Mon journal 甘くて優しい日々のこと

ショソン


ショソンは大好きなお菓子ですが、パン屋さんで売られてる庶民的なお菓子のくせに
意外と成形が面倒です。しかもぶわっと膨らまないと…と思うとパイ生地も一番生地を使いたい。
なんだかんだでミルフィーユのほうが楽じゃないだろうか。と思います。
でも、このおいしさといったら!
本当に家で作る価値のあるお菓子です。


成形に手間取る割には、意外と早くに色づいて、美味しそうな香りを部屋中に充満させるので、
も、もう食べれるんじゃないの〜?とせっかちな私はオーブンを開けてしまいたくなります。

今回、撮影の間の中日に、友人であるメゾンベニコのベニコさんが東京にたまたまいらしたので、遊びにきて。とお誘いしました。
私は彼女の、ガシっと主張しながらも繊細な味わいの焼き菓子の大ファンなのです。
やったー!ちょうどいい。お茶がてら秘訣を教えてもらおう。。という魂胆、でした。

そして、おしゃべりしながらショソンを作り…
私は「焼き上がったかも?!もういいかも〜?」と立ち上がり、そのたびに止められた(笑)
3回くらい。

「表面はいい色だけど、見て!層の部分がまだ薄い色でしょ。」

たしかに…。こんがりとした表面とは裏腹に、膨らみ始めた層の部分はまだ色白。
結局、更に20分位入れていたように思います。

そうして焼き上がったショソンはやや色黒ではあるけれど、余計な水分が全部飛んだ分
ハラハラと崩れる食感はなんとも軽やか。そして焼き切った粉の香ばしさがたまりません。
湿度の高い夏でも、翌日もおいしくいただけました。




こちらは、ガレット。
この美しい層は焼き切ったあかしき
だからみなさんも焦げちゃう?と不安でも。もう少しオーブンに入れてあげて。
中温のオーブンでは、5分やそこらじゃ、焦げません。
その5分こそがフランス菓子になる時間なのかなと思います。

そうそう、肌寒くなってこういったパイのお菓子がひときわ美味しく感じられるシーズンですが
メゾンベニコさんも出店するマルシェドノエルももうすぐ。。
うわ、もうノエル?!と焦る気持ちも(めちゃめちゃ)ありますが、ワクワク楽しい季節の到来ですね。

<マルシェドノエル>

日時 11月22日(金)から24日(日)までの10時から16時 雨天決行
 場所 茨城県近代美術館テラスほか
     (水戸駅北口8番バス乗り場より、文化センター入り口下車徒歩3分)

HP https://www.facebook.com/Marche.de.Noel.kinbi


| タルト・パイ | 14:34 | comments(10) | trackbacks(0) |
パイもガレットもおいしそ〜
私も断然、こんがりきつね色派。
でも日本(の料理の世界)でいうきつね色って、うす〜い黄色ですよね。
色彩重視の和食の伝統からなのかしら。

でも「茶色」くても、ぱりぱりサクサク香ばしい方が好き。
パイを焼くときは横の層も焼き色もちゃんと確認します!
(わたしもせっかちなので、気になってしょうがない派ですが、「5分じゃ焦げない」というお言葉を胸に最近忍耐してます・・・)
| mayutan | 2013/11/07 12:38 PM |

お久しぶりです。
わたしのフランス生活も残り半年を切りました。来週から3ヶ月間だけはストラスブールに引っ越します。
溶かしバターの本、日本の家族に買って送ってもらいました。早く届かないかな〜(この本、どこの本屋さんにも、レシピコーナーの一番目立つところに並んでたって言ってました!)
パリで、ようちゃん先生のレシピのケークサレやサーモンムースなどを作って、フランス人にも大喜びされましたよ!!
本が届いたらストラスブールで作ってみますね☆

| あやこ | 2013/11/08 1:49 AM |

あやこさん

こんにちは。
クリスマスシーズンのストラスブール!
い、いいなあ!!!!
寒いけど
素敵ですね〜。おいしいワインとフォアグラと…
ミラベルのお酒やヴァンショー、タルトフランベ、ベラベッカにクグロフ…。
アルザスはやっぱり冬がいいかな?


