Mon journal 甘くて優しい日々のこと

目分量。〜スコーンの水分量について。

「ジャーサラダ」が話題のようで、あっという間に品切れになってしまいました。。
大きな本屋さんとそのネットショップにはまだまだあるのですが、Amazon、楽天ブックなどが全滅で皆さんにご不便をおかけしてしまっているようです。
(まだ在庫がある書店&ネットショップ。全国の書店の検索もできます →丸善&ジュンク堂さんのネットショップ紀伊国屋さん 有隣堂さん

私も皆さんに見てもらいたいのに…。歯がゆい気持ちで、増刷分が世に出回るのを待っております。(3刷分は19日にできる予定です。)
これから、どんどんジャーサラダの本がいろんな先生で出るようなので、それもなんだかわくわくします。(瓶を買ったからには、いろんなレシピ試したいですからね!)

でも、単なるお祭りみたいなブームではなく、楽しい!便利!と皆さんが実感し日常生活に取り入れてもらえたら嬉しいな。

**************************
さて、前置きが長くなってしまいましたが、写真は、在庫切れが続く話に焼きもきしながら作った焼き芋のスコーン(早口言葉のようだ。。)

分量…を覚えていないのだけど、焼き芋が大体80gくらいかな、つぶして、基本生地に混ぜただけです。水分(牛乳やヨーグルト)をいれるときに、一緒にいれて、いつものスコーンと同じくらいの固さになるように水分を調節しました。これはかなりおいしいスコーンになりました。でも、もう二度と同じ味はできません。(笑)

でもねっそれってきちんと計っていても結構難しいものなんです!

目分量、という言葉、お菓子ではわりとタブーですが(笑)
でもお芋などは本当にものによって、ねっとりベッタリだったり、ホクホクだったり…実はグラムでレシピには表記しづらいもの。
スコーンの場合、いつものスコーン生地の固さを覚えておき、そこを最終地点として、目、というか手の感覚で、作るのが一番いいです。


これからの季節、乾燥が続き、粉の水分量が結構変わってきます。
本の通りにしてたら粉がぐんぐん水分を吸ってまとまらなさそうという場合は、
気持ち粉を少なめに。もしくはもう粉を入れて作り出してしまっていたら、
牛乳なり生クリームなりまとまるまで分量から少しずつ(小さじ1杯ずつくらい…どんなに多くても大さじ2杯プラス、にはならないかと)増やしてくださいね。
牛乳も生クリームも分量が足りないって言う場合は水でかまいません。
無理にぎゅうぎゅう練らないこと!固くなっちゃいます。

粉も足しちゃった、水も足しちゃった、なんか量が全体的に増えた!ってなった場合は、他の材料も足さないとバランスが崩れてしまいますが、水分量に関してはそこまで味に影響は無いと思います。

まとまる、作りやすい生地というのは=美味しい生地!となんとなく思って気楽に作ってみてください。


| よしなしごと | 12:53 | comments(5) | trackbacks(0) |
焼き芋のスコーン…おいしそうですね(≧∇≦)
ちょうどさつまいもがあるのでチャレンジしてみたいです!
あと先日、本に載っていた抹茶あずきのロールスコーンとレモンのパイ風スコーンをつくりましたが、レモンのほうはジャムの部分の生地が生っぽくなってしまい、逆に抹茶あずきのほうは気にして焼成時間を伸ばしたためかパサついてちょっと固い生地になってしまいました(´・_・`)
オーブンの熱風モードを使用したのですが、それも何か影響ありますでしょうか?
ジャムやあずきなど水分があるものを入れた時の注意点などあったら教えてくださいm(_ _)m
長文の質問ですみません!
| みーち | 2014/12/19 9:06 PM |

みーちさん
こんばんは。
たくさん作ってくださりありがとうございます。

うーん。。熱風モードって言うのが
どういうものなのかよくわからないので
正しくご質問に答えられる不安なのですが
レモンの方は、ちょっと汁気が多かったのかしら?
マーマレードをもう少し煮詰めたら解決するかも?と思いました。
固めのジャムを意識してしっかり(でもこげないように)
煮詰めてみてください。

そして抹茶あずき、、焼成時間どれくらい伸ばされましたか?
以前マフィンかなにかでブログにも書きましたが、提示されてる時間内に焼き切れるのが理想的です。
12〜15分くらいと書いてあるものだと伸ばしてもMax20分(18分かなあ)がぎりぎりかなと思います。
それでも焼き切れてない感じがする場合は焦げない程度に温度をあげてください。(予熱をまずは10度あげるといいかもしれません。)
焼き時間内に焼き切るようにすると乾燥しないと思います。
他のロールに比べて抹茶ロールは、抹茶を溶いた水分量なのか、あずきのおかげか、表面はさくっとしているけれどふんわり仕上がるんですよね。
次回は美味しくできますように…!
| 若山曜子 | 2014/12/19 11:51 PM |

お礼が遅くなりましてすみません!
ご丁寧にアドバイスありがとうございます!!
マーマレードのほうはなかなかの固さだったと思うのですが…次回はもうちょっと気をつけて作ってみたいと思います。
抹茶のほうはだいぶ焼成時間伸ばしていたと思います(^_^;)焼き時間内に焼き切れるように予熱温度を上げてみようと思います。それか天板の位置をもう一個上にあげたほうがいいんですかねぇ…。考えてみます!
本当にありがとうございました!めげずに頑張ります!
| みーち | 2014/12/22 9:06 PM |

目分量、っていうか感覚的に生地が作れるようになるといいのでしょうね。Yoshimi Ishikawa LandemeineさんのインタビューがCotta
っていう通販サイトに載っていて、やはり、パン生地でもそれは言えるそうです。

パン生地をそのくらい自在に作るのは難しいかもしれないけれど、スコーンだったらやってみたいかも・・・・ってちょっと思いました。

若山先生の新刊がいろいろあって、嬉しい最近です。

特にジャーサラダの内容は話題にのぼっているようですね。

これからも楽しみにしてます♪
| チエゾー | 2014/12/28 3:49 PM |

チエゾーさん
パンは特にそうかも。
材料が少ない分、材料の水分量や気候にも左右されやすいです。
毎日同じ味を作るぱんやさんはさすがプロだなとおもいます。
新刊、ちょっと立てつづけですね・・
本屋さんでご覧になっていただけると嬉しいです♪
| 若山曜子 | 2015/01/02 12:13 AM |

コメントする