Mon journal 甘くて優しい日々のこと

ウィークエンド

写真は私の大好きなお菓子、ウィークエンド。
「パウンド型ひとつで作るたくさんのケーク」では卵を立てるふんわりとした食感でご紹介していますが
「レモンのお菓子」では、混ぜるだけ、でもう少し簡単に。でもサワークリームを使って
すこし軽やかさをだしています。

サワークリーム入りの生地は混ぜやすく酸味が心地よいので、私は大好きで、
いろんなものに少しずつ配合を変えて入れようとする傾向があります(笑)
水入りヨーグルトで代用できるものもありますが、もちろん味は変わります。
油分のパーセンテージが違うため、焼き菓子に使用する場合は食感自体も変わってくるので
ご注意くださいね。

さて、「レモンのお菓子」昨日3刷のご連絡をいただきました。
これでGWあけくらいには欠品が解消されるといいのですが。

レモンの旬は実は真冬。でも食べたくなるのは初夏。ですよね。
幸い冷蔵保存がまだ出回っていますから、いろいろ作っていただけると嬉しいです。

雑誌では「美的」で家のみレシピをご紹介しています。
アボカドと空豆のスパイシーな春巻きと、オレンジのサラダ。

オレンジのサラダは本当はフェンネルを使うのですが、日本では香りの強いセロリで。
コレもナカナカおいしいです。

グラスも紹介していて、こちらは木村硝子さんのもの。

ただ、今回どこかで手違いがあったのかわからないのですが
私の赤が全く反映されないまま記事が出ていまして。
幾つかこちらで修正箇所をお伝えします。


木村硝子さんのグラスはLでなくてMサイズを使用しています。
お気に入り理由はお菓子などのデザートにも使えること、スタッキングできること。口当たりがよいこと。
そしてステムがないほうが、くいっと喉をあげなくて女性の飲みかたとしてはエレガントだよねと
ワイン通の男子に言われたことも余談としてあります。
がメインの理由ではないです。(笑)

オレンジと空豆は、今が旬。とりわけ国産の柑橘は輸入物に比べて安心感がありますよね。
記事では輸入物の説明しか無いようですがぜひ今が旬のいろんな柑橘をお使いください。
あわせたワインはオレンジの産地つながりで、シチリアのものにしました。
オリーブオイルとあわせるだけで甘い野菜のように感じられてサラダとしてもおいしいものです。
アーモンドもシチリア繋がりでぜひ。

また春巻きはやや細めにくるくるっと巻いていますが、油の使用量は普通の春巻きとあまり変わらないはずです。
ただたっぷりの油でなくても春巻きは大丈夫。
家のみのときはこんな感じもいいかなというご提案でした。

さて明日からまたお菓子の本の撮影が続きます。
レモンに続いて、皆さんに喜んでもらえるようなよいものができますように。
 
| - | 10:00 | - | - |