Mon journal 甘くて優しい日々のこと

秋を瓶に詰める

いきなり秋が来た感じがしますが、気がつけばもう10月も中旬を過ぎているわけで、寒くなってきても当たり前なのですね。

最近全然頭の回転が日にちについて行っていなくて、ぼーっとしているとすぐに1週間経ってしまうので実は私だけ1日10時間くらいしかないのでは。。なんて思ってしまいます。こんなことでは年度末までもあっという間。(ぞぞ。。)

 

そんな毎日ですが、昨日「りんごのお菓子」増刷のご連絡をいただきました。

 

桃やネクタリンが消えて悲しいのもつかの間、(つかの間でもないんでしょうけれど、私にはつかの間)果物コーナーにはいろんな種類のリンゴが並びだしています。気軽にいろんなレシピを作ってもらえると思うので、今の季節に増刷がかかって、とても嬉しいです。

 

りんごはせっせと生でも頂きますが、加熱した美味しさもまた素晴らしい果物。

ちょこちょこいろんな種類のものを作って、その美しい茜色も楽しみます。

 

ところで、研究家を名乗っているのであまり大きな声では言えませんが、私は細かい作業、時間がかかる単純作業がこの上なく苦手。

なので渋皮煮などはいただくのは好きでも、過去2、3回しか作ったことがありません。

 

時間はかかるけど、手間はかからない梅仕事、

意外にも短時間でささっとでき、しかも煮ている間にもどんどん状態が変わっていくさまを見るのも楽しいコンフィチュール作り。

この二つは食べるのと同じくらい作るのも大好き。

 

 

りんごのお菓子では幾つかりんごの瓶レシピをお出していますが

定番を楽しんだ後、ぜひ2つ目に作っていただきたいのはチャツネ。

ハムや豚肉料理に添えたり、、カレーに入れたり、いろいろ楽しめるし、

意外な美味しさがプレゼントにもいいかなと思います。

 

前にも雑誌で書いたのですが、コンフィチュール、作るのは好きですが、毎年最小単位、

1瓶づつくらいしか作りません。それくらいだと思い立ったときに小鍋でささっとできちゃう。

保つのだから、もっと作ればよかったと思うこともあるのですが、

その果物の旬に作り、シーズンの終わりが来て、しばらくして我が家のコンフィチュールもなくなる。

ああ、また来年か。と名残惜しいくらいが、ごちそうに思うのです。

(写真 福尾美雪さん 天然生活ブックス りんごのお菓子より)

 

| コンフィチュール | 15:38 | - | - |