Mon journal 甘くて優しい日々のこと

タルトタタン

 

「りんごのお菓子」、アマゾンの欠品がようやく補充されました。

そして長らく品薄だった「アーユルヴェーダ治療院のデトックスレシピ」もこの夏増刷がかかり

「焼きっぱなしオーブンレシピ」も先月7刷のご連絡をいただいています。

 

確かにオーブンがそろそろ使ってもいいかなあ、なんて思ったりする季節です。

スーパーにも紅玉が出回ってきました。

 

りんごのお菓子の中で私が最もよく作っているのは何と言ってもタルトタタンです。

 

パリにいた頃は、サントノレ通りのJPエヴァンでタルトタタンを食べるのが大好きでした。

ショコラティエですからチョコレートもモチロンとびきり美味しくて、

どうしてもタタンもチョコレートも食べたいという時は

ドロッドロのホットチョコレートを一緒に頼んで、半分くらいまでは本当にシアワセで、、

でも最後には胸が苦しくなり、帰り道は後悔したものです。

 

エヴァンさんのタルトタタンはりんごの部分の高さがあって、

ほとんどりんごを食べているような感じ。

ただ私はパイの部分も大好物なので、もう少しパイが多いといいなと思っていたので

自分で作る時はエヴァンさんのよりは平べったいタタン。

 

りんごの部分にはあまりバターを入れません。

パイを一緒に口に頬張りたい私としてはりんごにはバターはそんなにいらないんです。

その分、砂糖の甘味をダイレクトに感じやすいので、カラメルはかなり濃いめにします。

ここが明るいきれいなキャラメル色だと甘ったるいだけのお菓子になってしまう。

 

最後にグラニュー糖を振ってコテでキャラメリゼすると艶々と美しいべっ甲のようになりますが、飴の部分が多く舌に残るのがあまり好きじゃないので割愛。

 

単純なだけに、とにかくキャラメリゼの具合がこのお菓子のポイントです。

プリンのキャラメルもですが、薄いキャラメルだとバランスが悪いんですよね。

キャラメルは分量では伝えきれないお菓子だなあと思います。

 

またこればかりは酸味の強いりんごが合うと思います。

酸味が弱いりんごだと砂糖とバターの量に負けてしまう。

 

酸味と苦味と甘み、が混じった大人のお菓子。

私の最もすきなお菓子の一つ、です。

 

ずいぶん前にエヴァンさんのタタンはメニューからなくなってしまったけれど、

もしかしてこの冬は再開していないかしらと思ったり。

冬のパリでまた食べることを夢見ながら、自分で作っています。

きっともうでも、ホットチョコレートと一緒に完食はできないだろうなあ。。。

 

 

| - | 21:43 | - | - |