Mon journal 甘くて優しい日々のこと

金木犀で作る桂花醤


仕事でお知り合いになった大好きな人たちと
ほぼ恒例になりつつある(しかしものすごくランダムな)持ち寄りごはん会をして
おなかいっぱい、しあわせだねー♪とふわふわほろ酔いの帰り道。
夜風がふわわーっと金木犀の香り。

「金木犀の香り!」と私が小さく叫ぶと、
「ねーほんといい香りだねえ。私、金木犀のお花をだんなさんと摘むの」

みたいなことを(酔っていたため、うろ覚え)
スタイリストの道広さんが言って、ほわわんっと微笑みました。

道広さんが金木犀を摘んでいる姿を想像して
妖精みたいだにゃあと、これまたほんわか聞いていたら

「桂花醤をつくるの。」とにっこり。

…なんですかそれ、中国料理に出てくるやつですよね。家で作れるんですか?
と、急に私、現実に戻り、根掘り葉掘り。

タイミング良く、翌日うちの庭は剪定が入ったため、
バッサリ切られた金木犀の枝を捨てないでください!とお願いしておいたら
帰宅後、玄関に大きなビニール袋が二つ。中は全て金木犀!

これが大層な量でして、小さなお花がそこかしこにいっぱいついていて、
戦前に工場で働く少女ってこういう作業をひたすらしてたのか…と
摘みながら、秋の夜更け、辛くなってきました…。
おまけに歯が痛くなってきた。




金木犀の香りがすると歯が痛くなる。
のは私だけかなと思っていたら、そう書いていたのは、山田詠美さんだったかしら。
秋は空が澄んで、なにもかも綺麗だけれど、徐々にひんやりとしてくる空気に
ときどきちょっとさみしくなって、奥歯がきゅっと痛くなります。
(歯医者に行けってことなのか…も。)

道広さんに伺った桂花醤の作り方は、のちほどレシピブログにて。
↓瓶づめにしたらややキモチワルイ

| コンフィチュール | 12:36 | comments(3) | trackbacks(0) |