Mon journal 甘くて優しい日々のこと

カマンベールと紅玉の薄いパイ。


「パウンド型一つで作るたくさんのケーク」のケークサレに
リンゴとカマンベールのケークサレというのがあるのですが、これは、林檎が甘みのアクセントとなったお惣菜ケーク。ワインによく合います。

逆に、この組み合わせで甘さの勝ったものもおいしいかなと思って作ったのが、このレシピ。
さくさくと層になった折り込みパイでも作ったのですが、これは、「溶かしバターと水で作れる魔法のパイレシピ」の第一章のバター少なめのざっくり生地のほうがしっくりきた。
カマンベールも乳脂肪が高いから、折り込みパイだとちょっとバターを重く感じるんですよね。

ポイントは姿の見えないローズマリーの香り。カマンベールの塩気が程よくついついつまんでしまいます。

写真に載せた1枚、さくっと私がたった一人で食べきってしまいました…。
うーん…なんでこのレシピを単行本制作前に思いつかなかったか。

レシピはレシピブログの連載にて、明日アップしますね〜。
| タルト・パイ | 22:54 | comments(4) | trackbacks(0) |
曜子先生、美味しそうですね!

新刊本の魔法のレシピ、ほんとにびっくりしました。
材料の配合と手順、出来上がり、どれも全部目から
うろこでした。

まだ溶かしバターで作るパイ生地にイチゴジャムを
乗っけただけのものしか作っていませんが、
見た目より食べた時のサクサク、ざっくり感に
驚きました。
出来上がりの見た目はタルトに近いのかな?って
思ったけれど、食べてみたらやっぱりパイだ!って
感動しました。

パイ皿で作ったら周りの盛り上がってる部分を
切り分けようとしてあちこち割れてしまって
あちゃー、って思いましたがこんなブキの私でも
美味しく出来上がっていました。
少し残ったパイ生地は冷凍庫保存していますが、
ココット型にかぶせて中にはスープか
何かフィリングを入れて焼いてみようと思ってます。

そうそう、生地だけ作って丸くボールのように
丸めてラップで包みちょっと冷蔵庫でお休みして
もらったら、さて焼こうと思って取り出すと
あらっ、固っ・・・!!
もう1度しばらく常温でお休みしてもらいました。(笑)

次はカマンベールと紅玉のパイを作ってみようと
思います。
楽しみ♪

新刊本のレシピにクロスタータ、と名前の付いた
レシピが載っていて、そう言えば
アップルチェダークロスタータ、って美味しそうな
レシピが前にあったよな、って
思い出していたところでした。

| ばく | 2013/10/23 10:25 AM |

ばくさん

さっそくありがとうございます〜。
そうなんですよ。溶かしバターだからか
冷蔵庫に入れるとかたーくなってひび割れしやすい!
室温に戻してもクリーム状にしたバターで作る生地のようにべたつきはしないので室温に戻してみてくださいね!

アップルチェダー…わすれてた。。。
あれもおいしかった〜入れてもよかったな(><)
| 若山曜子 | 2013/10/23 11:24 AM |

りんご×カマンベールの組み合わせ、おいしいですよね。
パウンドは何回かリピしました。
それのパイ版なんて、また素敵♪

冬になるとどこからともなくりんごが集まってくるので(だんの実家とか同僚の実家からとか)それを使うことが多いですが、
ここはやはり正統派の紅玉を手に入れて作るべきですかね・・・
来週ハロウィンだし、パンプキンのも作りたいな〜

本を読んでいてふと思ったのですが、これって途中まではフープロでできるかしら?
でもそれだとタルトっぽくなっちゃうのかな。
あれ。そもそもタルトとパイって、違いは何なのでしょう?
最終的に層ができるかできないか、とかなのでしょうか・・?
| mayutan | 2013/10/23 12:40 PM |

mayutanさん

フープロで作る場合は、ブロック状のバターでつくる
いわゆる練り込みパイ生地(パータフォンセ)の方が
いいと思います。
この生地をフープロで作る意味はないと思います。
砕く。と 空気を含ませる。
の必要がないからです。

フープロをもっていないとか、洗うのが面倒て人にいいかな。

パイとタルトの違いですが、
私も悩んだんですよね。
そもそもパイっていう単語はフランス語ではなく…
いわゆる折り込み生地がそれにあたるかな。
フュイタージュといわれるもの、第二章の生地です。
小麦粉と水の生地にバターを折り込んでいくスタイルです。

アメリカンの練り込みパイ生地は前述のパータフォンセに近いです。ブロックバター、小麦粉、水、塩ですね。
私は、タルト生地といわれるものには卵がつなぎに入っているもの、パイ生地といわれるものはもっとシンプルに粉と水とバターでできたもの、としてとらえてます。




| 若山曜子 | 2013/10/23 12:52 PM |

コメントする