Mon journal 甘くて優しい日々のこと

のび。



2012年もこの写真が最初、でした。
私の最初の本「フライパンカフェ」でカメラマンの砂原さんの旦那様、
大森忠明さんが撮ってくださった一枚。
いつもののびと違うおすましの顔がかわいくて大好きな一枚です。

書こうかどうか迷ったのですが、、、
ブログにのびの写真を、折りに触れアップしてきたので、ご報告させてくださいね。

*************************************

昨年12月30日にのびが旅立ちました。
18歳。人生のほぼ半分を一緒に過ごしました。

1月末に顎にできた癌を手術して、約1年の間、老体なのに
小さくなった顎でものすごく頑張ってくれた。

今は何をやっても、ふっと、あ、そうか、のび、いないんだ。。って気がついて
その日常生活に慣れなくて、さみしい。

でも、もう解放してあげないといけない時だったんだろうと思います。
たぶんのびは、急に自分が消えてしまったら、私の心が耐えられないってわかっていたんだと思う。
だから1年の間、小さな体をどんどん小さくしながらも、頑張ってくれたんだと思います。

思えば変わった子でした。本当におもしろい子だった。
神社に捨てられていた子猫だったのに、まったく人見知りせず。

生徒さんや撮影スタッフさんには一人一人挨拶してまわり、
工事のおじさんには足元で文句を言う。(やりづらいっす…と言われました。)

ドライフードが食べたくなったら、袋をパンパンと前足で叩いて催促。
お刺身を出すと、これ食べていいんですか?と私の顔色をうかがい
生クリームのおこぼれにあずかるときは鼻にしわを寄せてちゃっちゃと音を立て嬉しそうに舐めていた。


かと思うと、6キロもあるのに、小さな猫におっかけられて部屋に逃げ帰ったり
私が拾ってきた子猫を怖がってカーテンの陰に隠れたり。
そういえば、勝手にツイートもしてました。

SDカードを整理していたら2005年からでも1000枚以上ののびの写真が。
私が撮ると、私の方を「なんすか」と向くので、かなりの確率でカメラ目線。(笑)



写真を撮られるのが苦手な私ですが、のびをだっこしていると顔が和らぐ…らしく
プロのカメラマンさんにツーショットもいっぱい撮ってもらえました。




この写真は馬場わかなさんが撮ってくださったもの。

いろんな人にかわいがってもらえて、こんな幸せな猫はいないかも。って思えます。

皆さん、今までたくさんの優しいお言葉ありがとうございました。
かわいがってくれてありがとう。

のび、18年間ありがとう。おつかれさまでした。
| よしなしごと | 14:15 | comments(24) | - |
最後って、本当に主人のために生きていてくれてるっていう感じだよね。
のびちゃん、曜子さんと出会うべくして出会って、家族になって、人生の時間を共有していたんだね。素敵な時間だったんだろうな。
天国で再会できることを祈ります。
| Rica | 2013/01/04 7:27 PM |

ようちゃん、お久しぶりです。

いつものびくんの写真を見せて頂いていたので、涙が止まりません。会ったこともないのに自分のことのように辛くて苦しいです。ようちゃんがもっと悲しい思いをされているのに... ごめんなさい。

以前亡くした猫のことやモモのことも考えてしまい、ようちゃんにお掛けする言葉が見つかりません。本当にお辛いと思います。のびくん18年間も本当によく頑張りましたね。本当に本当に大往生です。

のびくん、今まで本当にありがとう。いつも可愛い姿を楽しみにしていました。のびくんが大好きでした。ゆっくりゆっくり休んで下さい。

ようちゃん、今は本当にお辛いと思いますがゆっくりゆっくり時間をかけて癒されますよう心よりお祈りしています。
| momo | 2013/01/04 8:05 PM |

のびちゃんが
天国で楽しく遊んで
好きなものをたくさん食べて
そして、
いつもいつも変わらずに
曜子先生を見つめていてくれることを
信じてます。
のびちゃんの秋刀魚のブログ
大好きです。
| ゆー | 2013/01/04 8:48 PM |

のびちゃん・・旅立ってしまったんですね。
たくさんの思い出を残して、でものびちゃんがいつもようちゃんの様子を眺めていたいくつかの定位置がありましたでしょ(^-^)
たぶんまだそこにお座りして、ようちゃんご家族の事を見守っていると思います。
ようちゃんの様子に安心したら、本当の旅に出るのだと、、
いつかいつかのびちゃんに会いにお菓子教室に行かせて頂きたいと思っていましたが遅かった( ; ; )
| メガネ | 2013/01/05 9:59 AM |

