Mon journal 甘くて優しい日々のこと

夏のお昼ご飯いろいろ。


お昼御飯の写真がたまってきたのでざっとアップ。酢橘そば。大阪の食べ方だとか?
酢橘好きな私にはたまりません。外で食べたことないけれどおうちでおいしくいただいております。




生ハムとレタス、無花果とビーツのサラダ。そだ、ちょっと硬くなったバケットをオリーブオイルとニンニクとでクルトンにして茹で卵も入れました。クルトンがこってりなのでドレッシングのオイルはひかえめに、レモンをしぼったかな。


前にご紹介した赤いピクルスの中に漬けこんでみた茹で卵はこんなに赤くなりました。
ま、でも派手な外見の割に、茹で卵のピクルス、お味は普通です(笑)



ビーツといえばスープにしてもうまし。ビーツしか入ってないのに、こくのある、優しい甘さです。
こちらのレシピはそろそろ佳境の本でご紹介します。
ほんとは夏場にだせればベストだったのですが…。発売は10月くらいでしょうか?



こってり系だと、こんなパスタも。クスクスの残り物に(羊のお肉、メルゲーズ、ズッキーニ、人参、蕪、セロリ、玉ねぎの混合物)に牛ひき肉炒めたものを加え更に煮込んだ複雑な味(笑)のラグー。
私なりのポイントは赤ワインの代わりに白ワインを使う(ボローニャ出身のおばさんが言ってた)
トマト缶だけではなくフレッシュなトマトを使うってことかしら。これでちょっと後味が軽やかに。


<


最後に今が旬の生のトウモロコシを使ったケークサレ。生をどっさり。
上にバターをぽんぽんっと。最後に黒こしょうガリガリ。
おいしくないわけがない!薄ーくきっても結局ひとりで食べきってしまう系の味です。

なんだかんだで、年がら年中よく食べてます…。


| 和食 | 13:42 | - | trackbacks(0) |