Mon journal 甘くて優しい日々のこと

ストウブでご飯をたく

 

新刊のご紹介が遅くなってしまいました。10月に2冊発売されております。

1つはストウブごはんココットレシピ。

 

私はこの仕事をしている割に、鍋はあまり数を持っていなくて、ストウブは16センチを2つ。

フランスのセールで買ってえっちらおっちら持って帰り、ほぼ毎日愛用しておりまして、それでごはんも炊いています。

 

この仕事をするようになって、スタイリストさんに、「若山さんのそれストウブ16??なんか違う。かっこいい。」

と言われることがたまにあり、 はて。(セールだったからなんかおかしいのかな。。)と思ってたら

今回ようやく謎が解けました。

 

私のは旧型で高さが今のものより、かなり高いみたいなのです。

なのでごはんも2合くらいまでいけるのだけど、今の16センチだと結構ギリギリ、、厳しそう。

 

 

昨年発売されたごはんココットというお鍋は、ストウブらしくない甘めのデザインで、

正直私は自分が持っているものの方が愛着があるせいか好きなのだけど、

底の丸みはごはんを炊く時に対流しやすい、そしてこげつきにくい

など利点があり、高さもあるのに少し薄いからか、従来のものより軽く感じます。

 

そして2合サイズはかなり深いので、私の持っている16センチですら、入らない具沢山煮物系もたっぷり入ります。

なのでメーカーさんからの希望もあり、これだけで満足!な具沢山のスープ系というストウブの得意分野も最後にご紹介しています。

 

 

そう、今回の目標は「1品で胃も心も満足できる」こと。

私は、満足感というと、どうしても炭水化物が欲しい。それもやっぱりお米が一番。

 

今回は、美しく味わい深い季節折々の和風な炊き込み御飯は諦め(すでに沢山素晴らしい本がありますしね)

お肉も野菜も入れて、その旨味もごはんに染み込ませるもの。

野菜が入れば米の量も減りますし、栄養バランスも悪くない、罪悪感を感じない(笑)

そんなごはんをメインに考えました。

お鍋ごと食卓に出して、湯気がわーっとたてば。

あとは何かお味噌汁や買ってきたお漬物や野菜か果物でもあれば、十分。

 

頑張りすぎないで作れる1品で満足なごはん。

見てもらえると嬉しいです。

 

*ごはんココット、新宿伊勢丹イベント予定。うっかり告知を忘れていて、、満席となっていますがキャンセル待ちもできるそうです。

https://isetan. isetan.jp/…/main_…/kitchenstudio/index2.html 

 

 

*今月のお仕事*

・ミセス12月号でクリスマスのケーキを2品紹介しています。簡単だけどミセスに合わせて華やかなものにしてみました。なんとラッピングはいつも素敵な福田里香さんが。感激でした。

ミセスらしい、なんとも豪華なメンバーでのクリスマス特集。そんな中に私も入れてもらえて嬉しかったです。

こちらもぜひ。

・サルース12月号、MOM12月号でクリスマスディナーのレシピを担当しています。後者はイオングループのカードを持っている方しか見れないみたいですがサルースは東急沿線の駅に無料で配布されていますのでぜひごらんください。高架下がリニューアルされた中目特集です♪

 

 

 

 

 

 

| ヨーロッパの料理 | 10:46 | - | - |