Mon journal 甘くて優しい日々のこと

ホワイトデーのチョコレート


今年はコスメっぽいものがブームなのか、こんなチョコレートをいただきました。 真ん中のリップはJPエヴァン。 赤いところまでチョコレートですが食べると(なめると)唇が赤く染まります。ココアバターも保湿成分だし、これは本当にリップになるかも?!

あとMACっぽい丸いケースもガナッシュ。香水っぽいパケのものと
同じブランドでaritan du chocolat というロンドンのブランドです。

どちらもかわいくて、いただいたのはいいけれど、食べるのに
勇気が必要です!
| ありがとう♪ | 11:40 | comments(8) | trackbacks(0) |
素敵なお誕生日をありがとう


すみません、自慢です。

お誕生日は撮影がありました。初めてお仕事させていただく編集部さんだったのですが、楽しかった〜。

単行本でもご一緒させていただいたスタイリストさんとまたお仕事できて、もうそれだけで、目いっぱい素敵な誕生日だったのですが…

かわいいお花のプレゼントまでいただいちゃいました。
初めてのお仕事だったのに、お心遣いに感激デス。



それから、お世話になっているかたからも、サプライズでお花が届きました。
こちらはプリザーブドフラワー。


黒いボックスを開けると一面ピンクのグラデーション。
うっとりするくらい綺麗。やっぱりピンクって好き。
なんかもう、完璧な誕生日プレゼントですよね…。


その後撮影で遅くなったので、「やっぱり今日は厨房入るのやめておきます」
とお店にメールしたら「え。じゃ、みんなで食べちゃいますヨ」とパティシエ君から返事が。
も、もしや…と慌てて向かったところ、ケーキ&プレゼントが待っていてくれたのでした。 



エーグルドゥースのケーキもいただきました。おいしー♪
他にも、薔薇のボディローションとか、モノトーンの髪留めとか
私のツボを押さえているプレゼントに感激しっぱなしでした。
いつも迷惑かけているのに、ありがたいことです。

そして、おーちゃんも(私が指定したカーヴァンソンで)ケーキを。


お花とケーキに囲まれて、

好きなお仕事ができて

友達からお誕生日メールがいっぱい届いて。

幸せな一日だったぁ。。


と、ただの自慢なのですが、ホワイトデーにもらった
お菓子もめちゃめちゃかわいかったので、懲りずにそれも後ほど載せちゃいます。

| ありがとう♪ | 20:39 | comments(16) | trackbacks(0) |
ねんりん家のバームクーヘンとJPエヴァン


ちょっと、時間がたってしまいましたが、ねんりん家のバームクーヘン♪

ねんりん家のバームクーヘン、おいしいよといろんな人から聞き、更には大丸で長蛇の列を見たことも何度もあるけど、食べたことないんだよね。並ぶ気力が…と私が言ったのを、友達が覚えていて、買ってきてくれたのです。

ちょうどクリスマス直前。クリスマスケーキの予約をすっかり忘れていたおーちゃんのせいで今年も私が作るんか…と思っていたところに。

そんなわけで、とりあえず、クリスマスケーキこれでいいんでは。と言ってみる。(おーちゃんに発言権なし)よく考えたらブッシュドノエルもバームクーヘンも「木」だしね。



お味は、さくっとかなり表面が乾いている感じでパンフレットどおりバケットぽい。中も、水分の少ない、密度の濃い食感。しっとりしたバームクーヘンも好きだけど(ねんりん家にも、しっとりタイプ、あるそうですが)この味は家では出せないなあ。

また食べたいです。ちなみにうちは、ショコラより、オリジナルのほうが
好きかな。お友達はショコラのほうがお好みのようなので好き好きですね。

でもやっぱりクリスマスケーキは欲しいなと思っていたら、ちゃんとイブはおーちゃんが買ってきてくれました。伊勢丹で。JPエヴァン。



もうひとつ、メゾンドショコラの洋ナシとキャラメルのブッシュドノエルもあったのです。。別添えの洋ナシのソースが秀逸。うちに来たときは無残な形になっていたので、写真には残せなかったけど絶品でした。

ああ、おいしかった。ごちそうさまでした♪


| ありがとう♪ | 20:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
パリのお土産 Micheal&Augustin


パリからお友達が帰国中。
パリの素敵なサロンドテのパティシエールさんです。

明日から私は旅行なのですが、昨日「会わない?」と連絡が。
今日お休みだったので、会うことができました。
確か昨年もこんな感じで旅行前日に会ったのでした。。。


そしていただいたのが、このお菓子。MICHEAL&AUGUSTIN

自分たちで満足のいくサブレを作ろう!と二人のムッシュが作ったこだわりのお菓子(一応スナック菓子なのかな、、)なのです。

これ、気になっていたんですよー。さすがパティシエール。
サブレなんですが、今回いただいたのは、サレ(塩味)の2つ。
パルミジャーノ&マスタード と唐辛子のサブレ。

