Mon journal 甘くて優しい日々のこと

桜のおやつ


なんだか急に暖かくなって、家のそばのいつも気が早い桜の木は、もう6分咲きです。
久々のお教室は桜の花の咲く頃…と思っていたらすっかり葉桜になっていそう。

桜の塩漬けが好きなのでこんなおやつを。





材料は3つか4つ。と桜の塩漬け。
朝ふと思い立って作ったシンプルなおやつですが
つるん、ひんやり。甘さとしょっぱさと桜の香りが、かなり気に入りました。




春といえば、お誕生日。でした。たくさんのお花をいろんな人からいただけて嬉しい一日。
なぜか皆さんよくご存じでピンク〜紫のグラデーションで気持もあがりました♪


私が男性だったら…好きな人がいたら、絶対お誕生日にお花をその人にあげるな。
お花は、美しくて香りも良くて、ホントに幸せな気持ちになれるけれど
たくさんのお花を毎日買うことはあまりなくて、
贅沢な気持がするから。

そして、花を慈しむ暫くの間、くださった人に感謝するもの。

費用対効果としてかなりのものだと思うのですが…いかがでしょう?(笑)
まあでも、素敵なブーケを下さる方は大抵素敵な女性ですな。

レシピは後ほどレシピブログさんの連載にて。
| 冷たいお菓子 | 09:43 | comments(6) | trackbacks(0) |
こんばんは!
お誕生日おめでとうございます〜。
そっかー、お花のプレゼントで女性をメロメロにする理論にちゃんとした筋立てが!素敵です。

桜の塩漬け、白地に映えて絵みたい!綺麗です〜。桜湯もいいけど、甘いもの好きにはこちらのほうが…(笑)。

| hirorin | 2013/03/18 8:58 PM |

hirorinさん

ありがとうございます!
年はもうとりたくないけれど、
プレゼントは嬉しいものですね。

今年は桜の開花がほんとにはやそう。
甘い中に塩気のある桜の花っておいしいですよね♪
木村屋のあんパンの桜も好きです〜。

| 若山曜子 | 2013/03/19 3:07 AM |

お誕生日だったのですね〜おめでとうございます。
お花・・・きれいで気持ちも華やぐのだけど。
水遣りとか苦手で、我が家にはめったに花がありません・・・

バレンタイン&ホワイトデーが終わったらハワイアン、とおもっていたら、今はやりの胃腸炎なるものになってしまいました。
同僚の症状と比べるとなり軽症なのですが、この食いしん坊の私が1週間食欲がなかったことを考えると、それはそれでかなりの重症だったのかも・・・

ようやく普通に食べられるようになってきたので、頂き物のお菓子をどんどん食べていかなくては・・・
はて、ダイエット・・・は・・・?
| mayutan | 2013/03/19 12:42 PM |

mayutanさん
私もダイエットは3月から!と思っていたのですが
お誕生日月ってのはなかなかお誘いも多く
難しい〜!
かろうじてプラマイゼロをキープしております。とほほ。

お花うちの母もそうでしたけど、
でもやっぱり綺麗です‐!
| 若山曜子 | 2013/03/19 3:16 PM |

お誕生日、おめでとうございます〜。確かに花を貰うと嬉しいですね。でも、日本の殿方はプレゼントを贈るという行為自体頭にないですから期待するだけ無駄かもです(-_-;)。
桜のお菓子、キレイですね。ブラマンジェかミルクゼリーかパンナコッタかな?。意外と杏仁豆腐とか。
漸く、若山さんの著書のウーピーパイが作れました。気になってたのですが、なかなか材料と時間が揃わなくてやっとです。でも、結構難しいですね(-_-;)。一個あたりの生地を大さじ何杯ぐらいが目安とか書いて頂けると楽だったかも。
| kabatan | 2013/03/22 7:52 AM |

kabatanさん
ありがとうございます!
桜のお菓子、予想通り、ですね。
レシピブログの連載にのせています。
トンカ豆のブランマンジェをいただいて…
そこからイメージして
どんどんシンプルにしたおやつです。

ウ‐ピーパイ偶数じゃないといけないですものね。
奇数になったらやりなおして大丈夫ですヨ。
生地は多少の練りでふくらみが悪くなるものではないですから。

計量スプーンの大さじでの計量は、もったりとした生地なのでスプーンから綺麗にぬぐいとるのが難しいですよね…。
きれいに拭いとってひとつひとつ天板にのせるのは面倒だなと思ってやめました。しかも大さじ1とか2ときちんとわりきれる分量でもなさそうだったので…。
直径4センチをスプーンでのせるのが難しかったら
絞り出しの方が楽かもしれません。
1センチの丸口金などで4センチくらいの大きさに絞ります。
とはいえ、アメリカンなお菓子なのでホントはもっとビッグサイズ。大きさはお好きなふうに変えてくださって構いません。
| 若山曜子 | 2013/03/22 11:52 AM |

コメントする