Mon journal 甘くて優しい日々のこと

パリのお菓子屋さん その2  Jacques Genin @République


ショコラティエ ジャック ジュナンのサロンドテ。
出かける直前に知人からパティズリー部門がなくなるらしいよと聞いて
パリに着いた翌日すぐにお茶をしにいくことに。
ここは月曜日休みで日曜日は営業しています。
ゆったりとした空間なのですが、席数が少なく、2階からケーキとお茶を運ぶシステムなのも
災いしていつも行列。。。行ったのも遅かったのですが日曜日のほぼラストの客となりました。

私が好きなのはタルトシトロン。最後の最後のエクレアとこちらを一つずつテイクアウトに確保できました。


エクレアはもちろん大好きなのですが(二つ前に写真をアップしています)
タルトシトロンもきっちりと酸っぱくてとてもおいしい。
ジャック ジュナンさんはタルトシトロンのテーマで本も出されていたのに、
これもやめちゃうのかしら…と思いつつ。

こちらのチョコレートは紅茶を頼むとついてきます。(冒頭の写真)
太っ腹!紅茶もとても素敵です。
私はフレーバーティはあまり好きでないのですが、こちらで出されている紅茶はとても洗練されています。(買わなかったことを後悔。)


ショコラショーはぜひアベック シャンティで。


バニラの粒がたっぷりの軽いクリームは甘さ控えめで濃厚な(本当に濃厚な)ショコラショーによく合います。(しつこいですが紅茶がチェイサーとして必要な濃厚さ)

ミルフィーユはその場で組みたてたもの。なので表面はキャラメリゼされておらず、甘さは控えめです。
クリームはショコラとキャラメルとバニラと選ぶことができます。
こちらのみ継続してカフェでいただけるメニューです。



実は数日後お土産を買いにいったところ(パットドフリュイはそんなには日持ちがしないので)
すでにパティスリーコーナーが消えていた!

「いつなくなったんですか?」と聞いたところ、先週いっぱいで終わりました、とのこと。。
せ、先週??!私、本当に最後の最後の、ラストのエクレアとタルトシトロンをいただいたようです〜!

お土産としてのオススメはショコラもですが、キャラメル(マンゴー&パッション)と
パットドフリュイ(の中でも意外なことにバナーヌが一番おいしかった!)
そして今回お初にいただいたショコラバー。中のヌガーがとても美味しいです。
パッケージもスタイリッシュ。

ところで消えてしまったパティスリーですが…事前の予約で何種類かは用意してくださることが可能とか。
たしかタルト系はOKとおっしゃっていたように思いますのでどうしても召し上がりたい方は
電話で確保してくださいね。


覚書【 République辺りのお散歩コース】
続きを読む >>
| 旅行(海外) | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
クレソンのスープ @オノハワイアンフーズ


この間のハワイ旅行で一番印象に残ったお店はオノハワイアンフーズ。
ハワイによく行かれてるカメラマンの馬場わかなさんにもおすすめしていただいていたし
出る直前にゲットしたLEEで料理研究家の野口先生もおすすめされていたので
行きたかったのです。 コースのお料理1つとと別にクレソンとソルトミートという一品を頼みました。
コースはタロイモの葉でつつんで蒸した豚肉、トマトとサーモンのタルタルっぽいもの、豚のリエットっぽいもの、ココナッツのデザート等などボリュームがかなりあるので、二人で一つ頼んでそれだけで女性ならおなかいっぱいかもです。





クレソンたっぷり、牛脛もとろとろ、塩味だけのシンプルお味でおいしい〜!
牛肉のスープといえば、朝日グリルの香菜たっぷりのオックステールスープも有名ですが、
こっちもおいしいけどちょっとくさみがあって、それを強い旨みで補ってる感じ。
B級グルメなおいしさでした。
オノハワイアン〜のほうはもっと透明感のある素直な味でした。また食べたいので家でも
トライしてみようと思っています。





お店の外観。この通りはいろいろ気になるお店が多いですよ〜。
19時までですが、通しなので遅いランチや早いご飯にいいかも!
小さいお店だし、ランチは行列になるみたいです。
(あ、トイレはout of service でした!)

