Mon journal 甘くて優しい日々のこと

パリのお菓子屋さん2014 その△鉢 Du Pain et des IdeesとVandermeersch


前回もいってたおいしいパン屋さん、Du Pain et des Ideesは、ガレットもすんごくおいしい。
と聞いて買ってみました。
パン屋さんのお菓子らしく、ぶわっと膨らんでる〜。



いやーおいしかったです。一昨年は、ベルガモット風味のガレット。
昨年はカシスヴィオレットのガレットが印象に残ってますが
ややもすると食べ進みにくい重いお菓子であるガレットを、
そういった酸味や香りづけの工夫をまったくしないままシンプルに、アーモンドの味だけで作りあげたガレット。
あーガレットっておいしいなって再認識するようなガレット、でした。

いつもフェーブのとり合いで盛り上がるだけで、ガレット本体は残りがちなのに、今回は子供たちと私だけであっという間になくなりました。子供は正直ね。


シンプルなガレットいいなあ。
シンプルでおいしいところは、あとはどこ?と毎年パリでガレットパーティをしてる友人に聞いたところ
ヴァンデルモルシュもうまかったよ、とのこと。
地図を見るとなんだか地の果てのような気がしましたが、メトロだと果てでも30分しないんですよね。パリって。

でガレット目的で行くはずが、あそこは週末限定のクグロフがうまいよーという
別のパテシエ君のアドバイスを聞いて頭がすっかりクグロフに。


かわいい包み方!



これがパリ一、いや、世界一だといううわさもあるクグロフ。
その真偽は別として、はげしく好み、でした。
オレンジフラワーの香りを効かせたシロップが底にびっちゃり。のさまは、ババのようでもあり。
溶かしバターと粉砂糖でできてるのか、表面のサクサク感はシュトーレンのようでもある。
真中には香ばしいアーモンド。

中くらいの大きさのをちびちびと結局4日かけて一人で食べてしまいました。
もうないけど、また食べたい。
こうなると記憶があるうちに想像で作るしかないなあ。

…はっここのガレットを買うのを忘れていた…!
| 旅行(海外) | 14:31 | comments(10) | trackbacks(0) |
インスタで、色々と印象的な写真がありましたけど、お菓子記も忘れないところがさすが若山さん。私は昔オランダに3年半住んでたんですが、地味な食生活ながら、美味しいパンを食べていたよな、と今更思っています。もうすぐ図書館で若山さんの新刊を借りる予定なので、フランスちっくな味を期待しています・・・
| チエゾー | 2014/01/23 5:09 PM |

クグロフおいしそ〜
クグロフ型のケーキはよく食べますが、本物の「クグロフ」は食べたことがありません。
年明けのガレットデロアが無理なら、日持ちがしそうなクグロフを12月にお教室でやるというのはどうでしょ〜?

昨日富澤さんに行ってきました。
やはり店頭にはおいてなくて、奥の事務所からでして来てもらいました。
富澤さん、いつも混んでてなかなか店員さんと捕まえられなくて、
短期は私はイラっとさせられるのですが昨日は粘りました。
でもリーフレットをいただいたときはすでに閉店時間を過ぎていたので、何も買わずにあわてて帰りました。
日を改めてホワイトチョコを買いに行きます♪
| mayutan | 2014/01/24 12:45 PM |

こちらのクグロフ、味わってみたいです(^^)
再現レシピ、ぜひぜひお願いします。

ガレットデロワ、今年も作りそびれ…。
他の方のコメントを読んで、エシレで購入すれば、と、後悔(^^;
来年は、私も12月に作ろうかしら。
| petitcuisine | 2014/01/26 7:58 PM |

チエゾーさん
インスタご覧になってるんですね。
楽なんでついついあちらだけになってしまいますが…。

新刊、第二章はがっつりフランスの味ですのでぜひ
お試しください。(ガレットもほとんど基本系です)
| 若山曜子 | 2014/01/27 1:30 AM |

mayutanさん
あらそれだと困りますねえ。
ちなみにどちらの店舗ですか?

クグロフね…!ここのとあとはここのより
かなーり濃厚でバターが強烈ですが
シェシーマさんのもおいしいですよ。
| 若山曜子 | 2014/01/27 1:32 AM |

petitcuisine さん

ガレットデロア…自分で作ってもおいしいけれど
今回ばかりはうーむちがう…と思ってしまいました。
ふくらみが均一でなかったりとか
そう言うことを超越した…
バターの美味しさと
アーモンドの美味しさかな。
たっぷり使うので発酵バターがマストかなとおもいますが
アーモンドにもこだわりたいところ。
(単価とカロリーの高いお菓子ですね…)
中身を軽くするかどうかも悩ましいところです。。
| 若山曜子 | 2014/01/27 1:40 AM |

リーフレットをいただいたのは横浜店です〜
でもその前の週に行った有楽町にも(少なくとも)店頭にはありませんでした・・・
横浜店ではフランボワーズのピュレだけなくなっていたので、フルティエールさんのレシピ効果はあるんじゃないかなとも思いますが・・・

ブログで紹介されていたのはカップケーキだけだったので、チョコレートのレシピも欲しかったのん。
ちなみにあれ、どのくらいの大きさのバット使用ですか?
室温だとやっぱり溶けちゃいますか?
| mayutan | 2014/01/27 12:41 PM |

こんばんは!
世界一のクグロフ!
うーん、想像するのも難しいですが、底の部分というか、型から一回りぷっくりはみ出して焼けているのかな?型の大きさなのかな?その部分もかわいらしい、美味しそうな画像です。
フランス、私ももう一回行きたい!
なんて、お恥ずかしいですが…。
以前、カフェプーシキンにだけは行けたんですよ。ようちゃんさんがブログに載せてくれたおかげです〜。オペラとタルトタタン、ピロシキなどを食べました。すっごく美味しくて最高に感動しましたよ。お値段も素敵でしたが(笑)。テイクアウトすればよかったって、今でも後悔しています(汗)。
超イケメンのお店の人に聞いてみたらカメラNGで、画像がないのが残念でした。(でもほかの外人さんは聞かずにバンバン撮っていた…)
見果てぬ夢ですが、ようちゃんさんのブログを見ながらパリの食べ歩きが夢ですね〜。
| hirorin | 2014/02/02 10:50 PM |

mayutanさん
ごめんなさい!コメントに気がついていなかった!!!
バットの大きさは12×15くらいの小さめだったかと。。
| 若山曜子 | 2014/02/03 11:35 AM |

hirorinさん
カフェプーシキンいかれたんですね。
写真、そうなんですよ。聞かなかったらなにもいわれなかったりするのに、聞くとNON!ッて言われたりね…。
わたしもあそこはショーウィンドウから撮りました。
クグロフ同じの作ってみたいんですけどねえ。
日本人にはバターの味が重すぎるかもしれないですが私は好きでした。
| 若山曜子 | 2014/02/03 11:37 AM |

コメントする