Mon journal 甘くて優しい日々のこと

バターで作る/オイルで作る マフィンとカップケーキの本

バターで作る/オイルで作るマフィンとカップケーキの本」が発売となりました。

今回は、食べてもらった人それぞれでお気に入りが不思議なほど、違いました。
(約50種類×6個分の仕上がりを作り、プロセスカット、前日の確認の試作、などをいれると、300個以上、撮影でマフィンができたんですねえ。恐ろしい、、、)

仕事関係の男性群にはバナナとかブラウニーといった定番。
撮影を聞きつけてやってきた友人の息子(小学生)は意外にも大人っぽいオレオカフェモカを絶賛。
同世代の友人がおいしい!といったのは爽やかなグレープフルーツや紅茶マーマレード、
若いアシスタントちゃんがこれ好きです!といったのは濃厚なリンツアートルテ。

撮影スタッフに人気だったのは、素朴なりんごとくるみ、クリーミイなアボカドメープル
甘しょっぱいチェダーチーズアップルなど。など。
そしてなんといっても写真のシフォン。
カップケーキ型で焼くシフォンは、型抜きを気にしないで、ぺりぺり剥がせば、つるんととれます。
できるかな?のゴン太君みたいで(歳がばれる)なんだか動き出しそうでかわいい〜♡
もちろん紙カップに入れたまま、上にぽんっとクリームを乗せても。
持ち運びが便利でプレゼントによいかもです。

前半粉多めのマフィンが続いたこともあり、中盤登場のふわんふわんのシフォンは
大人気であっという間に無くなりました。


こちらはなんといってもルックスが好みだったマフィン2つ。お皿もとってもかわいらしくて写真もお気に入りです。
抹茶とフランボワーズという苦み×酸味の組み合わせと黄桃とサワークリームの、ちょっとチーズケーキっぽいマフィン。

もともとよく作るのはヨーグルトと溶かしバターのシンプルマフィンやバターの基本のマフィン。

この本のために、極力シンプルに(私にしては)ヘルシーにと思っていろいろ試してできたキャロットケーキやジンジャーミルクブレッドも今回お気に入りとなりました。

そして卵なしのオイルの基本のマフィン…も実はけっこう作っているんですよね。
コナコナ、サクサク、香ばしくておいしい。
大きい声では言えませんが、今でさえかなり多め配合のメープルシロップを
さらに大さじ半分くらいかな?追加してリッチにするのが好き。
同じく甘党でメープルシロップを贅沢に使ってもオッケーよ!という方は追いメープル、おためしください☆
卵を使わないので材料を半分するのも3分の1にするのも簡単。
ちょっと食べたいなっというときも罪悪感無く気軽に作れる、便利なマフィンです。

しかしスコーンもマフィンも元々よく作る好きなお菓子なのに、撮影後2ヶ月くらい食べたいと自発的には思わなかったなあ…
撮影のときには既に食傷気味ですしね。
今手元に届いて、美しい写真を眺めてようやく作ってみようかなと思えてきました。(笑)

さて何から作ろうかな。
| - | 03:45 | - | - |