Mon journal 甘くて優しい日々のこと

自家製キャラメルタブレットとプリンケーキとプリン



むかーし、お菓子の本で見かけたプリンケーキ、検索してみるとわりとレシピがあって
流行ってるのかな〜?と思いつつ見ているととても食べたくなって作ってみました。
プリン生地にジェノワーズ生地をのせて一緒に湯せん焼き。ひっくり返すと2層のプリンケーキになります。

普通のプリン(クレームキャラメル)と差をつけるために、生クリームを入れてキャラメル味もつけてみました。
焼いている間に脂肪分が上がってくるのでよーく見るとジェノワーズ生地、キャラメル味のクレームブリュレ生地、
そしてプリン生地の3段階に分かれます。
ジェノワーズはもうちょっと多くてもよかったな。いずれにしてもジェノワーズの生地は浮くのでこれくらいの生地分量だったらフィンガービスケットをのせて焼いてもあまり変わらないかも。




大きく作った普通プリンをスプーンですくって一緒にパチリ。
ところで。
友人がプリン作りにはまっていて、すがはいったー、キャラメルの色が薄かった〜。と
繰り返し頑張ってるので、キャラメルタブレット作っておけば?といったら、なあにそれ?と聞かれ…、そうか…働いてる時は基本で作っていたけれど、普通あまり作らないのかなと思いましたのでここでご紹介。


お砂糖、そうだな…100gくらいに大さじ2,3のお水でキャラメルを作るんですが
この固めのキャラメルをお湯でのばさずに。いい色合いになったころ、
オーブンシートにスプーンで1杯づつを落とします。
急がないと、どんどん濃くなるので、その場合は一度なべ底をお水か濡れ布巾で冷やすといいと思います。
乾けばパリンと固まるので、冷凍庫に保存。(日本は湿度があるので常温だと溶けてきちゃう)
プリンが作りたくなった時はこれを下に敷けばいつでもOK!
鍋にたまったキャラメルにはお水を注いでもう一度沸かし溶けてきたらミルクをいれてキャラメルミルクにしちゃいます。もしくは珈琲に入れる。

(後日ここにキャラメルタブレットの写真をのせたいと思います…)

お湯で伸ばして少し煮詰めて蜂蜜状のものを瓶で保管するキャラメルソースも使いやすいですが
瓶の周りをべたべた汚しがちな私はタブレットの方が多いかな。
飲物に入れるときは。お湯と一緒にレンジでチンして入れています。


そうそう、友人のプリン作りのアドバイスとして。
すが入ったら…まずは次回からは温度を下げて見ましょう。
(私は160度くらいで作っていますが、オーブンの大きさによっても違うので140〜150度くらいに)
そして20分経てば表面は固まるので、そこからはときどきオーブンの中を見てあげてください。
あまり早い段階に揺らすと固まらなくなることがありますが。20分過ぎたら大体大丈夫。
ふるふるとしつつも中が液体じゃない感じになったらいい感じ。
不安だったらオーブンの中でゆっくり冷ましましょう。
シューやジェノワーズと違って低温で焼くプリンはオーブンを扉を開けたからといって失敗はしません。
デリケートですから最初はちょくちょく見てあげてくださいね。

| 冷たいお菓子 | 19:48 | comments(4) | trackbacks(0) |
ココナッツアイスとピーナッツ


近所のエスニック料理屋さん、これまたご近所のカメラマンさん一家に教えてもらって以来
よく行ってます。なんでもおいしいのだけれど、デザートもおいしい。

そこのデザートを意識したココナッツアイス。ココナッツミルクと生クリーム。
決めては茶色いお砂糖です。パームシュガーのようなブラウンシュガーがなければ、
メープルシロップでも。
少しキャラメルのような優しい甘さがココナッツによく合います。

最後にピーナッツをパラパラとかけるのが私は好きですが、今回はピーナッツシュガーを。




台湾のスーパーで買ったこちら。
最初見つけた時は、こ、これはあの、私の好きな屋台の茹でたての餅にまぶしてあるピーナッツでは…!と小躍り。
(しかしまったく違うものだったらいやなので、2袋しか買いませんでした。100円もしないのに…)

