Mon journal 甘くて優しい日々のこと

梅のお酒と梅干しと。


パープルクインを漬けたお酒はこんな色に。
夕暮れどき、ちょっと早目にお仕事を切り上げられた日のご褒美…にぴったりの美しく甘いお酒になりました。(あくまでイメージです。笑)


お酒が飲めない時は梅シロップ。こちらも同じ色に。綺麗ですねえ。
味もやっぱり青梅とはちょっと違うかな。



そして最小単位で漬けている梅ぼし。暑さのあまり3日干したら干からびるのではと思ったけれど、なんとかいけそう。
赤紫蘇漬けの方もそろそろかな?





何でも手に入る今の時代ですが、梅が出回るのは、ほんとーに一瞬ですね。
旬を一番感じる果物です。
そして、あんまりにも甘酸っぱいいい香りがするものだから、思わずかじってみても、
苦いわ酸っぱいわ。。(ええ、何回か子供時代にやっています。)
お世辞にも生ではおいしいとは言えない。

そんなひとくせもふたくせもある梅を様々な方法で一年中おいしくいただく私たち。
先人の知恵をいただいてる、そんな気がします。

(梅干しなんてほんっと誰が考えたんでしょうねえ。塩漬けにしておいて梅雨明けまで待機させて三日干す、なんて。いやはやすごい)
| コンフィチュール | 16:57 | comments(4) | trackbacks(0) |