Mon journal 甘くて優しい日々のこと

スイカのショートケーキ



**はじめに。。今年は唐突に8月開催の単発クラスを行うことにしました。
少しだけですが空席ございます。詳しくは→こちら
ご興味ある方はメールにしてご一報ください〜。


ふわふわのジェノワーズが焼けたら、ショートケーキが作りたくなります。
でもイチゴは今ないし…。

写真はスイカのショートケーキ。 五反田のヌキテパのデザートとして有名です。
表面にはパールオショコラ。種に見えたらおもしろいかなあと思って散らしてみました。

しゃくっとした歯触りがおもしろく、家で作ってもなかなかおいしい。
スイカに水分があるので、作ったらその日のうちに、いただいた方がいいかもしれないですね。




小さくカットしてもかわいいです。

フランスのジェノワーズはどちらかというとぱさぱさっとしたもので、
シロップをしっかりひたすための土台という感じでしたが、
日本風のジェノワーズは、全然違う。
キメが細かくてふわふわしていて
何も塗らずに、そのまま食べてもおいしいなあと思います。
この生地を味わうにはやはりショートケーキが一番かしら。
ああ、この季節は桃を入れてもおいしいですね。

フランスにずっといる友人からは、遊びに行くと、よくこのショートケーキをリクエストされますが、
(余談ですが、そういえば留学中、私が一番食べたかったものは、寿司等の和食ではなく、洋食、でした。)

フランスの生クリームは、とても脂肪分が低いため、ホイップした状態をキープできないんですよね〜。
先日はクレームドゥーブルという、サワークリームに似たものを混ぜて固さを出しました。
すこしだけ酸味が入ってさっぱりしたクリームになりました。

日本ではきちんとホイップできる乳脂肪40%以上のものが通常売られているので
簡単!私は、手に入るときは、カルピスの40%のものを使っています。
| ケーキ&シュー | 12:32 | comments(2) | trackbacks(0) |