Mon journal 甘くて優しい日々のこと

リリエンベルグ @新百合ヶ丘


リリエンベルグにものすごーくひさしぶりに行ってきましたー。
森の中のおうち、のようなメルヘンなたたずまい。
ここに来ると白雪姫を思い出してしまいます。


隣のカフェで私が食べたのはルバーブとパイナップルのシュトゥールデル。




桃のショート。
ショートは苺より桃の方がおいしいかもしれない…と思うほどおいしかったです。
ふんわりとした生地とやわらかーいクリームが少し歯ごたえを残した爽やかな桃と
とてもあっています。優しいお味。一切れどころかぺろっと一台いけそうです。


お友達がお誕生日だったので事前にお願いしたらカフェでこんなにかわいいプレートをつけてくださいました。



ウィーン菓子ということでザッハトルテが有名ですが、ここのはオーストリアのホテルザッハーや
デメルに比べると上の砂糖がけが薄くてあっさり風味。食べやすいです。



手摺の部分。細部までメルヘンなお店です。
私の一押しはシェルというクッキー、さくさく、バターの香りも香ばしくて
すごーく好き。

どのお菓子も優しくて丁寧なお味です♪
昔働いていたケーキ屋さんの同僚の男の子がすごく横溝さんのファンだったんですよね。
当時ショックという冷凍庫が多用されていて(今もかな?)確かにあまり味がおちず、
綺麗にムースは重ねていけるのですが、横溝さんはあくまでもフレッシュにこだわりたいと
講習会でおっしゃっていたとか…。なるほど。というお味。

今回思ったよりも近いということが分かったのでまた行きたいなあ。
| お気に入り(グルメ) | 14:38 | comments(4) | trackbacks(0) |