーし。ケチって少ししか入れなかったため味がよくわからなかった。^^; なのでローストしてガーリックパウダーとカレーパウダーをまぶしたカシューナッツをトッピングしてみました。これだけでもおつまみにいい感じ。

本当はもっと玉ねぎを炒めるんですが、あまり炒めなかったのとヨーグルトをたっぷり入れたせいで いつもより白っぽいけど味はなかなか。

私はこれですっかり体がぽかぽかとしたのですが、おーちゃんはうすぼんやりと食べており、夜が更けるにつれて熱もあがってきて…急遽病院に行ったところインフルエンザでした。

インフルエンザの人にカレー。。義母には絶対言えません(><)
(*翌日はお雑炊と野菜スープ作りました…)

レシピと簡単なスパイスの効能は以下
続きを読む >>
| ゆるりとアーユルヴェータ | 18:52 | comments(6) | trackbacks(0) |