きな粉みたいな味でお砂糖がジャリジャリ。
お餅にまぶして食べると、屋台で食べたピーナッツ餅みたいになって美味しいのです♪

ココナツアイスの作り方は、のちほどレシピブログさんの連載にて。
| 冷たいお菓子 | 15:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
コーヒーとマスカルポーネ


暑くなると食べたくなるのがコーヒーゼリー。
ベトナム風に練乳を入れたり→☆レシピ☆

定番(→☆レシピ☆)メープルシロップでいただきます。

さて今日もたべたーいとおもって、コーヒーを濃い目に入れゼラチンを投入し…
はたと生クリームがないことに気がついた!
…普通のご家庭に生クリームがなくてマスカルポーネがあるってことはあまりないかもしれないですが…
撮影残りのマスカルポーネを発見!
牛乳でのばしてみました。

マスカルポーネはやっぱりコーヒーにによくあう。
生クリームとは違う乳臭い、よくいえばミルキーな味わいとふっと最後に残る酸味が
コーヒーの苦みや酸味と調和します。

ティラミスは一世を風靡しましたが、やっぱりおいしい組み合わせだなあと思います。
そういえば、留学時代、パリでのお呼ばれでは大きなお皿をいっぱいにしてティラミスを
持っていったものです。
オーブンなくてできるし、意外と買えるところがなくて、喜ばれたなあ。
マルサラ酒を一本使いきった記憶があります。(笑)

コーヒーには茶色いお砂糖やメープルを合わせるのが好きな私ですが
マスカルポーネには主張しないグラニュー糖で。





↑ためしにメープルをかけてみましたが、やっぱり生クリームとの味の差が薄まる気がします。

レシピはレシピブログさんの連載で後ほど☆
| 冷たいお菓子 | 14:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
桜のおやつ


なんだか急に暖かくなって、家のそばのいつも気が早い桜の木は、もう6分咲きです。
久々のお教室は桜の花の咲く頃…と思っていたらすっかり葉桜になっていそう。

桜の塩漬けが好きなのでこんなおやつを。





材料は3つか4つ。と桜の塩漬け。
朝ふと思い立って作ったシンプルなおやつですが
つるん、ひんやり。甘さとしょっぱさと桜の香りが、かなり気に入りました。




春といえば、お誕生日。でした。たくさんのお花をいろんな人からいただけて嬉しい一日。
なぜか皆さんよくご存じでピンク〜紫のグラデーションで気持もあがりました♪


私が男性だったら…好きな人がいたら、絶対お誕生日にお花をその人にあげるな。
お花は、美しくて香りも良くて、ホントに幸せな気持ちになれるけれど
たくさんのお花を毎日買うことはあまりなくて、
贅沢な気持がするから。

そして、花を慈しむ暫くの間、くださった人に感謝するもの。

費用対効果としてかなりのものだと思うのですが…いかがでしょう?(笑)
まあでも、素敵なブーケを下さる方は大抵素敵な女性ですな。

レシピは後ほどレシピブログさんの連載にて。
| 冷たいお菓子 | 09:43 | comments(6) | trackbacks(0) |
黒蜜と蕨もち


先日伺った京味さんで最後に出た蕨もちがとてもおいしかったので
今ハマって作っています。


小さな頃、たまにリヤカーで蕨もちと蒟蒻の田楽を売り歩いてる
おじさんがいました。
学校から早く帰れた日やお休みの日だけが、おじさんが家の前を通過するのに間に合う。

笛の音がすると、いてもたってもいられなくて小銭を持って階段をかけおりて
おじさんを探したものです。

蕨もちは小指の先ほどの大きさで砂糖ときな粉がまぶしてあるシンプルなもの。
実はさほど好きでもなかったように思います。
買った蕨もちはそのままおばあちゃんにあげたり。(笑)
おじさんが氷水から透明の蕨もちをすくって、水気を切って
きな粉をまぶして発泡スチロールの容器にいれてくれる。
その作業を見るのが楽しかった。

小学校の家庭科の授業で
初めて自分たちで作りました。
白い粉が水に溶けてドロドロになり、練っているうちに半透明になる。
氷水に落とすと、なんとつるんとした物体に変化!
キャーキャー言いながら皆で作りました。
あのときの家庭科室の風景を、いまだに鮮明に覚えています。


蕨もちは、そんな夏の思い出がつまったおやつ。

大人になった今は、大好きな黒蜜を好きなだけ、どっぷりかけていただきます。

パンケーキはメープルシロップを味わうために、
蕨もちは黒蜜を味わうためにあるものだと思っています。(笑)

なんと言っても蕨もちは蕨もち粉だけで作れるのがいいですね。
シンプル。
黒蜜も黒砂糖で簡単に作れます。
波照間などの沖縄の離島の黒砂糖はそれぞれけっこう味が違うので
色々試すのも面白いです。


蕨もちそのものには、甘みをほとんど加えないのがわたし流。
黒蜜をたっぷり。きな粉もたっぷり。
書いているうちに、また食べたくなってきました。

レシピはレシピブログの連載にて後ほど。

| 冷たいお菓子 | 02:12 | - | trackbacks(0) |
クレーム キャラメル


カスタードプディング、クレームキャラメル、=そう、プリン。

ゆるゆるのクリームみたいなプリンもおいしいけれど。
なんとなく今は、しっかりとした食感の、卵とバニラの味がきちんとするプリンの方が好み。

卵の味を強めたい時は卵黄をプラスします。

ポイントはカラメルソースの濃さ。鍋で深くキャラメルソースが集まっていると
とても濃く見えても、鍋を揺り動かして薄くひろげると
まだまだ明るい色だったりすることがあります。
そうなると甘いだけでなんともしまりのない味になってしまいますので、
なべ底では醤油っぽい色合いになるまでしっかり焦がすこと。
濃いソースにはぜひ甘さ控えめのホイップクリームを。
一緒にいただくとプリンとクリームとカラメルソースが混ざって
本当に幸せの味、です。


アレンジとしては、アパレイユに練乳を入れたり、
ベトナム風にキャラメルソースにコーヒーを加えるのもおいしいですよ。

そうそう、バニラも絶対必要。ここは気合を入れてバニラビーンズでぜひ。
エッセンスは私はいれないです。
急に安っぽい味になってしまう気がして。
あれはあれでおいしいときがあるのですが、プリンには
ビーンズがなければもうバニラはあきらめて。
レモンの皮やシナモンをいれたりするのもおもしろいかも。

そうだ、あと、プリンは大きくて深い器で作ったほうがじっくり中まで火が通るので
断然失敗が少ないと思います。

写真の器は REVOLのもの。
好きなデザインなのか、気がつくとフランスに行く度に
少しずつ増えていっています。

レシピはのちほどレシピブログさんにて。


| 冷たいお菓子 | 11:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
ひんやり偽物チョコレートプリン


先週のことですが、喉が痛いなーと思って朝起きたら声がガラガラ。
翌日になっても、翌々日になってもちっとも治らないので病院へ。
体温を測ったら38度8分でした。

不思議なもので、熱があると思ったとたん、急にしんどいような気が。
でも食欲は別に落ちていなくて、冷たくて甘いものを食べて寝よう…。
と思い立つ。(え、元気なんでは?という突っ込みがきそうですが)

チョコが食べたいんだけど、つるんとしててあんまりこってりしていなくて冷たいのが食べたい。。
ということでなんとなく作った「チョコレートプリン」

チョコレートもプリンも実は嘘。
チョコレートじゃなくてココアで。
卵が入っていなくてゼラチンで固めただけなのでゼリーです。

でも底にココアがたまってワントーン黒っぽくなってる見た目はまさにプリン。
プリン型で作れば何でもプリン!(?)

これがですね、まさしくその時私の食べたかったもの!
つるんとして甘ーくてひんやりしていて。
大満足してその後、半日爆睡、元気になって現在に至ります。

ココアはコストコでジャケ買いしたスタバのもの。
ぺパーミント、ダブルチョコレート、ソルトキャラメルの3箱セットと大量なのが
玉にキズですが、あまーくておいしかったです。





一杯200キロカロリーはごくごくっとあっと言う間に飲めてしまって
危険この上ないけれど
ゼラチンで固めると意外としっかりゆっくり食べれて、おなかにたまるのもいいかも。

レシピは今週中にレシピブログさんに載せますね〜。
| 冷たいお菓子 | 11:34 | comments(13) | trackbacks(0) |
青梅のジュレ


梅雨のこの季節は、八百屋さんに梅がたくさん並んでいてそわそわします。
毎年、梅シロップを数回にわけて、と梅酒を1度。(下戸なので)
梅干しは、秋が来るのを待たなくてはいけないけれど、梅シロップはすぐいただけるのがいいですね。

梅シロップ、ソーダや水で割ってごくごくといただくことが多いですが、
写真はジュレにしたもの。

梅シロップを水で割ってゼラチンを入れただけですが、
ほんの少しすだちを+。これでぐっと引き締まります。

お教室でお出しするデザートプレートでは箸休め的存在です。

とにかくプラム類全般が好きで、梅も大好きな私ですが、
小さい頃は梅干しが嫌いで、口から吐き出していたのを覚えています。
祖母が梅干しをちゃんと食べる従兄を、「ええこじゃええこじゃ(岡山弁)」と
褒めるものだから、むっとなって
「ようちゃんも好きだもん!ようちゃんもいい子だもん!」
と我慢して食べるようになった…ような。(笑)

昔の梅って、もっと酸っぱくてもっとしょっぱかったですしね。
子供には、なかなかハードルが高いかもしれません。

自分でつける梅はやっぱり塩分のしっかり入ったもの。
(だってカビたら切ないですよね)

もうちょっと普段にいただくようには向田邦子さんの「うの引き出し」にも入っていた
中田さんの田舎漬けを購入しています。
(しかも年々甘くなってきているような…)



青梅のジュレのレシピは後ほどレシピブログさんの連載にて〜。







| 冷たいお菓子 | 19:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
カラフル白玉


「おあじはいかが」という小冊子にて今年初めから「やさしいおやつ」というお菓子の連載ページを担当しています。
全国各地のスーパーに置いていあるそうなので、見かけたらぜひお手にとってみてください。


写真は没になってしまった白玉たち。
カラフルな水玉みたいで、雨が多くなってくるこの季節になんとなくぴったりな気がしています。


白玉はこねる作業も楽しいので、お子様と一緒に作ってもいいかも。
お鍋の中で、ふっと上がってくればできあがり。
つるんとしていて、噛むとぷにっとしていて。
これから夏にかけては、バター生クリーム大好き!な私も
和菓子っぽい甘モノが食べたくなります。
(まあ、それでも年がら年中砂糖を摂取し続けることに変わりはないですが。)


レシピはまたのちほど、レシピブログの連載にてアップします〜。

| 冷たいお菓子 | 16:50 | comments(4) | trackbacks(0) |
苺と蜂蜜のフローズンヨーグルト



苺1パック(350gくらい。ヘタをとって冷凍)
ヨーグルト1パック(400cc)
生クリーム1パック(200cc)
砂糖 2分の1カップ
ハチミツお好みで。

.奸璽疋廛蹈札奪機爾冒管瑤虜猯舛鯑れてがーっと滑らかになるまでかける
△笋錣蕕いようだったら少し冷凍庫に入れる 固くなりすぎたらまたフードプロセッサーに
かける お好みではちみつを。今回はベリーだったのでフランボワーズのはちみつを。
ハーブ系とかちょとくせのあるはちみつもここぞとばかりにかけちゃうといいアクセントに。

苺の代わりに冷凍ラズベリー、マンゴー、バナナ なんでもいけます。

マルチクィックのチョッパー、もともと別売りの大容量チョッパーを買って
愛用していたのですが、新しいバージョンは更に大きい!
大人数のパーティでも作れそう♪
色々使えそうですね。

ハンドブレンダ―を使った料理レシピハンドブレンダ―を使った料理レシピ
| 冷たいお菓子 | 11:15 | comments(3) | trackbacks(0) |