Mon journal 甘くて優しい日々のこと

本について思う事
 今日は、まずとても残念なお知らせがあります。

「天板ひとつで作るたくさんの焼き菓子」の出荷停止のご連絡をいただきました。
絶版ではないけれど、よほどの限り、増刷はしないとのこと。


「パウンド型ひとつで作る〜」に比べて売れてない、と担当編集さんに言われていたので、なんとなく覚悟はついていたのだけれど、まだあまりこういう経験をした事がないので、ついにきた。という感じでありました。

おねいちゃんの「パウンド〜」は変わらず人気者。今なら書店さんから注文できるかな。
版元さんにもすこしばかり(数冊?)在庫はあるそうです。


最近、大好きな本(少なからず良本として有名な料理本)を知人に教えたら、絶版だったり、参考資料として買おうと思った2、3年前の本がすでに絶版で、図書館で探すしか読む方法がなかったりということが多くなりました。

新しい料理本はものすごい数出ている一方で、良本が次々と消えていく…気のせいか、ここ何年かでそのサイクルもどんどん早くなっている気がします。

本を出しましょう!と新しい企画が立ち上がるのは、とても楽しいことだけれど、その一方で、大好きな「本」という存在が、もしかして、とても軽く、薄く、そして日常から遠い存在になっているのでは?と不安がよぎります

 ********************

先日あるSNSで、代官山蔦屋が気に入らない、という文章を読みました。

「本をファションアイテムと捉えているようだ。」と。そしてその文章をきっかけに「ファッションアイテムとしてしか残らない本屋のありかた」を問われている方もいました。

読んでいて少し違和感を覚えました。

私は代官山蔦屋、わりと好きなのです。

木陰で夕暮れにコーヒーを飲みながら、大量の本を読める幸せ!中には買うのを躊躇する高価な洋書だってあります。

料理本コーナーに直行する私には料理本のことしか言えませんが、置かれている本のセレクトも比較的好みだし、探しやすいのも好きな理由の一つです。

(あとで知ったのですが…こちらに料理本をセレクトされている方の記事があります。)

もしかしたら、代官山蔦屋で売れる本と全国で何十万部も売れる本とはズレているかもしれません。いやズレていると思います。

自分の好きな本と全国ですごく売れている本がちょっとズレているように。。(「天板ひとつで作る〜」は大好きなのに(涙)…以下略。)

代官山蔦屋でも全国の書店でもどちらでも人気が出るような本を出したい、そんな思いが私の心の中になんとなくあるのも、私が時々足を運ぶ理由なのかも知れません。


******************

そういえば、以前、代官山蔦屋ではリバイバルしてほしい本のアンケートを募集していました。その結果がどうなったか、私は知らないのですが、単純にこの企画素敵!と思いました。

実はその頃、私は、自分のブログで紹介をしていた「パリっ子の食卓」という本(パリの日本語新聞の連載をまとめたもの)が絶版なのを知って、河出書房新社の編集さんに、再販するチャンスはないかとメールをしていたのです。

それがきっかけで、再販の話はトントン拍子にすすみ、今は新しいカバーで本屋さんに再登場しています。

これは何とも言えず嬉しかった。

自分の本が出るのとはまた違った嬉しさ、でした。

著者さんは、私が編集さんに熱いメールを送ったこともご存じないと思います。でもいいのです。ご自分の会社が、以前こんなよい本を作っていたということをご存じなかった編集さんを動かして、また世に良い本が出た!そこに一役買えた、という自己満足に浸れたのですから(笑)


新しい本を作るのはわくわくすること、でもすでに良い本があるのなら、まだ見ぬ世代が手に取るチャンスを残してあげる事も、大切だと思います。

下が学生時代に愛用していたもの。

バーンズ&ノーブルも、丸善も…。時折耳にするニュースだけで、今、本屋さんに足を運んでもらい、本を買ってもらうためには、大変な努力が必要なのだなと感じます。

おしゃれな外観、単価の高い文具や雑貨にコーヒー。

そんな、書店を元気にするために実践される、従来の本屋にないファッショナブルな面だけをどうこういうのなら、それはその人が実際にそこの棚に置かれている本を手に取っていないから、中身を見ていないからではないのかなあ。


主張のある本屋さん(セレクトをよいと思うか嫌いと思うかは個人の自由だけれど)、

あの本、あそこにならある、と思える棚を持つ本屋さんは強い。

そして楽しい。

その楽しさを、本屋さんに長居して、実際に手に取って本を選ぶという喜びを、

まだ知らない人たちに見つけてもらいたい。

これから先、時代や世代に応じていろんなスタイルの本屋さんが増えてくのも、またよいこと。

本と過ごす時間は、とても素敵なものだから、出会う場所はたくさんあったほうがいい。と私は思うのです。


| よしなしごと | 10:19 | comments(16) | trackbacks(0) |
「天板ひとつで…」は私のお気に入りの本です!
これからも応援しています(^ω^)/
| どんぶり | 2014/10/21 12:35 AM |