これが、どちらもうまーい。。
(はい、我慢できず、どっちも開けちゃいました^^;)
パルミジャーノはちょっぴりきつめの塩気がいい感じ。
ワインが飲みたくなる。唐辛子はほんのり甘いんだけど、最後にピリッ。

キャラメル味とかの甘いのも食べてみたいです。アイスもあるらしい
パリに行ったら食べたいな。

パッケージも真四角で、サイコロみたい。全面、文字入り、手書きの文字がかわいい。
材料は、大さじ2の全粒粉と…フレッシュなバターひとかけらと…なんて
細かく書いてあって、作ってみたくなっちゃう。




シールもこんなの。


あと、ツナのオリーブオイル漬け、レモン風味もいただきました。
おいしそうです。いつ食べようかな〜♪

いちいち、ツボにはまるお土産、ありがとう♪
来年も期待(笑)
| ありがとう♪ | 00:01 | comments(6) | trackbacks(0) |
お友達ウィーク、ピエールエルメとアメリカのお土産

ピエールエルメのマカロン。それからおもちゃのマカロンセット。

これから夏にかけてエアの料金がかなり上がるらしく、5月末からここ1週間の間に、ぞくぞく在米友人が東京に遊びに来ています。今日はマイアミに現在在住の友達と3年ぶりのランチ。うちの近所に住むという友達の友達をたくさん紹介してもらって、充実の土曜日でした。

そして昨日は高校のときの友達がシカゴから。ほんと物事ってたてつづけですね。ちなみに昨日も今日も、この日じゃないと会えない!!と半ば強制的に日にちは指定されました(^^;)

彼女とはなんと10年ぶりの再会です。

電話で話しているので、10年ぶりなんて、そんな気が全然しなかったけどお互い年とっていってるんだねー。。リクエストが和食ランチだったので、表参道で和食のランチをした後、ピエールエルメで、優雅にお茶をしました。お茶とケーキのほうがランチより高いのはいうまでもありません。
英語ではマカロンはマカルーンという発音なんですね。新鮮です。

ケーキやコンフィチュールの並ぶショーケースにエルメのミニチュア玩具がずらり。ああ、そうだった。これ、ちょっと気になっていたんだった。

以前おーちゃんが買ってきてくれたことがあるのだけれど、これが8種類の中で一番微妙な「プチフールセック」のセット。中がわからないので、いっそ今回は8種類がセットになっているものを買おうかしらん。と悩んでいたら、お店の人が

音で中身がわかるっていう人もいるんですよ
と言うではありませんか?!

「え?何がどう違うんですか??」「イヤー僕もそこまでは。。」

なんだい。。

なので、店にある箱を1つづつ振ってみると、(ええ、迷惑な客です)1つだけすごくカサカサと動くものがあったので、希少価値だな!これを買おう!と購入〜

上でお茶をしながら開けてみると…冒頭の写真に載せた一番人気のマカロンセットでした  
O(≧▽≦)O♪
続きを読む >>
| ありがとう♪ | 20:54 | comments(6) | trackbacks(0) |
ボワシエのチョコレート
「BOISSIER」

東京大丸に入ったと聞きましたが、まだ行っていなかった、ボワシエ。

以前パリでいただいたマロングラッセが、とてもおいしかったので、きっとチョコレートもおいしいのだろうなと思っていたら、パリから帰国したおーちゃんのいとこが、お土産にくださいました。



この箱! 
ラデュレーっぽいクラッシックな書体に、青が凛としていて美しいです。

パリのショコラティエはどこもきちんとした箱を使っていますね。お菓子屋さんでは、ケーキをほとんど箱に入れてくれないのと対象的です。いかにショコラが繊細で、高価なものか、わかるってもんです。

例えばJPエヴァンのショコラの箱なんて「え!」
という小ささで、驚くほど高い。まさに宝石。
大きい箱がよい土産…なイメージで見るとびっくりです。

留学中、結婚式の準備でふらっと入ったパリの老舗のカード屋さんも、オーダーメイドがすごっく高かったけど、(で、あきらめたけど)こういった文具をきっちり作る職人さんがパリにはまだまだいるような気がします。
紙も上質です。

何かこう、ジュエリーを入れたくなるような。。。

肝心のチョコレートも、予想以上においしかったです。


また、たべたい。いろんな風味がついているのですが「これなんだっけ?」と考えているうちに舌から消えてなくなってしまいます。
日本では、品書きみたいなの、入れてくれているといいなあ。

ちびちびいただきました。ご馳走様でした。
| ありがとう♪ | 15:42 | comments(4) | - |
ポタジエの野菜のケーキたち


お誕生日ということで、慶太君からポタジエのケーキをプレゼントされました♪ ようちゃんは自分では買わないだろうけど気になってはいるだろうし
というお言葉。確かに。なんか付き合いも長いからよくわかってるねーというナイスチョイスですノ´▽`)ノ♪


