Mon journal 甘くて優しい日々のこと

杏仁で作る一味違う、杏仁豆腐



大学生の時、バイト先の店長が、おいしい杏仁豆腐を食べさせてあげよう〜と代官山のおしゃれな中華料理屋さんに連れて行ってくれました。

今でこそ、どこでも、コンビニにすら、とろっとした杏仁豆腐があるけれど
はじめて食べたその杏仁豆腐はいつも食べていた菱形の寒天じゃなくて、とろりとして、クリーミィで衝撃的なおいしさだったのです!

その後、そこのシェフが松涛にお店を出したと言うことで、ランチに行って追加で杏仁豆腐を頼んだら、(その頃には、いろんな所でとろり系杏仁豆腐を食べていたのだけれど) やっぱりおいしかった。

杏仁は高価なのでなかなか買う勇気なかったのですが、古本屋さんでたまたまそのシェフの本を見つけ、分量をなんとなく記憶して、その勢いで杏仁を購入。

アーモンドのかわりに杏仁を使っているブランマンジェ…というイメージで作ってみました
(英語ではalmond jellyと言うそうですし。)



これが杏仁。


スプーンですくうと崩れてしまう。かなりトロトロに仕上がっています。

杏仁 15g
グラニュー糖60g
水 200cc
板ゼラチン8g(氷水に入れてやわらかくしておく)

牛乳 300cc
生クリーム 47パーセント 100cc

^豹里鬟奸璽疋廛蹈札奪機爾砲けてくだく
↓,反紊肇哀薀縫紂偲を鍋に入れて沸騰直前まであたため、そのまま冷ます

もう一度温めて、ふやかしておいたゼラチンを入れ溶かす。
さ軻を入れて冷ます。
イ箸蹐澆ついたところで生クリームを入れて混ぜ、冷やす。

牛乳を△涼奮で入れて一緒に煮ちゃって香りを移してもいいと思います。
(私は通常のブランマンジェではそうしています。)
でも生クリームは必ず、とろみがついてから。
(油分が分離するのを避けるため)

シロップをお好みで作って(砂糖と水1対1で煮立たせる。)そこに少しアマレットを落とすともっと杏仁な香りがしますが、なくても上品でおいしいです。


食べてみると、粉の杏仁霜を使って作ったものより香りがやわらか。後味に少しアーモンドのような、コクが残る。
フレンチのブランマンジェの杏仁バージョンという感じ。
やっぱりこれはおいしい!!

しかし、杏というのはすごいですね。 
種の中までこんなにうっとりするくらいいい香りがするんだから!
庭に木を植えるとしたら、杏の木がいいな…。
薔薇科だし、お花もきっと可憐でいい香りがするに違いない。


ところで、こちらの杏仁、南杏で、今回クオカで100g1000円弱。
(南杏のほうが北杏より、香りが強く、苦味がない。しかしコクは北杏に劣るのだそうです)
4人分で15g使うとして、6、7回。
これを高いと思うかどうか…やっぱり高いかな。(^^;)
中華街とかでもっと安く手に入るといいけど。。。

とりあえず、杏の季節には、杏食べた後、種を乾かしてみようっと
| エスニックなお菓子 | 00:27 | comments(4) | - |
ほー。 本格的な杏仁豆腐ですねぇ。

杏仁霜でも ものすごく高価なのもありますよね。

私は何時もお安い方の杏仁霜を使ってます。 アーモンドとは違うのですね。 私はアーモンドの粉を中国語で杏仁霜と言うのかと思ってました。
| totto | 2008/03/29 8:17 PM |

tottoさんへ
どうなんでしょうね。杏仁というのは杏の種の核の部分らしいですが、杏仁霜はアーモンドから作って香料をいれているかもしれませんね。アーモンドと杏は親戚なんでしょうね。
| ようちゃん | 2008/03/30 2:41 AM |

杏仁豆腐と言えば、以前の仕事場の上司が昔懐かしいひし形のやつをよく食べさせてくれてたんですよねー。
ようちゃんさんの柔らかいタイプだったら、楽しみだったんですけどねー(笑)
でも、ひし形のやつも、たまに食べると(そして、本格的な中華屋さんだと)おいしいですよね。
| hirorin | 2008/03/30 9:34 PM |

hirorinさんへ
ひし形のも、寒天のもやっぱり好きです〜。
特にこってりした中華を食べた後はさっぱりしていて、ベトマッチ♪おいしいですよね。
上司さん、中華をよくおごってくれていたんですか?それはそれでうらやましいな…。
| ようちゃん | 2008/03/31 1:28 AM |

コメントする