Mon journal 甘くて優しい日々のこと

バナナモンキーブレッド



モンキーブレッド、て小さい丸いパンがくっついた大きなパンのことを言いますが
なんでそんな風に呼ぶんでしょうね。

モンキー=おさるさん=バナナ…?

と私の単細胞な頭が思ったのかわかりませんが
(たぶんそう)
年末、かなり黒々とした危険な状態のバナナを
サッパリといただきたくて、バターケーキじゃなくて、パンにしようと思った矢先。

モンキーブレッドが思い浮かびました。



ひっくり返すとこんな感じ。
メープルシロップとバターに絡めて焼きあげるので
サッパリもなにも…という気もしますが、水分がほとんどバナナなので、香りがフワンと漂って
美味しかったです。

小さく丸めれば丸めるほど、当たり前ですがメープルシロップとバターの絡む部分が増えるので
甘くなります。私、次回はもっともっと小さく丸めて、シロップをいっぱい絡めようと思っております。
(ええ…サッパリとバナナをいただくという当初の目的はすでに消えています…。)

レシピはのちほどレシピブログさんの連載にて☆


のびのこと。
メールやコメントでたくさんのお悔やみをいただきました。

お正月早々湿っぽいブログで皆さんの気分も落ち込ませて
申し訳なかったと思う一方で

のびを実際に知ってる方もいれば知らない方もいる。
でもわたしのブログやツイッターを通して
皆さんが、のびをかわいがってくれてたんだなあって、それが私にはとてもありがたかったです。


子供の頃、飼っていた猫が死んだ時、母がたまたま不在で
ひとりで本当につらくてつらくて、でも涙も出なくて、
母が帰ってきて、母が泣きだしてから、ようやく自分も糸が切れたように
わーんって泣けた事を思い出しました。

のびがいなくなった喪失感は、けして消えるものではないのだけれど、
一緒に思い出を分かち合える人や一緒に悲しんでくれる人がいてくれるだけで
心が救われる気がします。
不思議ですね。

皆さんほんとにありがとうございました。

これからもときどきのびの小さな頃の写真をアップするかもです。
とてもかわいかったので(親バカ)
おつきあいいただけると嬉しいです。

| パン とイーストのお菓子 | 13:49 | comments(13) | trackbacks(0) |