Mon journal 甘くて優しい日々のこと

ピクルス2種類


赤い野菜たっぷりのピクルスをつくりました。ビーツ、人参、パプリカ、紅芯大根。
一緒に入れたカリフラワーもほんのりピンク!少しバルサミコをいれたらまろやかな甘さになりました。

不思議なものでキュンと酸っぱくしたいと思ってビネガーを増やすと
その分砂糖も増やさないと味がぼけるのです。配合がなかなかむずかしい。
後日連載にアップしますね。



こちらは茅乃舎さんの和風ピクルスのもとで。茗荷、セロリ、蓮根、玉ねぎ、黄色いパプリカ。
魚醤が効いていて、あんまり酸っぱくなくて食べやすい。男性でもいけそうです。
(男の人って酸っぱいもの苦手ですよね…?)

ポリポリ野菜を食べてたら少しダイエットになるかな?
| ヨーロッパの料理 | 01:14 | comments(6) | trackbacks(0) |
タルトサレ


少しずつ新刊「スクエア型のケーキとタルト」から内容をご紹介。
今回タルトサレという項目があります。
キッシュみたいなものですね。なんとなく卵液の部分より野菜などの具がたっぷり入ったタルト、もしくは卵液は入っていないタルトをイメージしてもらえるとわかりやすいでしょうか。上の写真は試作段階でパチリと撮ったもの。
何のタルトサレかわかる人いるかしら?見た目と違って東南アジアなお味です☆
地味な色合いですが、本ではとても美しいスタイリングがされています。
(いつもちょこっと私の持っている物を使ってくださる大谷さんですが、今回はこのタルトのお皿が私物です♪)

タルトってタルト生地も作らないといけないし、中身も…。
ちょっと手間なので、とにかくタルトの部分は簡単にしたくて溶かしバターやオイルで作れる
レシピをご紹介しています。
生地はとってもシンプルなのだけどクラッカーのようにカリッとしていて軽くてなんにでもあう。
卵もサレ生地では使用していないので、作りやすいと思います。

基本的には、中身は
1具を炒める。
2卵や牛乳などアパレイユの材料を泡だて器やミキサーで混ぜて1の上から流す。

という作り方。
もっと簡単に具を切るだけってのものもあるし(アボカド、トマト、シーチキン)
アパレイユにひと手間かけたもの(焼き茄子のタルト)もあり。

手軽ですよ〜とは言えませんが、難しくはありません。
時間がかかる分、わああっと歓声があがるレシピ。(になっているといいな。)


スタイリング:大谷マキさん。

こちらは、サーモンのタルトサレ。下は鮭をソテーしたもの。
そして上のアパレイユもちょっとピンクなの、わかるかしら?
ミキサー回せばできちゃうのですが、とても綺麗でコクのあるタルト、です。

上にブローチみたいに載せたのは胡瓜。簡単に即席ピクルスにしています。
この酸味がまたサーモンにあうのです。
甘くないタルト、サラダやスープを添えれば立派なお食事になるし、ちょっとしたお持たせやプレゼントに。
ワインと一緒に持っていっても喜ばれそう。ぜひ皆さんにトライしてみてほしいです。

| ヨーロッパの料理 | 22:56 | comments(8) | trackbacks(0) |
週末のランチ スクランブルエッグのスパゲッティーニと茄子のサラダ
久しぶりに週末のランチの写真をパチリ。

といっても2,3日買い物にいけず、冷蔵庫にあるもので。



茄子は塩をしてオリーブオイルでニンニクと揚げ焼きに。(塩をしたり塩水に漬けると油の吸収を防ぐようです。)
オリーブオイルと撮影の残りのミントを叩いたもの、ガーリック、シェリービネガー、バスク地方で買った赤ピーマンの水煮とトマトとあわせてマリネに。 茄子が油っぽいのでマリネ液はビネガー多めがポイント。ミントはけっこう多めに入れてもさほど主張しません。ミントと茄子は定番のようです。あっているのかどうかはイマイチわからないのだけど。。
撮影で必ずミントやセルフィーユが残るのでこうやってお料理に使いまわしております。
そうそうこのガラスのお皿はハワイの古道具専門のスーパーで一枚2ドルでした。
気に入っています♪




あとは本当に何もなくて…。卵と生クリーム、パルミジャーノ、乾燥ポルチーニとトリュフ塩のパスタ。生クリームに助けられました。ベーコンの一つでもあったらよかったのだけど…^^;でも卵とトリュフは鉄板のコンビ。
本物のトリュフとはいかなくても十分おいしかったです。すごく太りそうな味だけれど…
たまには、ね。
レシピは以下。


生クリームを使った料理レシピ生クリームを使った料理レシピ
続きを読む >>
| ヨーロッパの料理 | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |