Mon journal 甘くて優しい日々のこと

お花見、と最近のお仕事。

写真 鈴木俊介さん

ずいぶんと更新が滞ってしまいました。
皆さんお花見されましたでしょうか…。
毎年、お花見の頃合いって難しいですよね。私は先週撮影が続きほぼ引きこもり。
夕方お医者さんに行く際に自転車で家の近くの桜並木を通りぬけ、初めて、すごい!満開ではないか!と思ったきり…
結局きちんとお花見などする余裕が無く、葉桜になった気がします(涙)


お花見の季節に作り方を更新しようと思いつつ、すっかり遅くなってしまいましたが
きっとこれからピクニックにもいいに違いない。ということでアップします。
16センチのケーキ型で作ったお寿司、です。入れ物はチーズケーキに使ったりする木の箱です。
確かコッタさんで買いました。蓋が実はしまらないかったんですが(汗)ま、そんな場合は
ラップなどして持ち運ぶということで一つ!
レシピは後ほど、レシピブログさんにて。



パナソニックさんのotonariというパンフレットでジャーサラダをご紹介する際、脇に置いていたのですが、レシピが載るスペースが無かった。(ジャーサラダより明らかに気合いを入れて作ったのに…)

豪華に見えて、実は絶対手鞠寿司をちまちま作るより楽!
お子さんのお誕生日にもいいかもしれないですね。
赤とピンクを意識すれば、大体かわいくなります。

ついでに、今発売中のお仕事を宣伝☆
「からだにいいこと」ではジャーサラダ。
そして今週はちょっと多くて7日発売のLEE、8日発売のanan、10日発売のレタスクラブ。
それぞれ何ページか担当させてもらっています。
時間があったら中身もちょこっとご紹介できればと思います。
| 和食 | 23:30 | - | - |
桜のいなり寿司


桜吹雪の中でいただきたかったけれど、ちょっと寒かったので、おうちでお花見風ごはん。
手毬寿司はスモークサーモンと大葉。ご飯は、市販の野沢菜ちりめん。酢飯にしてもしなくても。
混ぜご飯にして、ラップできゅきゅっと包むだけ。簡単です。



いなり寿司の中身は桜の塩漬けを刻んだものとしば漬け。
ピンクになるかな〜と妄想で作ったのですが、写真じゃわかりにくいですね。
ほんのりと色づきました☆

油揚げは、油抜きしないでコクのいかした味付けにしました。
濃口醤油とお砂糖でしっかりとした「京味」風。
でもあっさりさせたほうが桜のほんのりした香りは生きるかも。

どちらのお寿司もスモークサーモンと油揚げに塩気があるのでご飯の味はひかえめに。

あとは簡単に…(力尽きた)蛤のお吸い物、菜の花のお浸しで春めいたランチになりました。
| 和食 | 23:40 | comments(8) | trackbacks(0) |
夏のお昼ご飯いろいろ。


お昼御飯の写真がたまってきたのでざっとアップ。酢橘そば。大阪の食べ方だとか?
酢橘好きな私にはたまりません。外で食べたことないけれどおうちでおいしくいただいております。




生ハムとレタス、無花果とビーツのサラダ。そだ、ちょっと硬くなったバケットをオリーブオイルとニンニクとでクルトンにして茹で卵も入れました。クルトンがこってりなのでドレッシングのオイルはひかえめに、レモンをしぼったかな。


前にご紹介した赤いピクルスの中に漬けこんでみた茹で卵はこんなに赤くなりました。
ま、でも派手な外見の割に、茹で卵のピクルス、お味は普通です(笑)



ビーツといえばスープにしてもうまし。ビーツしか入ってないのに、こくのある、優しい甘さです。
こちらのレシピはそろそろ佳境の本でご紹介します。
ほんとは夏場にだせればベストだったのですが…。発売は10月くらいでしょうか?



こってり系だと、こんなパスタも。クスクスの残り物に(羊のお肉、メルゲーズ、ズッキーニ、人参、蕪、セロリ、玉ねぎの混合物)に牛ひき肉炒めたものを加え更に煮込んだ複雑な味(笑)のラグー。
私なりのポイントは赤ワインの代わりに白ワインを使う(ボローニャ出身のおばさんが言ってた)
トマト缶だけではなくフレッシュなトマトを使うってことかしら。これでちょっと後味が軽やかに。


<


最後に今が旬の生のトウモロコシを使ったケークサレ。生をどっさり。
上にバターをぽんぽんっと。最後に黒こしょうガリガリ。
おいしくないわけがない!薄ーくきっても結局ひとりで食べきってしまう系の味です。

なんだかんだで、年がら年中よく食べてます…。


| 和食 | 13:42 | - | trackbacks(0) |
トマトと梅干しの炊き込みご飯


色の似ている食材は組み合わせると大抵うまくいく気がします

トマトのサラダに梅を組み合わせるのは夏のうちの定番なので
きっとごはんにしてもあうだろうなと思って作ってみました。
そしたらやっぱりすごく好きな味に!トマトと梅干しの酸味で
食欲がない日でもパクパク食べれます。できれば実山椒のつくだ煮を散らすとなおよし。
ピリッとした辛みでまた更に食欲が(笑)
薄味なので、献立もそんなに選ばないのもいいなと思っています。

写真は炊きあがりを混ぜたもの。

炊きあがり。






レシピは覚書を記しておきます〜。
続きを読む >>
| 和食 | 23:27 | comments(4) | trackbacks(0) |
しば漬けと浸し豆の玄米サラダ


玄米を茹でて作るライスサラダが最近の夏の定番。
ぷちぷちとおいしいのです。
友人がケータリングしたパーティで出たものが、とてもおいしかったので
味のコツを聞くと

・シラスや、ツナといった魚介系のたんぱく質を入れる
・カリコリとした食感を加えるために奈良漬などのお漬物を入れる
・豆やコーンなど食感の楽しいものを入れる


今回はしば漬けと浸し豆を加えて玉ねぎドレッシングで和えました。
浸し豆ってのは乾物の青大豆。
ゆきこさんのお教室でいただいて以来、戻す手間もさほどかからないし
枝豆より楽なので多用しています。
ドレッシング、夏場は酢の割合多めで作っています。


ポリポリとした食感も楽しく
おなかにもよく、ついつい食べ過ぎてしまうサラダです。
レシピブログの連載のに(お菓子じゃないけどたまにはいいかな…)
後ほど詳細レシピを載せますね〜。

あ、そうそう先日発売された「女子キッチン」のイベントが開催されるそうです。
豆腐の盛田屋さんと女子キッチンコラボレシピコンテスト、だそうでーす。

(実は私、審査員させてもらうことになっております。汗)
| 和食 | 12:05 | comments(4) | trackbacks(0) |
豚しゃぶと胡瓜。


暑くなってきましたね〜。私はずっと微熱続きで自分が熱いのでだるいのか
外が暑くてだるいのか、もはやわからなくなってきました。

なんだか食欲がなくて昨年は何を食べていたんだろう思って写真を整理していたら
こんな写真が。

スタイリストの道広さんから伺ったレシピ。
豚しゃぶ肉を白髪ネギ&ザーサイの細切り&ごま油、塩コショウで和え
(お醤油も入れたかしら…)
最後にピーラーで薄切りにして氷水でしゃっきりとさせた胡瓜をたっぷりのせたサラダ。
最後に私は胡麻をふってみました。

美味しい上に目先が変わっていてオサレで簡単!
食べ物のお仕事をしていると、お料理好き、美味しいもの好きに囲まれ
さらに美味しいものにめぐり会える…という幸福スパイラルであります。

本日はこれにいたします☆



| 和食 | 11:25 | comments(4) | trackbacks(0) |
お豆腐と新玉葱のサラダ 沖縄のお皿1


ちょとダイエット中〜。なブランチの一品。

お豆腐にスライスオニオン、ツナ缶油を切ったもの少々。あと人参と大葉の千切りも少々。
で玉葱ドレッシング少々とポン酢で和えて、鰹節をパラパラ。
玉ねぎに玉ねぎドレッシング。。なわけですが、ほんのちょっと入れると
いい感じに絡みます。

沖縄で買ってきた海ぶどうも入れてみました。ヘルシーだし、
ぷちぷち食感がいいアクセントに。

玉ねぎドレッシングは、玉葱1個、油と酢が2対1〜1対1。塩、胡椒。
フープロかミキサーにかけて、すりおろし状態に。
じょうごを使ってペットボトルに入れて冷蔵庫に常備しています。
匂いがこびりつくので、友人から聞いたペットボトルの再利用、とっても便利です☆