のびちゃん…
私もようちゃんのブログを通じ、
本当にようちゃんの子供のような感じで
ほほえましく拝見させて頂いていただけに
ご逝去されたことにとてもショックを覚えます…
いつも元気な様子で写真に愛らしく映っていたかと思うと
大変な病気を持っていたのですね…
ようちゃんの傍を離れず、
たくさんの愛情を注ぎ注がれたようちゃんとの絆。
そんな光景を思い浮かべるたびに、何だか涙が出ます。
18年、長いようで短い…
いつでも、空の上にはのびちゃんがいます^^。
ようちゃんの素敵な笑顔が大好きなので
のびちゃんも、ようちゃんの笑顔のもと
お空でのんびり暮らしてくれることと思います。
どうぞ安らかに… 不器用なコメントですみません…
| kaz | 2013/01/05 1:27 PM |

曜子先生、初めまして。

私も曜子先生と同じく、ネコとお菓子が大好きな女子です。
いつも曜子先生のブログを楽しみに読んでます。

のびちゃんが旅立たれて、曜子先生もさぞお辛いと思います。
18年という間、曜子先生に愛されてとても幸せなネコちゃんでしたね。
これからものびちゃんは曜子先生のことを見つめてくれていると思います。
私もこれからも先生のことを応援しています。
のびちゃんと共に・・・
| レモン | 2013/01/05 4:13 PM |

こんばんは

のびちゃんのことは曜子先生のブログから様子を知ることができて、楽しみにしていました。私もネコ好きなので。(今現在のネコは11歳です。)18年も一緒にいると、別れが言葉で表現できないくらい辛いですね。きっと幸せな一生が送れたことと思います。ご冥福をお祈りします。うまく気持ちを伝えられずにすみません。
| ふうか | 2013/01/06 8:28 PM |

RICAちゃん
自然のまま、病院に連れて行かなかったら
1月には亡くなっていた気がします。
どちらがのびの希望だったかは
言葉がわからないからわからないけれど

がんばってくれたなあってホントに思う。
ご主人というか、友達だったなあって思います。(笑)

さみしいです。
| 若山曜子 | 2013/01/06 10:51 PM |

momoさん
いつかは来ると思っていても
やっぱり別れる日がきてしまうと
悲しくて仕方ないですね。
でも最後はしんどそうだったので
今は楽になったかなと思います。

病院ではなく、家で、私の横で息を引き取りました。
だっこしてあげてたのに、途中離れて
うとうとしてた時だったのが悔やまれるけれど。
最後一日一緒にいてあげれてよかったかな。

不思議なんですけど、2,3日
まだ家にいてくれてる気がしましたよ。^^

| 若山曜子 | 2013/01/06 10:54 PM |

ゆーさん

秋刀魚シリーズはあと2枚あって
ちょっとぶれてるのでブログには出さなかったけれど
もうホントに大笑い、でした。
この秋は秋刀魚も食べたし
夏はマグロもあげれたのでよかった。
(マグロは解凍はあまり好まなかったんですヨ。)
刺身コーナーを見るとまだぎゅっと心が痛いし
やっぱりさみしいけれど、少しずつがんばります。
ありがとうございます。

| 若山曜子 | 2013/01/06 10:58 PM |

メガネさん

実は翌日ちょっと不思議なことがありました。
私ぜーんぜん霊感ないんですけどね。
怪奇現象?ってほどでもないんですが
のびかもって思うだけでちょっと嬉しかったです。

少しずつがんばります。
| 若山曜子 | 2013/01/06 11:00 PM |

kazさん

ありがとうございます。
私ものびと過ごした18年間とっても楽しかったし
幸せでした。
最後はしんどそうだったし
今は楽になってよかったと思うことにしよう…
と思っています。
| 若山曜子 | 2013/01/06 11:03 PM |

レモンさん
はじめまして。
ありがとうございます。
猫の方が寿命が短いのだから
いつかくる…とわかってはいたのだけれど
それでもやっぱりさみしいですね。
18年のびと一緒に過ごせて
私もとても幸せでした。
最後一緒にいれてよかったです。
| 若山曜子 | 2013/01/06 11:05 PM |

ふうかさん

ありがとうございます。
18年、一緒に過ごせて幸せでした。
ホントにいい子だったなあって思います。
術後もとてもがんばってくれました。
最後も一緒にすごせてよかった。

寂しいけれど、いつか来る日だったので
しかたないなあ。

年末に旅立ってくれたので年始はどっぷり
悲しみに浸ってほぼ廃人でした。
明日から社会復帰頑張ります…。^^;
| 若山曜子 | 2013/01/06 11:09 PM |

