Mon journal 甘くて優しい日々のこと

パンペルデュ(フレンチトースト)


週末にパンペルデュ、を焼きました。
pain perdu 直訳すると失われたパン。
固くなったパンを再利用するって意味かしら。
日本ではフレンチトースト、ですね。

うちの大学では昔、微妙な衛生管理の下(笑)大学祭で語科別料理店をやっていました。
私たちはもちろん「フランス料理」
ベトナム、インドネシア、ロシアにブラジル、アラビア…といろんな語科があるので
珍しい料理の方がお客さんは多く入りそうだなと思いつつ、
サラダ菜で包んだファルシとかリエットとか
安くてもコースにしよう!とものすごく頑張って(徹夜とかして)皆で作りました。
あの勢いが若さってものだったんでしょうねえ…。(遠い)

困ったのがパン。バゲットはすぐに固くなるので翌日はもう使えない。
途中誰が言い出したのか、フレンチトーストにしようってことになり、
早朝うちの大学生目当てに売り歩いたら、けっこうこれが売れたのです。
準備でおなかがペコペコだったところに、あつあつのフレンチトースト!
食べたくなりますよね〜。


美味しそうに見せるために蜂蜜を塗ろう!表面に艶も出るし味もいいから!と
ワタクシ、鼻息荒く主張したのを覚えています。

配合はおうちの味それぞれ色々あっていいと思います。
でも意外に染み込むまで時間がかかるので、朝から作りだすよりは
夜作って一晩漬けたほうがいいです。
あと、私はあればバニラビーンズをほんの少し。さやとかバニラシュガーでも。
後味の卵の臭みが消えデザートにランクアップするように思います。
それから表面にグラニュー糖をふって焼くとバターで少しキャラメリゼされます。

表面に焼き色がついたらオーブンに。こうするとぷっくりと膨らんで、いかにもおいしそうになります。

そしてフレンチトーストといえば…ホテルオークラですね!
この間行ったときに撮った写真をいくつかご紹介。




クラッシックなテーブルで落ち着きます♪

コーヒーにはミナルディーズが。



ちなみに私が食べたのはこちら。↓ダブル(笑)

| パン とイーストのお菓子 | 12:06 | comments(8) | trackbacks(0) |