わくわくしながら、皆で味見です。



一番おいしかったのはトマトのロールかな。あと、小松菜ショートでトマトいりのもの(特に小松菜は主張しない気がしたけど、おーちゃんだけ小松菜の味がする!と大さわぎ。)モンブランもおいしかったけど、この3つ、全部トマトが味のアクセント。基本的には生クリーム系のふわふわのケーキですね。

かぼちゃのシフォンはシナモンが強めだけど、これもまあ普通のおいしさ。
とうもろこしのミルフィーユが一番うーんという感じだったかな。

全部どちらかというと野菜は主役というより、アクセントって感じがしたんですが、ちょっとした驚きがあるわりには味が生クリームふわふわ万人受けタイプなので、確かにおもたせにはいいかも。

しかし。クリームもたっぷりだし甘さもしっかりだし、全然ヘルシーではない気が。野菜という言葉にだまされてはいけないのだよ…

自分では絶対買うことはなかったと思うので嬉しかったです。ありがとう〜
| ありがとう♪ | 02:18 | comments(0) | - |
アメリカ、シカゴからキッチンエイドのキッチングッズ。


キッチングッズがアメリカ、シカゴの友達から届きました。
おうちの近くにキッチンエイドのアウトレットがあるのだそうです。

アメリカのお菓子や料理、挑戦するの好きなんだけど(失敗も多いけど)
カップ表示ばかりで、おまけにカップの大きさが日本と違うので、やりづらいという私の話を覚えていてくれたようで、アメリカンカップが♪
他にも黄身と白身をわける道具とか…(写真左)
(ないとできない人がいるってことだよね?)

アメリカの雑貨っておもしろいです。

実はハワイとNY近辺しか行ったことない私。
高校のときホームステイしていたのはメリーランドだし。東部ばかり。

アメリカのライトミステリーが好きなので、舞台となる場所をいろいろ回ってみたいんだけど。 友達も実は3人それぞれ東部、西部 中部?とばらばらに住んでいるし…と長年思いつつ、すっかり遠い存在です。

高校の頃は英語が一番好きで、ステイ先の女の子とは本気でけんかして、怒鳴りあいとかしていた私…。いやはや年月とは恐ろしいものデス。

今はまったくしゃべれないので、行くと落ち込みそうです。慌てると単語だけフランス語になったりしてほんと怪しい日本人です。
(現にハワイで落ち込みましたしね。)

ま、それはともかく、すごく嬉しいです。ありがとう!
| ありがとう♪ | 17:17 | comments(2) | - |
おせち


お正月は おーちゃんちのおせちが立派なので、食べに行くだけの私。
役に立たない嫁です。なにかしら、デザートを持っていくようにしていますが、、。

2年前から黒豆と数の子くらいは用意しているけど、黒豆はいつもおいしくできるので、適当に作ったら今回はいまいち。美味んぼに載っていたようにはじめ豆だけで煮たら、中まで甘さが入ってなくて、さっぱりめな黒豆に。

実は私はおせち、あまり好きではないんですがおーちゃんやなぜかうちの父は好きみたいですね。。

母上の黒豆ときんとん、金柑の甘煮は大好きだけど、どうもごはんを食べている気がしない。おやつって感じ。おとそも甘いしね。昔は甘いがごちそうだったのかな。
毎年ごちそうさまです。。
| ありがとう♪ | 14:12 | comments(2) | - |
スリランカ でオーダーしたワンピース


食べ物とはまったく関係ないですが、スリランカで作ったワンピースが届きました。スリランカからではありません。。私より長く滞在していたRicoちゃんが大阪より送ってくださいました。ありがとうございました。

なぜか運悪く私の滞在最終日までテイラーショップがずーっとお休みだったので、受け取れなかったのですが、大体1日2日程度で作ってくれるようです。

絵を描いて作ってもらったワンピース(写真の)はサンプルがないから体測ってもらったし、仮縫い段階(オーダーしてから1時間後でした・早!)でチェックしていたのでぴったり。大満足。ちょっと写真ではわからないけど、光沢のある黒っぽい赤で、胸元から広がるエンパイアーワンピースです。胸元はまっすぐのラインにしました。これで布代含めても2千円しません。

ただ。日本から持っていたワンピースと同じでお願いしますーといったワンピは、ええっと、、確かに形はおなじなんだけど。。。という悲しいものになりました。布代入れて1500円程度ですから、寝巻きで全然おっけーなんですけど、うーーん。

やっぱり服ってディティールの積み重ねがかわいさを作るんだなと。
WOWOWで放送されていた「プロジェクトランウェイ」でも言ってましたが、このことだったか!と納得したしだいです。
使われる生地だけではなくて、リボンとかボタンと言った細部の素材感とか襟あきの何ミリかの違いとか、そういうの、大切なんですね。

今度は布持って行くぞ!
| ありがとう♪ | 03:06 | comments(2) | - |