どんぶりさん

ありがとうございます♡
私もお気に入りなんです。いろいろ作ってみてくださいね!
| 若山曜子 | 2014/10/23 2:25 PM |

わたしも「天板ひとつで、、」が大好きです。ラズベリーのブロンディやざっくりサブレは何度も何度も作っていて、サブレはこの本のサブレがどれより大好き、これからお菓子作りに興味を持つ人のためにも、いつまでもこの本を残して欲しいな、、、。
先生の本は一言アドバイスみたいなのがのっていて、わたしはそれも大好きです。あ、全部持ってるんですよ(*^^*)

そうだった、、曜子先生、
このざっくりサブレにドライフルーツを入れたいなあと思うことがあって、もし、お勧めがあったら教えて下さい。

いつも美味しい本をありがとうございます。

| ゆう | 2014/10/25 7:24 PM |

ゆうさん 
わあ、すごく嬉しいです。ありがとうございます。
そして、ぜ、ぜんぶ…!もっていらっしゃるとは…。(感涙)
これからも、新しいレシピ頑張ります…!!
身の引き締まる思いです。

ドライフルーツのご質問ですが、味はお好みですがあまり表面にでてくると
こげて苦くなってしまうので気をつけてくださいね。
焼き菓子では色と酸味が好きでクランベリーを使う事が多いですが
味は白っぽいレーズンも(サルタナや、ゴールデンレーズンといわれるもの)好きです。
白っぽいレーズンを残り物のシャンパンとグランマニエにつけておいたものは
そのままつまんでも、ケークに入れてもチーズケーキに入れても美味しくて、最近ハマってます。話がそれた!すみません。
いろいろ試してみてくださいね〜!
| 若山曜子 | 2014/10/26 12:32 AM |

「天板ひとつで、」のレシピにざっと目を通しに本屋さんに行ってきますね。なくなっちゃうの大変残念です。
| チエゾー | 2014/11/03 9:43 AM |

出荷停止……残念です。ずいぶん前にもコメントしましたが、ポルボローネ、ほんとに大好きで、何度作っていることか。この本に出合ったことでポルボローネというお菓子を知り、作っては友人知人に配りまくり、その都度好評を得て、調子に乗ってまた作り……。粉まみれの手で触ったり、生地が飛んでしみになったりとぞんざいな扱いをしてきましたが、今更ではありますが大切にしますね。もう一冊、買っておこうかな。
| どらみ | 2014/12/11 1:46 AM |

どらみさん

そんなに使っていただけて本当に嬉しいです。
本屋さんにももうないかもしれませんが。。

ぼろぼろになるまで使ってもらえるのが料理本に撮って一番の幸せと思うので
幸せな本です。^^
| 若山曜子 | 2014/12/11 2:27 PM |

チエゾーさん

コメント気づいてなかったです。ごめんなさい。
本屋さんにはもう無いと思います。
| 若山曜子 | 2014/12/11 2:30 PM |

「天板ひとつで…」に載っていたタルトフランベを娘の彼氏がとてもおいしいおいしいと食べてくれたので、娘がお嫁にいくとき、この本を持たせました。
私の分ももう一冊、早く買っておけばよかったです。
| ぱんだまま | 2015/01/13 9:49 PM |

ぱんだままさん
わあ、嬉しいです。
きっとまだどこかの本屋さんにはあると思いますが。。
版元さんにも数冊は残っているかと思いますので
問い合わせていただいてもいいかもしれません。
タルトフランベ、私もよく作るんです。
おいしいですよね。
特に男性は好きかも!
ぱんだままさんが作られたタルトフランベも
娘さんが作られるタルトフランベも、愛情がこもっていて
きっと私のよりおいしいのではないかしら。そんな気がします。
| 若山曜子 | 2015/01/15 11:43 PM |

初めてメッセージ送ります。岡山に住む20代子育てママです。
私が若山曜子さんを初めて知ったのが、『天板ひとつで作るたくさんの焼き菓子』でした。アルミホイルで型を用意して作るブラウニーが大好きで、何度も作っています。
好きになったきっかけの本だったので、今回の記事を読んで思わずメッセージしました。

先生の本は、作るのはもちろんですが、見ているだけでもウットリ嬉しくなってしまうような本ばかりだなぁって思います。
これからも可愛くて美味しくて素敵な本に会えるの楽しみにしてます(^^)
| yuka | 2015/01/23 7:39 PM |

yukaさん

はじめまして。「天板〜」愛用してくださってるとのこと、
とてもとても嬉しいです!