逆輸入ありがとうございます。
フランス生活満喫してくださいね〜!
| 若山曜子 | 2013/11/08 8:53 AM |

mayutanさん

同じ生地でも味が変わりますよね。
好みもあるけれど、、、
そういえばパリに住む知り合いは白いパンが
すきでバゲットも薄い色を探し求めて
苦労してたなあ。
| 若山曜子 | 2013/11/08 9:17 AM |

今週末やっと簡単ざくざく!でパンプキンパイを作りました!
アマゾンのコメントでまとまりにくかった・・・というコメントがありましたが、分量通りできちんとまとまりました♪

ほんと、簡単〜早い〜でも、ちゃんと、パイ!かんどー。
ぽろぽろと崩れる生地が平面なので、これはパイ以外の何者でもないですね。
パイ皿をもっていないのでタルト型で作りましたが、あらかじめバターを塗る必要もないし、焼き縮みの心配もないし・・・
これはタルト作るより簡単かも。

しかもバター少なめでヘルシー。
冬場は本格!のリッチ感がほしいかもだけど、この手軽さ、さっくり感は夏向きですね。
来年は、夏でもパイが食べられそう・・・
| mayutan | 2013/11/12 12:39 PM |

mayutanさん
気にいってもらえてよかった〜。
アマゾンのコメントの方はその後ご連絡があって
バターを熱いまま入れた&生地を冷蔵していたそうなんです。

溶かしバターなので、冷蔵するときゅーっ生地がとしまって 
完全に室温に戻るないとのばすのが難しいんですよね…。
再チャレンジしてほしいなとおもっています。
とても簡単な生地なので。。
| 若山曜子 | 2013/11/12 5:14 PM |

こんにちは〜。
曜子先生の新しい御本、嬉しいレシピが一杯でした♪
かわいらしい飾りつけも、「ま、真似する・・・!」って思いました(汗)。ページをめくるたびにお腹が空いてたまらなくなりますよ・・・。どれから作ろうか楽しみです!!


パイはしっかり焼くこと・・・。
私も最近パイを焼いたばっかりなんですが、どうも焼きが足りないと思って、結局30分近く余計に焼いていました(笑)。オーブンの調子なんかで違ってきますよね。
私はいつも焼きすぎ?ってくらい焼き時間を長めにしてしまうので、本当にこれでいいのかって不安だったのですが、今回の記事で、かなり安心しました。ありがとうございます!
| hirorin | 2013/11/13 10:50 AM |

hirorinさん
焼き加減は好みがありますから何とも言えませんが
バターのおい生地はやっぱりしっかり焼いた方が食後感が
軽くなる気がします。
本、みてくださってありがとうございます。
今回私もどのスタイリングもツボで…
特に第二章の黒の天板がかっこよかったなー
ああいう食卓もありだなって思いました!
| 若山曜子 | 2013/11/13 12:07 PM |

たびたびコメント失礼します!寒すぎてほとんど外に出ていません。
ストラスブールでは仕事もしない予定なので、毎日家にいます笑
本が届きました〜!スタイリングもすごく素敵で、ずーっと眺めています。
早速作ろうと思ったのですが、小麦粉はtypeいくつが向いているのでしょうか?こっちで粉を買うときは色んな数字があっていつも迷ってしまいます。
ザクザク生地もサクサク生地も両方作りたいと思っていますが、薄力粉をtyped45、強力粉をtyp80と考えてレシピ通りの分量にしてみれば良いでしょうか?
ちなみに、ようちゃん先生はフランスにいるときにいつも使うおすすめの小麦粉の銘柄?などはありますか?
| あやこ | 2013/11/19 2:26 AM |

あやこさん
そうでした。ストラスブールは暑くて寒い街。。

小麦粉ですが45が日本で言う中力粉にあたりますので45で
大丈夫です。
(日本では中力粉をあまり売っていないので本では混ぜてご紹介しています。)
55をまぜてもいいですが。。

銘柄は特に私はかんがえてなかったなあ。
farine patisserieというのでもいいと思います。

いずれにしても粉もフルーツも、そしてバターが
断然おいしいから美味しく作れると思いますよ〜!

| 若山曜子 | 2013/11/19 11:44 AM |

コメントする