Mon journal 甘くて優しい日々のこと

スコーン&ビスケット

24日に発売となります。 アマゾンにカバーもあがってきました。
品数が多いので、これから少しずつお気に入りや、思い入れなど書いていこうと思います。

大ざっぱな私がこよなく愛するスコーンとビスケット。

少し計量を間違ったって、割とおいしくできちゃう。
小腹が減ったとき、ぱぱっと作ってすぐ焼きあがる。
好きなものをいれてアレンジしやすい。

と、数あるお菓子の中でも一番家庭向きなのではと思います。


とはいえ、本のレシピはいつものように大ざっぱにやってそのまま書いてはだめ。
何回も作って、レシピを見て、また確認で作って。
私のうちのオーブンだけでできてもだめだから、アシスタントさんだけでなく、編集さんも何回も作って確認!
ここはこう書いた方が親切?ココは省いた方がわかりやすい?と長い間時間をかけて一緒に考えてくださいました。

だから、とてもとても使いやすい本になっていると思います。

ほんとに…今年の夏は粉にすべてを捧げたというくらい、粉の消費量が多かったです(笑)



こちらはバターを切り刻む必要もない、本当にシンプルで、ものすごく簡単なもの。
ぱさつかないサクッと優しい味のスコーン。



左は以前にお教室でもご案内したハワイ風の、口の中の水分をもっていかれないタイプのふんわりスコーン。
右はロンドンのホテルで出てくるような決めの細かいリッチなスコーンです。

使う材料はとても少ないのに、ちょっとした作り方や配合の違いで、味も食感も変わってくるのが焼き菓子の面白さ。

ここで私がよく陥りやすいのが、コレにはアレがあうかも。
コレを入れると、もっと奥行きが出ていいかも…と材料を重ねていくパターン。

今回はよりいろんな人に手軽に作りやすいように…というお題で、
ごくごくシンプルで、でもおいしいもの。というレシピで考えました。
(もちろんこれを+すると更に…というものは、ちゃんと記載してますので、余力がある人はぜひ試してみてください♪)

この本があれば、どなたでも
おなかすいたなあ…スコーンでも作ろうか。どれにしようか。
とささっと見て、ぱぱっと作ってもらえる。(はず!)

書店で見かけたらぜひご覧になってくださいね。


| おしごといろいろ | 16:32 | comments(20) | trackbacks(0) |