本を作るのは私だけでできることではないので
スタッフ皆さんの力のおかげではあるけれど、それでもやっぱり嬉しいな。
これからもがんばります〜!

| 若山曜子 | 2015/01/24 6:35 PM |

初めまして。この本がどうしても欲しくて、ずいぶん探して古本屋で購入しました。早速ざっくりサブレを作ってみたのですが、おいしいですね。買ってよかった!
でも、一つ質問があります。レシピはサブレ40〜45個分となっています。でも、どうしてもそんなにたくさんは出来ないのです。
レシピの手順3.のとおりに、3儚僂把垢毅横記僂遼西にまとめ、手順4.のとおりに厚さ1僂棒擇襪函■横妓弔靴サブレはできないはずです。
1僂慮さというのが間違いなのか、サブレの個数が間違っているのか、疑問です。ちなみに、わたしの手持ちのオーブンでは、厚さ1僂脳討と、指定温度で12分では焼き色が弱いです。
棒状にするとき、45僂覆里任垢ねぇ。
もし、アドバイスを頂戴できたらうれしいです。
| ゆうこ | 2015/05/29 12:07 AM |

ゆうこさん
はじめまして。こんばんは。
実はそうなんです。おそらく8ミリから1センチで作っていて
数がまちがっています。25センチですから、1センチですと
25個しか作れないんです。
ごめんなさい(><)

気づいてはいたのですが、増刷がかからないまま、
直せないままとなってしまいました。(涙

こういうミスに関しての修正は、版元さんのご判断になりますので
またなにか発見されたら、お手数なのですが出版社さんにご連絡いただければと思います。

またオーブンの温度設定と時間はあくまでも目安です。オーブンの庫内の温度表示もメーカーさんによってけっこう違います。(もっというと、庫内のどこの部分の温度をさしているのか。手前と奥で温度が違ったりもします。)

ブログにも何回か温度設定に関してはアップしているのですが、乾燥させるクッキーのようなものは、単純に時間を少しずつのばしていけばよいのですが、ケーキのようなしっとりさせたいもの、柔らかいものは5分伸ばしても焼き足りないなと思ったら、温度を上げていってください。(10分以上のばすと乾燥し食感が変わってくるおそれがあります。)
またこげやすい場合はアルミホイルをうえにかぶせるなども必要になることがあります。

本を作る際は、うちの家のオーブン(ガス)、アシスタントさん、編集さんのオーブン(電気)でやって、中庸というか、一番失敗が無いだろうと思われる温度と時間をいれていますが。。。なかなかむずかしいんですよね。。

長くなってしまいました。
天板本を見つけてくださって本当にありがとうございました。
今思うと後悔する部分ももちろんところどころにあるのですが
(今回のミスもですね。なんで気づかなかったか。。)

私自身、繰り返し作ってるレシピばかりです。
ゆうこさんにも末永く使っていただければ、うれしいです。
|
| 若山曜子 | 2015/05/29 1:06 AM |

早速のご返信、痛み入ります。
あとでブログを拝見し直したら、問い合わせは出版社に、と注意がありましたので、本当に申し訳なく思いました。ごめんなさい。
お忙しいなか、ご丁寧に回答いただき、感謝申し上げます。
数が違っていたのですね。納得がいきました。
結局は、少しだけ焼き時間を延ばして、本の写真を参考に色を見ながらタイミングを計って、結構うまくいきました。家族にも好評で、みんなで大事に食べていました。

本当に良い本ですよね。私は大好きです。
若山先生の本はどれもそうですが、シンプルなようで、ひねりがあって、とても洗練されている。
何より、おいしい。いつも美しい本を世の中に送り出してくださって、ありがとうございます。

これからも、ずっと先生のレシピを大切にして、楽しく作り続けようと思います。
ますますの御活躍、心よりお祈り申し上げております。
今回は不躾な質問で大変失礼いたしました。どうぞお許しくださいませ。暑い日が続いておりますが、どうぞご自愛のほど。
| ゆうこ | 2015/05/29 9:35 PM |

ゆうこさん

嬉しいお言葉ありがとうございます。
こちらこそ、本当にごめんなさい。
実用書なのだから、作っているときに読者の方が??って思うようなところ
あってはいけないのですが。。。
いかんせん、おっちょこちょいで大ざっぱなで…実はケアレスミスが多いんです。

私のレシピをおいしいと思っていただけるとしたら、ゆうこさんと私の
味覚が一致したということ。「おいしい」を捉えるのは本当に難しいことだから
とてもとても幸せな出会いで、古本屋さんで見つけてもらえてよかったなあ。幸せな子(本)だなあとおもいます。
これに懲りずこれからもどうぞよろしくおねがいいたします。
| 若山曜子 | 2015/05/29 11:34 PM |

コメントする