Mon journal 甘くて優しい日々のこと

台北の夜市

旅行の写真ってやたらと多く整理するのが大変で、ブログ書くのが億劫になりがちなんですが
これはおいしかったので載せなくては…!と変な義務感にとらわれて、アップしています。深夜0時40分。
夜市でいただいたおやつです。

お餅を茹でて。熱々を黒胡麻かピーナッツとお砂糖にまぶしています。



冒頭の写真は、そのお餅をチョキチョキカットして、かき氷(練乳味)の上に乗せてくれたもの。
お餅だけよりもカットしてある分ピーナッツの粉がたっぷりまぶされていて、こっちのほうがおいしそー!と思ったのですが…。えんえんと餅を茹でてるおばちゃんに、かき氷が食べたい…と言うことができず、氷を食べてる人のテーブルまでひっぱって行って、指をさして「これが食べたいんですうう〜(日本語)」と訴えて注文しました。

これ、本当においしかった〜!

台湾のスイーツ、甘みがあっさりで、豆乳や氷がベース、フルーツ、豆のトッピングばかりなので
脂肪分も少ない。
点心系が粉たっぷり油たっぷりなのでその反動でしょうか。
案外、台湾にいたらスイーツ好きの方が痩せるかもしれません。


さっぱりといえばこちらが一番かな。愛玉子。オーギョウチィ。ゼラチンとも違う、つるんとした食感。味はレモンジュース。喉にすーっと優しいおいしさです。夜市の始まり近く、ロータリー辺りに出ている屋台でいただきました。

夜市の入り口。

ここは、空港に近いところ。


夏祭りみたいでわくわくします♪

前述のピーナツ餅かき氷と愛玉子は寧夏路夜市というところでいただきました。
他にも、本当にわらじ大!のフライドチキンもおいしかったなー。きっちり一つ一つストップウォッチを使って、時間を計って揚げているお兄さんの几帳面さを見て、待つ時間も(これはおいしいに違いない!)という期待に変わりました(笑)
豚足もおいしかった!


0時を回っても、賑やかな屋台。胃袋がいくつあっても足りない街、台北でした。
(そして案の定、深夜に写真を見てモーレツに食べたくなってきて大失敗…)

おまけ どうしても好きになれないのはこちら↓

「臭豆腐」
匂いほど味はきつくないのですが…(特に揚げているもの)でも別においしいとも思えない…。
周囲3mほど匂いを撒き散らしています。。
これが食べたいー!と思えるようになったら台湾人かも?


| 旅行(海外) | 00:49 | comments(6) | trackbacks(0) |