お皿は沖縄で買った金城有美子さんのもの。
たまたま車を止めたコインパーキングの向かいのお店で一目ぼれ。
お皿についてはまた後ほど。
| 和食 | 12:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
五月


うすいえんどうを見つけたので、豆ご飯を作る前にパチリ。

すべすべ赤ちゃんのような豆がかわいい。

少しずつ季節が変わってきますね。

ところで夫は豆ご飯があまり好きではないのですが、
どうもそれは冷凍グリンピースのイメージだ、いうことで、おいしいお豆で作ると違うかも?
と思って挑戦してみました。

土居さんの古式昆布茶を少々。
こちら添加物は全く入っていないのですが、とても味がでて隠し味にぴったりでした。

ストウブで炊くとしっかりお焦げもできて私にはとってもおいしかったのですが…
夫は「まあまあ」と言ってあまり箸は進んでいなかった様子…(涙)
| 和食 | 19:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
ノルウェー塩鯖のアーモンド風味のオーブン焼き
入退院に前後してすっかり忘れていたのですが、
レシピブログさんのモニターに初応募してました。初デス初。「ノルウェー塩鯖」デスき
実は実家のある岡山では鯖ってあまりいただかないんです。
瀬戸内海だからかも。でも祖母は京都の鯖寿司が大好きで、
京都に行くたびに買っておりました。
私はこれがあんまり…で、鯖はといえば締めたもの、苦手ってイメージでした。

東京にきて、味噌煮などを初めて食べて、甘!こってり!っと驚いたものです。
そして例によってあっさり好きになりました。いまや鯖寿司も大好物。

いただいた鯖はほどよい塩加減で臭みもなく、脂ものっている。
(しかも一枚一枚冷凍されているので便利〜。)
なので、シンプルに焼き大根おろし&酢橘が一番だと思ったのですが…モニターなので(笑)。






耐熱容器にのせパン粉とアーモンドスライス、軽ーくオリーブオイル垂らして焼いてみました。
今回はローズマリーを入れたけどパセリとかでもいいと思います。

こんがりさくさくのアーモンドスライスがおいしかった。
面倒でやらなかったけど、もしかしたらアーモンドスライスをうろこのように
きれいに並べたら、ちょっとおしゃれ?(いや、えぐいですかね…)

レモンとお好みで岩塩添えるとすっかりイタリアンですが、
醤油垂らして酢橘(また酢橘…)数滴も、和洋折衷でごはんにあっておいしいです。

レシピってほどではありませんが…レシピ書いておきまーす。



ノルウェー『塩さば』で簡単クッキング♪レシピモニター参加中!


ランキングに参加中〜。クリックしていただけると嬉しいです。


続きを読む >>
| 和食 | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スパゲッティナポリタン☆


なんだかんだで更新が滞っておりました。
月曜日でお仕事がひとくぎりするので、そしたらいろいろアップするつもりです。
いただいたものとか食べたものとか。(って単なる自慢話では…?とゆう気もしますが)

写真はスパゲティナポリタン。
以前ケチャップの凶暴性について書いたのですがもう今回は、意を決して「ナポリタン」に。


はて、ケチャップに書いたのっていつだったけ?と見てみたらなんと!
昨年の8月13日でした〜。どうも8月にはケチャップが食べたくなるみたいです。私。


知り合いの編集さんが「落合さんのナポリタン、うまかった。」と言ってたのを
思い出し、ぐぐりながら…。

オリーブオイルで玉ねぎ、ズッキーニ、マッシュルーム、ハム 赤ピーマンをソテー。
ニンニクや白ワインは我慢。

ケチャップとパスタの茹で汁で味を調えて、最後にバターとパルミジャーノ。
バターとパルミジャーノ、がポイントですね。

なかなかおいしかったですよ〜。たまには(1年に1回8月あたりには)いい感じ。

ただいつものくせでアルデンテで茹で上げましたが、もしかしたら
茹で過ぎ?くらいが懐かしい味になるかもしれませぬ。

ランキングに参加中〜。クリックしていただけると嬉しいです。







| 和食 | 10:54 | comments(10) | trackbacks(0) |