Mon journal 甘くて優しい日々のこと

豆を煮る


鏡開きで、ぜんざいをいただきました。
おーちゃんの実家のキッチンには石油ストーブがあり、上にやかんがのってしゅんしゅん音を立てていたり、お鍋がコトコト煮えていたり、おもちを焼いてくれたりと大活躍なのです。
 
寒ーい中おうちに帰ったら、キッチンでお豆がコトコト煮えている。。
いかにも暖かそうであこがれます。

ま、でも時間はかかりますが、豆煮るのって面倒なようで案外楽チンです。
フランス生活ではレンズ豆の水煮缶が安くて(その割には微妙にハーブも効いていて)おいしかったので、サラダにスープに大活躍でしたが、乾物でレンズ豆を買ってもそれほど、柔らかくなるのに時間はかかりませんね。

小豆も一度、茹でこぼした後コトコト煮ていたら、おいしくできました。
私はお砂糖は小豆の重量の7割くらいにして、上白糖を使うのが好きです。
グラニュー糖だとこころもちあっさりします。
うちは石油ストーブがないので、ずっと火をかけてはいられないけど、炊飯器でずっと保温にしておいてもいいかも。あとは湯沸しポットとか。(ポットは洗うのたいへんそうですが。)

白玉やおもちを入れて食べてもおいしいけど、水を多めにして小豆スープのようにして、豆乳で作ったプリンの上にかけていただくちょっと香港風(?)なデザートにしてもおいしいのです。
| 和菓子 | 02:30 | comments(2) | - |
子どもの頃住んでいたのが、北海道。 冬はストーブの上でお湯を沸かすとか、お餅を焼くとかしてましたよ。 冬の乾燥からも守ってくれて、煙突は簡単なアイロンにもなったんですよ。なつかしい〜。

今の家にストーブは無いのでそれも出来ません。もうすぐお味噌を作る頃ですが、それこそコトコト大豆を煮るにはうってつけですよね。


豆乳プリンに小豆ですね!?  それも美味しそうですね。
| totto | 2008/01/18 4:54 PM |

そうそう、エアコンと違って乾燥しないんですってねー。
匂いがちょっと微妙だけど、あれも懐かしい感じがしました。
お味噌も作るんですかー。すごい!
| ようちゃん | 2008/01/19 3:41 PM |

コメントする