のびちゃんとの18年はとても幸せだったと思います。確か、マークトゥエインだったと思いますが、猫は来るのをずっと待っててくれるっぽいです。またいつか会えますよ。
| kabatan | 2013/01/06 11:24 PM |

のびちゃん、旅立ってしまったのですね・・・
訃報をみて思わず涙が出てしまいました。
最初にのびちゃんにあったときの印象は、「でかっ」でした。
猫とは思えない大きな体で。
でもお教室の時にはかならず挨拶に来てくれる愛想善しの猫ちゃんでした。
でも今年手術後にあった時は、半分くらいの、小さな体になってしまってびっくりしました。
老いるってこういうことなんだな・・・とうちの親と重ねてしんみり・・・。

もうのびちゃんに会えないのはとても寂しいです。
でも先生の方がずっとつらいですよね。
少しずつでも元気を取り戻されることを祈ってます。
| mayutan | 2013/01/07 12:44 PM |

再度コメントですみません…
私には今2人子供がいますが、
真ん中に、1人娘がおりました。
天国ではもう4歳かな。
お空でのびちゃんと楽しく遊んでいますように。

のびちゃんが居なくなってから
そんなことばかり頭によぎってしまいます。
勝手な独り言コメントですみません。

返信は結構ですので…
| kaz | 2013/01/08 11:10 AM |

kazさん

ありがとうございます。
すみません。
お正月早々
なんだかしめっぽい
記事を書いてしまって…。

kazさんのブログを知ったのが
その頃…
もう4年も経つのですね。

時はあっというまに経ってしまう。
悲しんでばかりいても仕方ないですね。
ありがとうございます。
娘ちゃんの成長楽しみにしています^^
| 若山曜子 | 2013/01/08 12:45 PM |

のびちゃん。。レシピ本の著者紹介のようちゃん先生とのびちゃんの2ショットを見返していました。秋刀魚の写真のヨダレかけ姿が愛らしかったですね。
いつかお教室に参加させていただけるときがあったら、のびちゃんに会えるのかなぁと楽しみにしていました。悲しいです。
こんなとき適切な言葉がどうしても見つからず、考え込んで時間を置いてしまいました。でも今思えば、励まそうとか素敵な言葉を書こうとせず、わたしの気持ちを素直に書けばよかったなと後悔しています。
大丈夫ですか。ようちゃん先生やご家族が、以前のような笑顔に戻れる日が早くきますように。
| あやこ | 2013/01/08 9:41 PM |

のびちゃんが亡くなったとうかがい、初めてブログを拝見させていただいた日のことを思い出して涙がでてしまいました。私も動物が大好きで小さい頃から犬も猫もたくさん飼ってきて天国に見送ってもきました。本当に家族ですよね。お辛いと思います。どうぞお大事になさって下さい。
| いづり | 2013/01/09 2:30 AM |

kabatanさん
ありがとうございます。
そうですね。なんだかずっとつながっているような気もします。
今は玄関あけてものびがいないのが不思議で、
それがやっぱりつらいですけれど、
お正月お休みでよかったかな。
底氏ずつ復帰しています^^
| 若山曜子 | 2013/01/09 3:29 AM |

mayutanさん
ありがとうございます。
私も昔の写真や動画を見て
うわあ、小さくなったんだなあって思いました。
それでも術後ちょっと元気になって半年は楽しく
一緒に過ごせました。
のびが頑張ってくれたおかげだなと思っています。
さみしくなりますねえ。。。
| 若山曜子 | 2013/01/09 3:31 AM |

あやこさん

ご心配おかけしてごめんなさい。
年末年始はほぼ廃人でしたけれど
お休みだったのをいいことに、
泣きたいだけ泣いて、悲しむだけ悲しんで
それでも周りは皆私を甘やかしてくれたので
なんとかぼちぼち復活できそう…かな?
ときおり寂しくなったり涙が出るけれど
それは仕方ない…とわりきって。
のびがすこしずつ消えていくように元気が亡くなっていったので、突然交通事故とかで逝ってしまわれるより
覚悟もできていたのかもしれません。
だいじょうぶです。がんばります。
ありがとうございます。
| 若山曜子 | 2013/01/09 3:36 AM |

いづりさん
ありがとうございます。
いつか来る日とわかっていても
やっぱりつらいものはつらいですね。
でも18年も一緒に過ごせて幸せでした。

周りが私を甘やかすので
泣いてばかりで、与えられたものはパクパク食べて
動かない ザ寝正月でした。。。
頑張って社会復帰そろそろしたいと思います。
| 若山曜子 | 2013/01/09 3:38 AM |

コメントする