ハワイといえば、先日アップしたアサイボウルを家で作ってみました☆
レシピはレシピブログの連載にて!
| 旅行(海外) | 13:08 | comments(6) | trackbacks(0) |
アサイボウル


GWということで突然ハワイに行くことになりました。
意外にもギリギリでもとれたし、
日頃の行いがいいせいか(?)
機内では2シート使って往復ゆったり寝ることができました。

子供の頃、家族で行った人の多いワイキキのイメージしかなかったハワイですが
車があるとチョイスも広がるし、やっぱり気候がよくて、いいですねえ。
そよかぜと、接客の笑顔が爽やか(チップ制だから、ね)

羽田便は楽だし、円高もあるしで、アジアンリゾートより
短時間でリラックスできる気がして
今は惹かれてしまいます。

写真はボガーツのアサイボウル。




中にたっぷりアサイのフローズンピュレが。
カシスから酸味を減らしたような味ですね。
上のフルーツの、とりわけバナナのまったりした甘さと
グラノーラのカリカリとした食感がよくあいます。
朝ごはんというより、私は熱い夏のおやつに食べたい。
とてもバランスのよいスイーツだと思います。

こちらはラニカイジュースのアサイスムージィ。
量すごいです!



アサイのピュレはどこも同じ市販品だろうと思ったけれど
結構違いました。
ボガーツのが一番濃厚でおいしかったです。

ボガーツ、もう一度食べに行きたいと思いつつ時間切れ。
サンドイッチもおいしかったし、また行きたいお店です。

ハワイはアジアンリゾートに比べると
ごはんの楽しみが少ない気がしていましたが
B級なアメリカンフードはおいしい。

しかし選択肢が多くて
次回こそは!とリピートしたくなりますね〜。
| 旅行(海外) | 07:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
スリランカのランチ。


アーユルヴェータ治療院では最初にスープが出ます。
体質と症状に応じたスープです。なので私のと友人のスープの色も違う。
どちらもあっさりとしていますがおいしい。



ビュッフェなので好きなだけてんこ盛りに。






混ぜて食べるとおいしい〜。ベジタリアン食ですが、ココナツに豆、オイルでしっかりコクも出ていて
さらに塩、スパイスの絶妙な効かせ方で物足りなさはまったくない!
こんなに食べて体によくて太らないなんて!!
と思っていたけれど、ええっと、まあ太ってもなかったのだけれど、
1グラムも痩せてはいなかったデス。
まああれだけ食べて太っていなかったのだからよしとせねば。
| 旅行(海外) | 13:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
スリランカの市場。(と子犬)


南国の野菜は色が鮮やか!






鰹節(モルジブフィッシュ)などの魚の干物も売っています。その向こうは川。



そして私たちが野菜よりも夢中になったのは…。
子犬たち!






かわいかったー☆
あ、一応タマリンドとか、バニラビーンズとか買いました(笑)
| 旅行(海外) | 21:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
猫@スリランカ


むむ、、あそこにいるのは…




5年前と同じ猫。
飼われているわけでないみたいなんだけど。


ごはんちょーだいのポーズ。





滞在先に一匹いると和みます〜。
| 旅行(海外) | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スリランカの厨房


朝5時半から朝食の準備が始まります。
ステンレスのお皿に、火を入れる順番に材料をのせているのがとても美しい。
目分量ですが、わかりやすい。


ココナッツのチャツネ(ペースト)は機械で混ぜるのですが、なんと機械といっても
ど真ん中で回っているのは石。石うす機械バージョンなのです。
ちなみにココナツは横のココナツ小屋でスクィーズしたてのもの。とてもフレッシュです。









これを赤米に混ぜて食べるととても美味しい♡


| 旅行(海外) | 13:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
スリランカ


5年ぶりにスリランカにきています。
今回はお仕事。冒頭の物体はまだ謎。 豆、なのかなあ。
明日から厨房でいろいろ教えてもらうつもりです。



カレー、ではあるんですが、いろんな味があって、コクもあって、ここのごはんは本当に飽きない美味しさ。



こんな素焼きのポットにずらりといろんな野菜のカレーが並びます。




お菓子もちゃんとある☆(ほっ)左のお菓子SAMAPOSHAというもの。
とてもおいしかったので明朝まずは習う予定!

PS
アシスタントの募集に思った以上にご連絡いただきました。みなさまありがとうございます!
ブログにも書きました通り、3月末に一度ご連絡いたします。
お時間がかかって申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

| 旅行(海外) | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
パリのお菓子屋さん パッケージ編

フランス北部の都市リールの老舗のお菓子屋さん「メール(Meert)」がマレにできていました。
お店の内装もパッケージも、とてもクラッシックで素敵。色合わせが本当に美しい。

こちらはゴーフル(オランダ語で、いわゆるワッフル)というお菓子が有名です。
ベルギーが近いのでベルギーワッフルみたいなもの?と思いきや全然違います。

中にバニラビーンズとヴェルジョワーズ というじゃりっとしたお砂糖が入ったバタークリーム。
半生に近いお菓子で甘行けれど和菓子の様な特有の美味しさがあってハマります♪


