Mon journal 甘くて優しい日々のこと

ぼっちゃんパンプキンプリン


田舎から小さなカボチャが届きました。
オーブンでホイル焼きにして、中をくりぬいて生クリームとチーズ入れてもう一回
焼いて、黒胡椒とナツメグガリガリしていただくがうちの定番。(写真はこちら

が、今回はたまたま翌日が持ち寄りパーティだったので
カボチャプリンにしてみました。
もう一つ、紅玉のシーズンなので天板ひとつ…から鉄板人気のキャラメル林檎ロールを作りました。

どちらも、持ち運びが楽です。ラッピング苦手な私でも大丈夫↓





蒸してから、上をちょっとカットして、カボチャを丁寧に(ここ、大切!穴あけないように!)
くりぬく。このくりぬいたカボチャの分量をまずは計って、あとの材料を計算します。

で、プリン生地を流し込んで焼くんですが、座りが悪いので
ココット皿などがあるといいですね。ココットの上にカボチャをちょこっとのせて
(ココットやボウルはカボチャがすっぽり収まるほど大きくない方がいいと思います。
火の通りが弱くなると思うので)
湯せんしてオーブンで焼きます。


レシピは今週中にレシピブログさんにアップしますね。
さて、その秋のパーティ。なんとなくイモクリカボチャがテーマでしたでしょうか。

梨の入った白ワインサングリアからはじまって。

赤ピーマンと生ハムのサラダと、カボチャのココナツ風味のサラダ。オサレ!




里芋は一度出汁で炊いたものを片栗粉をはたいて揚げたもの。
このひそやかな出汁の味がやるな…とおもわせること間違いなしです。(誰)



これもおいしかった。只のポテトサラダなのヨと言われて気を許して食べたら、
香菜たっぷりのナンプラー風味。止まらなくなる味です。メモメモ…。



湯葉の入った白和えみたいなプリンみたいなもの。柿と浸し豆かしら。






大和芋のすりおろしがとろっと出てくる豚カツ。
友達の十八番。いつ食べてもうま!名古屋っぽい味噌と辛子でいただきます。



お椀は銀杏巾着。柔らかくて温かい銀杏。おもちと溶け合って絶品!

箸休めに、ぱぱっと作ってくださった春菊のサラダ。梅がいい仕事をしていて
ゴマがたっぷりでうま!これもメモメモ…。


カボチャニョッキは皆で作りました。バターセージ。




茹で豚と茹で豚の煮汁で蒸したキャベツ。あっさりしたキャベツでまた豚が進む。

あと写真とるの忘れたけど北あかりのコロッケも絶品でした。
たぶんジャガイモを蒸してあげただけなんだけど、生ハムとセージかな?巻いてあるの。
小技が効いている!

最後は前述のロールとプリンと、作りたての山葡萄のジュレとチーズ各種(食べれなかったけど)
ロールは残ったらお持ち帰りにできるのもいいなと思いました。



カボチャプリン、いつもは下に敷くものだから、キャラメルソースを忘れていて、
甘さが足りなかったのは内緒です。

外食とは違う幸せなおいしさで、胃も心もほんわか。食べ物の仕事をしていて
ほんと良かったと思う一晩でした。
(胃も心も…と打ったら、芋心と予測変換で出たのは内緒です。)

| パーティ | 10:15 | comments(4) | trackbacks(0) |