Mon journal 甘くて優しい日々のこと

モンブラン☆

モンブラン作ってみました。

いろんなモンブランがあると思うのだけれど私のお気に入りは土台がタルトでなく焼きメレンゲのもの。お店では「プレシューズ」のが好きです。アンジェリーナの激甘こってり、も好きです。

天板一つで作るたくさんの焼き菓子」に載せているメレンゲを丸型で絞ったものを土台に。
上には星口金で絞ったものを帽子のようにトッピング。



栗のクリームは、濃厚にしたいのでゆでた和栗+生クリーム(タカナシ47%)と砂糖を混ぜて、がんばって漉しました。

中身はホイップクリーム。こちらは軽ーく仕上げたいので35%のものを使用。
軸になるのでしっかりたてます。あればジュレデセールで保形してもいいのですが、
家で食べるものなのでなしで作ってすぐいただきました。
そして長野の友人からもらった山ぶどうを煮たものを潜ませました。
マロンとカシスはよく合わせるのでそれの代用。酸味がアクセントになっておいしかった!



同時に渋皮煮も作ったのですがまだシロップが沁みてないなと思ったので
上はクオカさんで購入した和栗の渋皮煮。小ぶりだけどおいしかったです♪


しかし久々に絞り出しをしたのでひどい。
ブログ用に1個きちんと仕上げたけど後は、焼きメレンゲでクリームをすくっていただきました。

レシピは明日レシピブログの連載に載せますね♪

撮影でもご協力いただいているタカナシ乳業の生クリーム、
生クリームは40〜42パーセントが安定していて使いやすいと思っている私。
今回40%がもらえるということで小躍りしてモニターに募集したらサンプルいただけました♪
もともと42%も作られているから違いも気になります。
が…。今週から連続撮影なため冷蔵庫が生クリームだらけになっております。。
頑張って消費中!

生クリームを使った料理レシピ生クリームを使った料理レシピ

詳細レシピはこちらからも。
<栗クリーム>
栗(一時間ほど茹でて、鍋の中で1じかんさましておき、半分にカットして実をだしたもの)200g
生クリーム50cc〜100cc(栗の水分量に合わせて)
砂糖60g〜80g(これも栗の甘さに合わせて)
あればマロンクリーム50g(なければ砂糖を大さじ2ほど足してください)

つぶしながらよく混ぜます。絞る場合はこれを一度越してなめらかにします。
これが面倒なんですよね〜。なので私はほとんどこのクリームとホイップクリームを
メレンゲにのせて食べています。でもコストやっぱり美味しかったです(笑)


写真のモンブランは焼きメレンゲ(天板一つ…をご参照ください)
に9分たてにしたホイップクリーム(こちらは軽く仕上げたいので35%を使用)を
まるくスプーンで載せてマロンクリームを下から上に絞り出します。
上にまた焼きメレンゲをのせて最後に栗を飾っておしまい。

今回は中にやまぶどうのジャムをひそませました。

生クリームが35%の場合は栗クリームには
バターを大さじ1、2杯くらい入れるといいと思います。
| ケーキ&シュー | 21:01 | comments(5) | trackbacks(0) |