こちらはお土産用の小さなゴーフル。イマイチ綺麗に撮れていないけれど中の鮮やかなピンクにハッとします。
ボンマルシェにも売っていたのでもっと買えばよかったなあ。日持ちは5日前後。




対照的なのがジャック ジュナンのパッケージ。



とてもスタイリッシュ。
ショコラも写真のパットドフリュイも同じパッケージなのですすが、どちらも繊細でおいしい。
(パットドフリュイのフランボワーズ×薔薇が気になっていましたが、一番好きだったのはなにげにバナナかも!)
でも、なによりオススメはキャラメル。です。その中でも私の一押しはマンゴーパッション!
マンゴーのまったりとした甘さとパッションの酸味もしっかりありながら
あくまでキャラメル、というバターの主張も感じられ、小さいながらも本当に完成度の高い
スイーツでした。

携帯写真がいまいちですが、サロンドテで出てくるショコラショーや
サントノレ、パリブレストもおすすめ!

キャラメルとショコラのプチシューがのったサントノレ。
このカタチはパティスリーデレーブにもあったかな。


ものすごい高さのパリブレストですが、ひたすらクリームだけらしい。



これがうまく撮れなかったショコラショー。ものすごく濃厚でおいしかった。
冷めると固まります(笑)アベック クレームシャンティ、を頼むと
こんなにバニラの粒粒が入ったシャンティが。これがモイストでぶわあっと
バニラの香りがしていかにも新鮮!というかんじでした。

いつもはあまり行かない北マレというかリュプビュリック界隈にあるのですが、
買ったものが帰国までになくなりそうになり
再度訪問しました。(笑)オススメ!
あ、サロンドテでいえば、ヴォージュ広場のカレットもおすすめ!
エッフェル塔のあるトロカデロ広場のお店も素敵ですが、
とてもパリ気分を満喫できる優雅なお茶を楽しめます。




| 旅行(海外) | 10:58 | comments(4) | trackbacks(0) |
パリのお菓子屋さん 焼き菓子編 


友人の家の近く des GÂTEAUX et du PAIN の ヴィエノワズリー、いろいろ。
黒っぽいとてもソリッドな内装で、黒づくめの男性の店員さん。
でもパティシエールはクレール ダモンさんという女性です。
友人のお勧めはショコラディアマン(サブレ)とクロワッサンザマンド。私は木イチゴのデニッシュが好き。
ああとクグロフもおいしかった!お菓子もとても洗練されていて美しいです。
ケーキ類とクッキーは内装にみあって割と高いのに、パンはとても良心的なお値段。
どちらもおいしいのでついついパンを買ってしまいます。


des GÂTEAUX et du PAIN【デ・ガトー・エ・デュ・パン】
63 bd Pasteur 75015 Paris
Tel : 01 45 38 94 16
メトロ : 6・12番線 Pasteur
定休日 : 火曜



La Pâtisserie des Rêves
のブリオッシュ。ブリオッシュ生地でバターを重ねてパイというかクロワッサンの様にすると言う
超ハイカロリーなパン。前食べ損ねて、本でルセットを見て食べたかったんです〜。
おいしかった♡サイトは一つ一つのお菓子をクリックすると、動画になっていて
PHILIPPE CONTICINIさんの熱い語りが聞けます(笑)
前食べたお菓子や店内の様子はこちら。







小さな小さなフィナンシエはHugo & Victor ここもソリッドな内装です。
大きなマドレーヌはパティスリーデレーブのもの。これもおいしかった。
どれだけ大きいかというと、、、


これだけ大きいと中はふわっとするんですね。
でも膨張剤が入ったようなおかしな軽さでなくて…とても好みのマドレーヌでした。
これは本のレシピにトライしてみようと思っています。

Hugo & Victorはチョコレートのパッケージが人気ですが
柑橘系のタルトもお得意のようです。レモン、グレープフルーツ、そしてパッションのタルト。






Hugo&Victor【ユーゴ・エ・ヴィクトール】
40 boulevard Raspail 75007 Paris
メトロ:「Sèvres Babylone」10・12番線




最後はおきまり、ポワラーヌのサブレ。袋入りを買って機内に持ち込んでいます。
焼き菓子はしっかり濃い焼き色の方が好きですが、ここでは普通くらいをチョイスして
(焼き色、袋によってものすごく違います 笑)
家に帰ってオーブンで軽く焼いていただいています。バターの香りがぷんとして
サクサク感も戻ってきます。

あ、ジャム入りは、念願だった夙川ミッシェルバッハのクッキー。
サブレといえども全然違う味わいだったけれどどちらもおいしいですねー。
| 旅行(海外) | 14:14 | comments(4) | trackbacks(0) |