Mon journal 甘くて優しい日々のこと

鶏肉のタジーン というか、鶏じゃが
二子玉川に買い物にいきました。帰りに「ジャンズ」でベトナム料理を食べようとうろうろしていたのですが、道に迷って、マグレブ料理屋さんの前を通りました。かねてから気になっていたので、チャレンジしたのですが…

クスクスがクスクスではなくて、なんとか麦っていう押し麦みたいなのだったのです。 これはこれでいかにも体によさそうでいいんですが、 上にかかってきたクスクスにほとんどスープがない。しかもロワイヤルっていうのを頼んだのに、お肉は子羊の串焼き一本のみ。二人でとりわけられますって書いてあったのに、なんじゃこりゃ。
あとはかぶと人参…これで2500円くらいってどういうこと??

ロワイヤルっていうのは鶏と羊とメルゲーズがのったミックスじゃないの?
しかもアリサ頼まないとくれないし。
サービスも…。最近新しいお店にチャレンジして失敗が多い。
ここで初めてクスクス食べていたら、クスクスっていまいちって思ってたと思う。悲しいことですなー。

でもここでいろんなものをちょこちょこ売っていて、チキンタジーン用のミックススパイスを売っていたので、後日作ってみようと袋に書いてあった原材料と作り方をメモ。(せこい…)
タジーン用って書いてあったけどタジーンて油たっぷりの煮込みだと思うので 記載されている作り方とは本場のはきっとちがうんだと思います。

マグレブ風鶏じゃがって感じでしょうか。
材料
鶏肉、じゃがいも、玉ねぎ にんにく
コリアンダー、サフラン、胡椒
レモン 、香菜、パセリ
水 適量

作り方は肉じゃがと一緒です。しょうゆ、みりんのかわりが各種スパイスと最後に入れるレモン。パセリとコリアンダーを散らしできあがり。

以前に見学したサロン風お料理教室でチキンとジャガイモのカレー風味を習ったんで、それとほぼ同じ作り方でいってみます。ジャガイモは水を入れる前に表面を油でコーティングするように、ソテーすると絶対煮崩れないそうです。味が足りない場合はコンソメをいれてもいいのかも。

最後のレモンがポイントです
うーん、紹介しておいてなんなんですが、
そんなでもない味です。油を入れたほうがよかったのでしょうか
鶏肉って皮の脂肪が多いから油なしで作っちゃうんですよね。
あと、クミンをホールで入れて炒めるときっともっとおいしいかと。
でもそうなるとますますカレー味になりますね。。

スパイスを入れないで、にんにく、ねぎ、ジャガイモ、鶏を
コチジャンとごま油、しょうゆで味付けすると
韓国風鶏じゃが。韓国人の友達が以前作ってくれたのですが
こちらはごはんにぴったり。


あー。しかしあの店にはびっくりした。
スープとクスクスはおかわりオッケーなパリのクスクス屋さんが懐かしいです。(でもおかわりするほど食べれることは決してないんだけど)
| アフリカ 中近東の料理 | 21:53 | comments(2) | - |
それはロワイヤルじゃないね!!!なんとまあ、しかも2500円とは!ほんと、初めてのクスクスがそれじゃー、二度と食べたいとは思わないだろうなー。
タジーンがマグレブ風鶏じゃがだったとは!そして、ちょっと味付けを変えると韓国風になるなんて。笑
世界ってつながってる?!
| あゆこ | 2007/08/02 9:30 PM |

そうでしょー!!(怒) メルゲーズはしかたないとしても、スープがないなんて許せないよね??
タジーンはたぶん、鶏じゃがじゃないと思う…。そんな店の作り方をメモして帰ったから、そういう味になったんだよ。きっと。でも韓国風は私もパリで友達に教わったからそっちでも簡単にできるよ。コチジャンだけあれば。作ってみてね。
| ようちゃん | 2007/08/03 2:05 AM |

コメントする